中小企業のお客様へ

中小企業のお客様へ

これって節税?決算対策、経費削減の役に立つアイデア、サービスをご提供いたします。より詳しいお話しは経験豊富なスタッフよりコンサルティングさせていただきますので、別途お気軽にご連絡下さい。

2018年06月12日

大雨というと、心配なのは・・・

関東甲信地方や東海地方では、
梅雨前線の影響で10日昼過ぎから11日にかけて
1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨。


土砂災害、低い土地の浸水、
河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要となりますね。


◎台風5号 大東島地方に最接近へ 関東や東海でも大雨のおそれ
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00010000-wmap-soci


いよいよ、
梅雨のじめじめした季節になりますね。


不安定な大気状態に憂鬱な気分の方も多いのではないでしょうか。


落雷、突風や急な強い雨、、、
注意していく必要がありますね。


大雨というと、心配なのは・・・ 


 “雨漏り”


今回は火災保険の補償の対象として
『雨漏り』について、ご案内いたします。


≪雨漏りは補償の対象外!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


『雨漏り』は、
床上浸水や洪水のように『水災』としてのイメージが強いと思いますが、


損害保険では、
『雨漏り』と『水災』は全く違うものとして扱われます。

火災保険は・・・


  ・火災

  ・物体の衝突による事故

  ・落雷

  ・台風

  ・洪水など


自然災害による損害を補償します。


しかし、


『雨漏り』や雨風が室内に吹き込む場合は
『建物の老朽化等が原因』によるものが多く、この場合は事故性がありません。


つまり、


『自然消耗によって起こった損害』の場合は、
保険で直すことはできないのです。


それにより、
『老朽化が原因となる雨漏り』は火災保険の補償の対象外となります。


ただし、


『台風などで屋根が飛ばされて雨が入ってきた場合の雨漏り』は、
屋根が風により損害を受けたことが原因なので『風災』と判断され、
補償の対象になります。


≪雨漏りによる被害≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


雨漏りによって受ける被害として
考えられるものにパソコンなど電化製品の故障が挙げられますね。


しかし、


雨漏りは厄介なもので、直接水で濡れた損害よりも、
湿気や水分によって建物そのものにダメージを与えてしまうことの方が深刻です。


例えば、


(1)壁や柱、床の腐食

(2)カビの大量発生

(3)シロアリの飛来


等があげられますが、


「天井に染みができた・・・」

「雨水が漏れてくるようになった・・・」


と気づいた時には、
もっと前から腐食が始まっていることが多くみられます。


特に、シロアリは湿気によって腐食した木材部分の柱や壁をボロボロにし、
建物の強度や耐久性、耐震性などの低下をもたらすので大変です。


このように雨漏りは最初の浸食から時間が経てば経つほど、
建物へのダメージが広がり、その分修繕費用は大きくなっていきます。


≪雨漏りへの対策≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


『建物の老朽化』が原因の場合、火災保険の補償の対象外となります。


補償の対象外ならば『雨漏り』を発見したらすぐに修理。


その前に出来ることとして
『建物や設備のメンテナンス』が必要となるでしょう。


そのためには、
リフォーム費用や修繕費が心配になってきます。


定期的にメンテナンスできるように、お金の準備をしておきましょう。

この場合の準備手段としては…


◆◇マンションのオーナー様や管理組合の方◇◆


・『マンション管理総合保険(積立型)』をご検討されてはいかがでしょうか。


この『マンション管理総合保険』は、
『補償』と『修繕費用』を一緒に用意できる火災保険です。


満期の前に予期せぬ補修等が必要になった場合には、
補償はそのままに一定額の貸付けが受けられる『契約者貸付制度』もあります。


修繕費対策などの他、共用部分や法律上の賠償責任の問題など、
マンション管理組合のリスクに関してのご相談を受け付けております。


◎ご希望の方は下記URLをご利用下さい。
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_pop.htm


お電話でもお問合せいただけます
 :0120-7109-32(ナットク ミツモリ)


◆◇自社物件をお持ちの企業様◇◆


 ・生命保険で修繕費用を準備することもできます。


その解約返戻金は他のリスク回避としても活用することができますし、
保険料は損金に算入できる商品もあります。


保険情報サービスでは、
保険会社の一括見積もりサービスを行っております。


この一括見積もりサービスで、
保険料や解約返戻率の比較もスムーズに行えます。


◎一括見積もりのご希望の方は、下記URLからご利用ください。
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_pop.htm


※お問い合わせ内容に、
 1.ご予定の保険種類(逓増定期保険・がん保険・長期平準定期保険)
 2.保険をかけたい方の性別
 3.ご年齢
 4.保険金額をご入力ください


お電話でもお問合せいただけます
 :0120-7109-32(ナットク ミツモリ)


◆◇マイホームをお持ちの方◇◆


積立型の火災保険もありますが、
保険を整理するところから始めてみませんか。


保険を整理すると補償のダブりが見つけられたり、
見直しをすることで修繕費用の為の貯金もできるかも知れません。


また、いざという時に保険の請求忘れを防ぐことができます。


◎火災保険や生命保険、保険の相談、内容の確認など
 ご希望の方は下記URLよりご連絡下さい。
 http://www.hoken-joho.net/reserve.html


お電話でもお問合せいただけます
 :0120-7109-32(ナットク ミツモリ)


≪起こる前に手を打つ!≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


お客様に『老朽化を原因とするものは補償の対象外』であると
お伝えすると驚きの声を頂くことが多くあります。


『雨漏りが保険の対象とならない』なら、
雨漏りによるリスクに対してどう備えたら良いか?


それは『定期的な改修』と『費用の準備』
雨漏りは、起こる前に手を打つ!です。


損害保険のみならず、
生命保険の見直しによるコストダウンによって
修繕費用を捻出することが出来たり、
年金保険などを用いて定期的に積み立てるなどの方法もあります。

もちろん、

修繕費用の用意一つとってみても、
ケースにより効果的な方法は様々です。

保険情報サービスでは
経験豊富なスタッフよる保険相談を無料で実施しております。


「建ててからずいぶん経ったなぁ・・・」

「修繕費や維持費の準備が大変だなぁ・・・」

と感じられている方は、ぜひご相談ください。


(トータルライフコンサルティング部 谷口利一)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年06月05日

熱中症は保険で保障されるの?


6月に入り、
一段と暑くなってきましたね。

先日の3日は、マラソン大会で熱中症。
男女9名が搬送されたそうです。


◎マラソン大会で9人熱中症搬送 ~山形 NEWS WEB ~
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20180603/6020000807.html


屋外でのイベントも増えますが、
各地で熱中症とみられる症状で病院に運ばれる方も増えてしまうかも。。


熱中症といえば、
真夏をイメージしやすいのですが、
寒暖の差の激しい春もおこりやすく気を付けたほうがいいそうです。


梅雨時期や季節の変わり目、
進学や就職等環境の変化が重なるなどして
多くの人が身体的にダメージが溜まっている季節です。


そんな時期に急激に気温が上がってしまうと、
猛暑に慣れた真夏の35℃よりも体にこたえるそうなんです。


人間の体は35℃~40℃の間で体温を調整していますが、
急な気温の変化には対応できません。


そのため、

急に気温が上がってしまうと体が対応できずに
熱中症を引き起こしてしまうのですね。


≪熱中症は保険で保障されるの?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


この時期から、お客様から
熱中症についてのご質問を頂くことが多くあります。


今回のメルマガは、熱中症を取り上げたいと思います。


熱中症は、
生命保険や傷害保険では補償されるのでしょうか?


(1)生命保険

    ・・・生命保険では死亡や入院は保障の対象となります。


(2)傷害保険

    ・・・基本的には熱中症は病気と見られ補償の対象外です。


しかし、


熱中症危険を担保する特約を付ける事によって補償の対象となる商品があり、
特に子供向けに補償している商品を販売している保険会社もあります。


≪熱中症を担保する傷害保険とは・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~


------------------------------------------------------------------------

傷害保険とは、基本的には日常生活のケガの補償をします。

------------------------------------------------------------------------


学校内だけでなく、
ご家庭やスポーツ、レジャー、旅行でのケガも補償します。


そして、


特約をつける事により、


 日射によって、身体に障害を被った場合
        死亡後遺障害や入院・通院したりした場合


に保険金の支払い対象となります。


傷害保険は前提として、
急激かつ偶然な外来の事故を補償対象としています。

≪ 補償の基本的な対象例としては・・・ ≫

  ・階段から落ちてケガをした。
  
  ・走行中の自転車にぶつかってケガをした。

  ・スポーツをしている時に、アキレス腱をきった。

≪ 熱中症危険担保の特約を付けると・・・ ≫

  ・ 熱中症になり死亡や入院、通院した場合が対象となります。

≪企業でも・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


また企業でも熱中症対策は必要不可欠ですよね。


現場での仕事、高温になりやすい工場での仕事など、
最近では塩飴を用意したり、水分補給や休憩を促す会社も増えてきたようです。


では、


実際に熱中症になってしまった際、
対象となる保険は・・・


◇対策1 労災総合保険◇

 業務中における熱中症は、
 業務との因果関係が確認できれば労災の対象となります。


◇対策2 傷害保険◇

 法人で傷害保険に加入する場合、
 熱中症を補償する特約を付帯する必要があります。
  ※特約名称等は保険会社によって異なります。


今までは、
暑くても気合いで仕事が出来ていたかもしれません。


しかし、


昨今の猛暑は相応の対応をしていきませんと使用者責任を問われかねません。


労務対策のひとつとして
加入中の保険をチェックする必要がありますね。


(トータルリスクコンサルティング部 森谷知博)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年06月01日

地震保険の値上げについて


2019年1月、
地震保険の値上げが実施されます。


みなさんご存知でしょうか?


地震保険の改定については、
2015年9月30日の金融庁への届出で
3段階に分けて改定することが決まっています。


この届出では、
全国平均で+19%値上げが必要でした。


しかし、


火災保険、地震保険とも
改定が続いていたことなどもあり、


また、


一気に全国平均で19%の値上げてしまうと、
影響も大きいことからこれを3段階に分けて改定することが決まりました。


その3段階の改定の1回目が2017年1月でしたが、
来年はその2回目となります。

◎2019年1月 地震保険制度改定の概要 (日本損害保険協会)
 https://www.jishin-hoken.jp/pdf/jishin_hoken_2019outline.pdf


≪地震保険の全国平均の保険料引上げ率(2019年1月)≫~~・~~・~~・


 イ構造:+5.5% ロ構造:+2.2% 合計:+3.8%


3段階の2回目は全国平均で+3.8%の値上げです。


あくまで全国平均での話ですので、
もっと値上げとなる都道府県や当然値下げとなる都道府県もあります。


≪改定による最大引上げ率と最大引き下げ率≫~~・~~・~~・~~・~~・


・最大引上げ率・・・

       イ構造:+14.9% ロ構造:+14.7%

・最大引下げ率・・・

       イ構造:-15.8% ロ構造:-14.5%


このように個別の都道府県ベースでみると、
実際には地域と構造で保険料にかなり差がありますね。


≪地震保険の長期係数の見直し≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


地震保険も火災保険と同じように長期契約にすると、
保険料が割引になります。


地震保険は最長5年契約ですから、
長期契約は2~5年のいずれかになります。

今回3段階のうちの2回目の改定でのポイントの一つが
この長期係数の引上げです。


どのくらい長期係数が変わるかというと・・・

------------------------------------------------------------------------

<2019 年1月始期以降の地震保険の長期係数>


 保険期間  改定前 改定後 増減率

  2年    1.9   1.9  0.00%
  3年    2.75   2.8  1.80%
  4年    3.6   3.7  2.80%
  5年    4.45   4.6  3.40%

------------------------------------------------------------------------

例えば保険期間5年の場合、
長期係数が4.45から4.6に弾きあがるのは結構な負担となります。


 “5年長期契約の地震保険料=1年間の地震保険料×長期係数”

5年の長期契約を結ぶことで、
従来、1年間の地震保険料×4.45だったものが、
1年間の地震保険料×4.6に変わることになります。


[計算イメージ]

 5年長期契約で地震保険料(年間20,000円)とした場合・・・

  改正前 : 保険料20,000円 × 長期係数4.45 = 89,000円
  改正後 : 保険料20,000円 × 長期係数4.6  = 92,000円


 たった0.15が上がるだけですが、
 地震保険料が5年間で100,000円だとすると、3,000円
 地震保険料が5年間で200,000円だとすると、6,000円の引き上げとなりますね。


 まとまった掛金を支払う場合は影響がありますね。


≪地震保険の値上げ前に出来ることは?≫~~・~~・~~・~~・~~・

値上げ前に出来ることとして・・・


一つめは、
所有する建物があるエリアを確認し、
そのエリアの地震保険料は上がるのか下がるのかを把握すること。


下がる場合は、
こまめの更新の方が良いケースもありますね。

もし、


値上がる地域に属していた場合。


出来る限り長く地震保険を組んでおいた方が、
現時点での保険料で組めますので、メリットがありますね。

そして、


地震保険は、
最長で5年毎の更新となります。


長ければ長いほどメリットは多くなりそうですね。


地震保険料の負担をなるべく少なくしたい人で
改定後に値上がりする場合、改定前に長期契約にすることもできます。


来年以降に満期を迎える方は是非ともご検討下さい。


≪最後に…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、

“リスクに備える”ということは、
リスクを診断しそれに合せた保険商品と補償(保障)額等で
準備することと言えます。


リスクに対する備えを検討するのであれば、
経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?


保険は知らないと
損をすることがたくさん!!


でも知っておくと得をすることもたくさんあります。


(トータルリスクコンサルティング部 黒川昭徳)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年05月23日

自転車で人にケガをさせてしまった・・・

Aさんをお訪ねしたところ、こんな話が・・・

≪1カ月ぐらい前のこと・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


「 1カ月ぐらい前だったかな。
  妻が自転車で人にケガをさせてしまってね。

  雨の日で傘をさして自転車に乗ってたらしい。

  考え事をしていて
不注意になっていたみたいで、
  前を歩いていた人にぶつかってしまって・・・。 」


「 ケガをさせてしまった場所が、家の近所だったから、
  近くの整形外科にすぐに付き添って行って診てもらったら、
  相手の人は肋骨にひびが入っていてね・・・。 」


「 妻も大変なことをしてしまったと、
  あわてて私に電話をしてきてね。

  この後、どうしたらいいの??って。 」


「 まず、
  お相手の方にお詫びをするのは当然として・・・

  治療費とかは、
  こちらが負担しないといけないよ、と言って、
  妻もその場の整形外科の治療費は払ってある、と言ったので、
  まずはそれでいいけれど・・・

  さて、この後はどうすればいいのだろう。

  と私も考えてしまって・・・

  肋骨のひびだと、
  治るまでに時間がかかるだろうからね。

  その間の治療費は当然うちが負担しなければ
  いけないわけだから・・・ 」

「 それで思い出したんだ!

  何日か前に自動車保険の更新があって手続きをしたんだけど、

  その時に保険代理店の人に、
  最近『自転車保険』というのが話題になっているけど、
  うちは大丈夫なの??と聞いていたんだよね。

  私はほとんど自転車に乗らないけど、
  妻は自転車に乗ることが多いから、って。 」


「 そうしたら、
  自動車保険の特約に『個人賠償責任補償』というのがあって、

  Aさんの自動車保険には
  その特約をもう何年も前からつけてもらってますよ、って。

  その代理店の人が言っていたことを思い出したんだ。

  個人賠償責任補償の詳しい内容もその時に説明してもらって、

  確か、
  
  自転車に乗っていて
  人にケガをさせてしまった時の治療費なんかで
  保険を利用できる、と言ってたなあ、と。 」


≪すぐに電話をしたら・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


「 すぐに代理店の人に電話をしたら、
  保険を使うことができますよって言ってくれてね。

  ぶつかってしまったときの状況とか時間とか、
  相手の人の名前や連絡先なんかを妻に聞きますね、って
  すぐに動いてくれたよ。 」

「 そのあと、
  保険会社の人から電話がかかってきてね。

  相手の方にご連絡して治療費など保険で対応する旨お伝えします
  と言ってくれたから安心したんだよ。

  妻が立て替えた治療費も戻ってきたしね。 」

「 しかし、
  保険に入っていなかったらと思うとぞっとするよね。

  もちろん自転車に乗る時は周りに十分注意して、
  人にケガをさせないようにすることのほうが大事だけど、

  私もまさか妻が自転車で人にケガをさせるとは
  思っていなかったからね。 」

「 保険会社の人からは定期的に電話があって、

  治療費については、
  保険会社の人が病院と直接連絡をとって、
  1カ月分とかをまとめて病院に払ってくれるんだね。

  だから、
  相手の人もそうだけど、
  うちも治療費を立て替えなくて済むから助かるよ。 」

「 そう、
  代理店の人が言っていたけど、
  『示談代行(※)』というのかな。

  うちの個人賠償責任補償にはそれがついているから、
  保険会社の人が妻に代わって、
  相手の人と話をしたり、病院と話をして
  直接治療費を払ったりできるらしいんだよね。 」

(※)保険会社が示談代行を行うには、
   被害者(相手)側の了承など一定の条件があります。

「 今の個人賠償補償はたいてい
  『示談代行』が付くみたいだけど、
  絶対についているというわけじゃないらしいからね。

  もし『示談代行』がなかったらと思うとね・・・


  そうなると
  治療費はいったんは相手の人に立て替えてもらうしかないのかな。

  それで領収書と引き換えに
  うちがその治療費分を相手方にお支払いして・・・


  代理店の人が言ってたけど、
  そういう場合、原則全部終わってから
  (相手の人の治療が終わって示談が完了してから)
  うちが払った治療費だとかの精算をするみたいだからね。 」

Aさんの話は一つの例であり、

加入している保険、特約の内容によって
変わってくるところもありますが、

自転車の加害事故に備えて入った保険(補償、特約)に
「示談交渉サービス」が付いているかどうかは
とても重要だと改めて気づかされた話でした。


≪最後に…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、

“リスクに備える”ということは、
リスクを診断しそれに合せた保険商品と補償(保障)額等で
準備することと言えます。


リスクに対する備えを検討するのであれば、
経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?


保険は知らないと
損をすることがたくさん!!


でも知っておくと得をすることもたくさんあります。


(トータルリスクコンサルティング部 小鳥秀明)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年05月15日

生命保険の料率改定がありました!


2018年4月より生命保険の料率改定がありました。


昨年4月、
標準利率の引下げによる料率改定があったばかり。


当時、
年金保険・養老保険・学資保険・終身保険等の貯蓄性保険に利率引下げがあり、


 『保険料は値上がり・・・』

 『返戻率は引下げ・・・』


となったのは皆さんご存知かと思いますが、
この4月よりまた改定があったのはご存知でしたでしょうか?


これは、


医療技術の進歩等で、
平均寿命が延びたことにより
保険料の算出のための数値の一つである「標準生命表」の見直され、
「標準死亡率」が11年ぶりに引下げとなったためとなります。

≪どのようなことが起こったかというと・・・≫~~・~~・~~・~~・~~


これにより、
どのようなことが起こったかというと、


一般的に『掛捨て』といわれるタイプの定期保険が保険料引下げとなり、
長生きのリスクとなる介護保険などの商品は保険料引き上げとなります。


今回注目するのは定期保険の保険料引下げです。


特に60歳や70歳といった
死亡率の低い年齢までの定期保険や10年などの短い期間の定期保険です。


「 いくら引下げになっても
  昔よりも年齢が高いので安くならないのでは?? 」


と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

契約内容を確認する必要はありますが、
途中で解約をすると解約返戻金があるタイプで加入されている場合、

現在の年齢で解約返戻金のないタイプに切り換えると
保険料がほとんど変わらず解約返戻金が戻ってくる、

といったケースが多くございます。


貯蓄性生命保険は円建ての利率が悪くなったことで
ドル建て等の商品開発が進み円建てよりも予定利率の高い商品も登場しています。


昔からの貯蓄性保険は大切にしつつ
割高な掛捨て保険を見直し、
中長期的な貯蓄の追加で外貨建ての加入を検討する方法もありますよね。


まずは現状を確認してみませんか?

≪現状確認をすることで・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


もちろん、
新規の加入となると健康上の告知が必要になるので、
書類審査(場合によっては医務審査)が必要となりますが、

単純に解約するだけではなく、今あるものを上手に活用し、
必要な保障と最適な保険料で得られるプランに切り替えていくことが可能です。

 □解約だけでなく今の保険でどのような変更ができるのか?

 □今の保障を重視していくのか? 

 □長い目でみた保障プランを重視するのか?

 □他の保険会社で自分に合った保険はないだろうか?


などなど、自分で判断するには難しそうですね。


まずは商品知識と
他の保険会社の情報も豊富に持つ専門家に相談することが大切です。

      ***********************************************


例えば、
保険を整理するところから始めてみませんか?


保険を整理すると保障のダブりが見つけられたり、
いざという時に保険の請求忘れを防ぐことができます。


保険情報サービスでは
経験豊富なライフプランナーによる保険見直し相談を無料で実施しております。


さらに、

一目で分かりやすい
あなた様オリジナルの「証券管理ファイル」を作成して進呈しております。


この機会に保険のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。


(トータルライフコンサルティング部 松本光弘)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


----------------------------------------------------------------------

<生命保険の切り替えには次の事項にご注意ください>

 ・新しいご契約をお引き受けできない場合がございます。
 ・保険料が高くなる場合がございます。
 ・保険金・給付金等をお支払できない場合がございます。
 ・保障がすぐに始まらず、一定期間保障がなくなってしまったり、
  給付金の支払削減期間が発生する場合がございます。
 ・細かな保障内容が異なる場合がございます。

※新たに切替の申し込みをされる場合は、十分にご確認・ご理解頂きましたうえ
 お手続きをしてくださいますようお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年05月09日

高額化するがん医療、私たちにできること・・・


ここ最近、ガン保険の相談を受ける事が多くなりました。


 ・ニュースを見て気になったので・・・

 ・テレビで特集を見たので・・・

 ・加入している保険でガンは保障されますか?

 ・がん保険、入ったほうが良いでしょうか?などなど・・・


やはり注目されている芸能人の闘病や訃報の影響が大きいようですね。


事実、
がんの治療と仕事の両立の現状を踏まえると心配は尽きません。


がんになってしまったとしても、


治療をしながら
働き続けられるような治療技術の進歩もある、


と言われますが、


 ・実際、働きながら通院治療している患者は32.5万人


一方、


 ・体力低下や勤務調整困難を理由に離職された方は全体の約35%、

 ・がん等の病気に罹患した社員の適正配置や雇用管理に苦慮している企業90%超


◎がん離職「3割」の衝撃
https://news.yahoo.co.jp/feature/139


◎働くがん患者32.5万人、厚労省初の推計 支援策検討へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2404I_V20C14A2CC1000/


◎がん闘病と仕事の両立を支援 厚労省が初のガイドライン
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/02/20160224_01.html


≪平成28年12月法改正≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


ご存知の方も多いと思いますが、
がん対策基本法が10年ぶり、平成28年12月に改正・施行されています。


◎社会に語りかける改正がん対策基本法
http://www.asahi.com/articles/SDI201612134651.html


これまで、がん対策基本法は、
患者を中心にした「医療環境の整備」でしたが、


この法改正により、
「社会全体でがん患者、家族を支援する」方向へ転換されています。


これは、企業にもがん対策が求められるようになり、
社会の一員として「予防・検診」「就労支援」「社会教育」を推進する
担い手として期待されることになります。


≪がん対策基本法・・・?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


アメリカに遅れること35年、
平成18年6月にようやく誕生した「がん対策基本法」。


がんは、一生のうち、2人に1人が1度は診断をうけると言われます。


しかし、


この法律ができるまでは、
がん対策の基本的な計画は日本にはありませんでした。


そのため、次のような課題が・・・


(1)治療内容に地域格差
    ・・・「医療の均霑化」の課題が顕在化

(2)海外で標準的に使われている薬剤が日本では使用できない

(3)「治療ができない・・・」と行き場を失う「がん難民」が存在


がん対策基本法ができたことで、
がん診療連携拠点が全国で次々と指定され、

がんに関する情報を集めた「がん対策情報センター」や
がん相談支援センターセカンドオピニオン外来、外来化学療法室など、
今では当たり前になっている施設等も整備されていきました。


このように、
法律は一見私たちの生活から遠い存在に見えますが、
実は最も関係が深いものなのですね。


≪基本法が定められて10年・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


この間、がん医療は大きく進展し、
医療を取り巻く環境も大きく変わりました。


そのため、


法律の内容と現実社会との間に「ズレ」が生じるようになりました。


そのズレを修正し、
これからのがん医療、がんを取り巻く社会環境のあり方を提示したのが、
今回の改正がん対策基本法になります。


◎がん対策基本法(平成十八年六月二十三日法律第九十八号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO098.html


≪改正がん対策基本法で何が変わる??≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


がん患者が尊厳を保持しながら
安心して暮らすことのできる社会の構築を目指して改正された「がん対策基本法」。


これによって私たちの生活はどうかわるのでしょうか。


今回の改正で、
企業もがん対策が求められるようになるため、


社会の一員として「予防・検診」「就労支援」「社会教育」
を推進する担い手として期待されることになるとされます。


(1)生きづらさの解消

   社会的環境整備という概念が基本理念に盛り込まれたことにより、
   診断後に生じる、生きづらさへの解消が進むことが期待されます。

   いま、がん患者の就労が社会的な課題としてクローズアップされていますが、
   当然、課題は就労だけではありません。

   容姿の変化や偏見などがん患者は多くの生活課題に生じています。

   また、高額ながん治療費に関する悩みも深刻化してきています。

   生きづらさの解消に向けて、法整備や事業、病院内、
   企業を含めた地域での取り組みが推進されていくことになります。


(2)がん患者の就労

   通院治療中心の医療になるがん医療では、
   企業が働き方を柔軟に考えることによって、
   患者さんは働きながら治療を受けることが可能になってきました。

   ところが、
   こうした医療環境の進歩にも関わらず、
   前述の通り、約3割の方が診断後に離職しており、
   この10年間その状況が改善されていないことがわかりました。


   今後、人口減などで働き手が少なくなる中、
   がんになっても働き続けられる環境づくりは、企業にとっても大変重要な課題。

   そこで法の中では「事業主の責務」としてがん患者の雇用継続について
   配慮する努力義務が課せられることとなりました。


≪私たちにできること・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


がんの年間死亡者数は約37万人。
つまり1日に約1000人もの方が、がんで亡くなっていることになります。


こうしたがんの悲しみをなくすためにも、
これからは社会全体でがん対策を推進していくことが求められます。


高額化するがん医療においては、
最近「経済的毒性」という言葉も登場してきています。


◎がん治療に「経済的毒性」治療費の上昇で保険加入者でも重い負担
http://healthpress.jp/2015/12/post-2186.html


これは、

直接的には「経済的な理由を背景に治療を中止・変更する」を指し、
間接的には「お金の不安や将来への心配からメンタルヘルス不調に陥ること」を指します。


保険は、
こうした経済的毒性を緩和する一助になると同時に、
大切な従業員の離職を防ぐことができるツールの一つにもなります。


治療費の上昇で、
自己負担限度額以内の治療も高騰している中、

民間の保険としての金銭的な補てんがあることで、
経済的にも精神的にも不安も和らげることができると思われます。


例えば・・・


 □ 従業員が、ガンに罹患し治療のため、
   出勤ができない、自宅療養になってしまった・・・


 □ 就労の制限があり、
   時間短縮勤務や日数を絞って就労をせざるを得ない・・・


このような場合、
企業として、大事な従業員を守るためのリスク対策は万全でしょうか。


福利厚生として、
ガンに特化した所得補償を準備することで、
治療に専念できる環境を整え、復帰までの経済的なフォローを準備し、
がん離職を少なくすることも可能になります。


少しでもご関心や質問などがございましたら、
是非一度、身近な保険のプロに確認してみてはいかがでしょうか。


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html


◎戦うためのガン保険! 実質自己負担0円
 http://www.medcom.jp/type-c/iis/
 
 ・公的保険診療の場合、自己負担となる3割の治療費をお支払します。
 ・さらに治療費以外の諸費用を定額支払の補償でサポートします。
 ・もしもの時もメディコム・ナースコールが強い味方になります。

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年05月02日

健康診断の時期ですね!


今年も、もうすぐ5月。
ゴールデンウィークになりますね。


気候も穏やかになってきました。
この時期に健康診断を実施される会社も多いのではないでしょうか。


みなさんは、
健康診断の結果をしっかり確認していますか?


健康診断の数日前から、
禁酒したり、ダイエットしたりと悪戦苦闘している方も多いのでは・・・


努力の結果、
健康診断の結果が素晴らしい評価であれば良いのですが、
結果が良く無い場合皆さんはその結果をしっかり受け止めていますか?


例えば・・・


再検査、精密検査などをするように指示があった場合、
どうされていますか?


多くの方は、
しっかり指示に従い再検査や精密検査を受診されていると思いますが・・・


≪一方で・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 ・毎年、再検査になっちゃうんだよね・・・

 ・これくらいの数値、問題ないでしょう!!!

 ・ついつい、忙しくて・・・

 ・いつもはこんな数字にならないから大丈夫!


私がこれまでに聞いた
「再検査、要精密検査」を行なっていない理由の一部です。


実は・・・

生命保険や医療保険、ガン保険など生命保険会社の保険に加入する際には、
 

告知書や病院等で行われる診査などの項目で、


 “ 過去2年以内の健康診断・人間ドック、がん検診を受けて
   要再検査・要精密検査を指摘されたことがありますか?  ”


とお聞きする項目があります。


指摘をされた検査項目やその数値、所見にもよりますが、

要再検査・要精密検査を受けずに
そのままの状態で保険に加入しようとした場合、
保険加入をお断りする場合もございます。


まずは、しっかり健康診断の結果の指示に従うことが大切です。


勿論、


健康診断の結果、
指摘事項があった場合でも無条件にて保険に加入頂ける場合もあります。


この時期、
多くの方が健康診断を受ける時期なので
しっかり受診していただきたいと思います。


≪健康診断を受けていると・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


健康診断を受ける事で、
生命保険の加入時にメリットもあります。


例えば・・・

健康診断の結果が保険会社の定める基準の範囲以内に収まっている場合、


 ・健康体料率や優良体料率にて加入することができる・・・
  (通常の保険料より安い保険料)

 ・医師の直接診査ではなく、健康診断結果票の提出で代用できる・・・

 ・保険会社にもよりますが、
  一部数値が平均の枠を超えていても総合評価で加入することができる・・・


もちろん、


生命保険のメリットを受けることが目的ではなく、
診察や検査で健康状態を評価することで、

健康の維持、病気の予防早期発見に役立ててもらうことが大事ですね。

≪健康診断の判定基準が・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


以前、
日本人間ドック学会から発表された健診基本検査の「基準範囲」について、

健診判断値の緩和であったり、
正常範囲の数値が変わった、といった報道がありました。


◎基本検査の基準範囲(日本人間ドック協会)
 http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003497.php


後の協会からの発表では、
これまで各医療機関によって基準範囲が異なってきたものを
統一するための第一歩として調査・発表されたそう。


全国150万人余りの人間ドック受診者から厳選された健常者※の数値を
元に算出されたものです。

※他の一般的な検査に異常なく、
 飲酒はビール相当1本以下、喫煙もしない人


判定基準が改定されたとしても、
毎年健康診断を実施することで、ご自身の数値を把握して
数値の異常があれば、速やかに再検査をしていくことが大事ですよね。


◎以下で数値が確認できるのでチェック 
          ~人間ドック協会 検査表の見方~
 http://www.ningen-dock.jp/public/method


検査結果が返却されて、
異常の指摘があった場合は、ぜひ再検査をしてくださいね。


もし、


異常の指摘を受けてしまった場合には、
ご加入中の保険の確認もぜひ行なってください。


保険商品にもよりますが、


 ・名医によるセカンドオピニオンサービスを受けられたり・・・

 ・24時間、オンラインでの健康相談サービスを受けられたり・・・

 ・専門医療機関の紹介を受けられたり・・・

 ・糖尿病の早期発見等のサポートを受けられたり・・・


様々なサービスを受けることができるかもしれません。


保険は知らないと
損をすることがたくさん!!


でも知っておくと得をすることもたくさんあります。


備えを検討するのであれば、
経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?


(トータルライフコンサルティング部 田中ともみ)


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年04月17日

旅行の計画を立てたら次は・・・


いよいよ、ゴールデンウィークが近づいてきましたね。


泊りがけで出かけの予定や
人気のテーマパークへ行かれる計画を立てられている
ご家庭も多いのではないでしょうか。


旅行の計画を立てたら次は・・・


海外旅行保険について考えてみましょう!


海外旅行中に、
病気やケガで病院に行くことになった時、
日本で病院に行くのと同じ感覚でいると大変!!


忘れずに備えておきたいですね。


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
  http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


≪何に備えるの?・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


実際に海外旅行保険の請求件数が多いもの、何だかご存知ですか?


----------------------------------------------------------------------------

第1位 治療費・救援費用


    例えば・・・


    アジア・オセアニア地域で衛生環境や気候の違いから、
    腹痛・風邪などの病気が多くなることもあります。

----------------------------------------------------------------------------

第2位 携行品損害


    例えば・・・


    ヨーロッパ地域では、スリがより巧妙になってきています。
    乗り換えが多くスーツケースの破損が起きることもあります。

----------------------------------------------------------------------------

第3位 旅行事故緊急費用


   例えば・・・


    グアム・サイパン・中南米地域では台風などの影響による
    航空機の遅延や欠航などが起こっています。

----------------------------------------------------------------------------


特に、
ここ数年、海外旅行の事故発生率は増加傾向にあります。


  ・旅行中にケガをしてしまった、

  ・お子さんが他人の物を壊してしまった等々


一旦トラブルが起きてしまうと、
せっかくの楽しいイベントも台無しになってしまいます。


≪補償項目って!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


この状況を踏まえて、
海外旅行保険では次のような補償項目があります。


■海外旅行保険の主な補償項目


(1)治療・救援費用

    腹痛・風邪などの疾病やケガによる治療費用や、
    3日以上入院した際に家族が現地に駆けつけるのに掛かる渡航費用、
    日本や第三国までの医療搬送費用を補償するもの


(2)携行品損害

    携行品の盗難や破損を補償するもの


(3)旅行事故緊急費用

    搭乗便の出発遅延や航空会社に預けた荷物が現地に届かないなどの
    偶然な事故を補償するもの


実際の支払いの割合からすると
(1)治療・救援費用が大半を占めるそうです。


日本と海外とで医療制度が大きく異なっているのはご存知ですよね。


その影響で、多額の費用がかかってしまうケースもあります。


≪海外との医療制度の違い?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


例えば、救急車・・・

日本では無料も、海外では有料であったり。


----------------------------------------------------------------------------

◎盲腸などの手術では・・・


日本では健康保険制度があるため、概ね3割負担。

さらに高額療養費が払い戻されると、自己負担が約8万円。
(年齢や年収によって異なりますとなります。)

一方、海外では・・・


 ・ニューヨークで約216万円。
 ・欧米で約100~300万円。
 ・アジア諸国で約50万円。


と、高額な費用を請求される場合もあるそうです。


----------------------------------------------------------------------------

海外旅行保険事故データ(2016.4~2017.3)によると、
2016年の海外旅行での事故発生率は、3.40%
(前年比0.07%増加)と、


  “なんと29人に1人”


がなんらかのトラブルに遭遇していることを示しています。


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


◎海外旅行保険で安心を買う 病気や盗難に備え ~日本経済新聞より~
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8025200028112014PPD00
1


[参考:海外旅行保険事故データ]------------------------------------------


1. 事故発生率は 3.40%(29人に 1人)

2. 補償項目別の
   1 位は「治療・救援費用」、
   2 位は「携行品損害」、
   3 位は「旅行事故緊急費用」

3. 世界各地で高額医療費用事故件数が発生

4. シニア層(65 歳以上)が
  「治療・救援費用」の支払額 300 万円以上の事故の半数弱を占める


◎2016年度海外旅行保険事故データ(2016年4月~2017年3月)を発表
 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP450599_X00C17A7000000/


-----------------------------------------------------------------------


日常生活とは違い、海外だからこそ、
いざと言うときに助けが必要になることも。


海外では・・・


気温や衛生環境、食事や水質等が日常とは異なり、
また長時間の移動や時差等により体調を崩しやすくなります。


併せて犯罪率が日本と比較して全般的に高いことから
事故に遭いやすい状況にあるといえます。


航空便の欠航や遅延時の食事代やホテル代等、
旅行行程上の偶然な事故を補償する「旅行事故緊急費用」に代表されるように、

海外旅行保険の役割が重大事故だけでなく、
海外旅行中によく発生するトラブルを包括的に補償する傾向になっていること等、
カバーの範囲も広がっている傾向にあります。


海外旅行保険は、海外旅行に行かれる際には、
必須のアイテムといえますね。


また、


法人個人によって加入方法が異なったり、

商品・補償内容も、
引受保険会社によって異なりますので、是非ご確認ください。


インターネットを経由することで割安に加入することもできます。


詳細は代理店までお問い合わせください。


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


◎新・海外旅行保険 off!(オフ)-損保ジャパン-
http://www.hoken-joho.net/sj_off.html


≪海外旅行保険に加入するには≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


▼ 法人で加入の場合 ▼

(1)個別で加入する

(2)包括で加入する
    ・海外出張が多い法人などは手続が簡素化され便利です。


▽ 個人で加入の場合 ▽

(1)個別で加入する
    ・インターネットからの加入
     …保険会社によっては、40%引きになるなど非常に割安です。
    ・代理店経由での加入

(2)カードで加入する
    ・お持ちのカードについている海外旅行時の保険ですが、
     補償が低くなるケースがあります。


法人や個人によって最適な保険選びは異なってきますので、是非ご確認ください。
せっかくの海外旅行ですから、さまざまな不安ごとは解消しておく事は必要ですね。


(トータルリスクコンサルティング部 森谷知博)


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年04月03日

自転車の条例?? - たった5日の通院で賠償金255万円!?-


いよいよ、新年度が始まりますね。


環境が変わることもあり、気持ちも一新。
フレッシュな気持ちを思い出す方も多いのではないでしょうか。


お子様を育てられている親御さんにとっても
お子様の入学、進級などの節目になりますね。


陽気も次第に暖かくなり、
お子様の活動範囲も拡がってきます。


そこで気になるのが普段の生活で利用する『自転車』。


≪条例・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


ご存知の方も多いと思いますが、


 「 埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例 」


が改正され、
自転車損害保険加入義務化等(平成30年4月1日施行)となりました。


◎「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が改正されました
 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/jitensya/jitensyajyourei.html


近年の自転車事故による、
高額賠償請求事例が全国各地で散見され、
自転車の事故に対する社会的な責任の重みが増しています。

自転車利用者の
交通ルールの徹底とマナーの向上を図るとともに、

交通事故が起こった場合の
被害者の救済と加害者の経済的負担の軽減を図るため、

全国各地で、
自転車利用者等の自転車損害保険の加入義務化
及び学校等における保険加入確認の努力義務化が拡大しています。


◎自転車保険~自転車に乗る人に必要な補償を考えたらこうなりました!~
  http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000002&SCR=007

東京都でも、平成25年7月に
「 東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例 」
を施行し自転車に関する事業者の義務・努力義務を定めています。


<すべての事業者に・・・>


 ・自転車通勤する従業員への研修、情報提供等

 ・自転車通勤する従業者の駐輪場所の確保・確認

 ・顧客等に対する駐輪場利用の啓発等


<事業に自転車を使う事業者に・・・> 

 
 ・従業者への研修等 

 ・自転車の点検整備

 ・保険の加入


「事業に自転車を使う」とは・・・

自転車で物を配達するだけでなく、
営業所間の移動、顧客周り、事業用品の購入等の際に自転車を使う事も含みます。


≪この条例の背景には・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


東京都内で発生する自転車事故の多さにあります。


 ・自転車乗用中死傷者 28人(平成29年)

 ・自転車事故発生件数 10,949件〈前年比+532年〉(平成29年)(警視庁HPより)


いかがでしょうか。


東京都内だけでも年間にこれだけの事故が発生しているのです。


≪神戸地裁では・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


事故当時小学校5年生だった少年が乗った自転車と歩行者(当時62歳女性)
との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、
少年の母親に9,500万円という高額賠償を命じた判例も出ました。(2013年7月)


たかが自転車・・・


と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
予想以上に高額な賠償になるケースもございます。


次に実際に私たちが関わった賠償事故を1つご紹介させていただきます。

≪思いがけない金額を請求された・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~


この事例は、
『些細な事故で、思いがけない金額を請求された』というケースです。


========================================================================


加害者は中学生。被害者は50代の男性です。

夜、塾の帰り道に雪が降り始めました。

いつもは車道を自転車で走ってるのですが、
雪が降っていることもあり危険を感じて歩道を自転車で走っていました。

きちんとライトを付けて、
すぐにとまれるスピードで走っていたのですが、

前から歩いてくる黒い服装で黒い傘の男性が
前屈みで歩いていたのに気付くのが遅れ、
ハッと気付いた時には既にぶつかったしまった、

という事故です。

男性は雪で踏ん張りが利かず、
歩道と車道の境目の段差に顔面を打ち、
ほほ骨と鼻を骨折。額も何針か縫うケガでした。

本人は大丈夫と言って、
結果的に5日間だけの通院で治療が終わり、示談に至りました。


========================================================================


ではその和解金はいくらだったでしょうか??


実は…


“255万円”の請求が加害者の自宅に届いたのです。


骨折はしたものの、5日間の通院で
これだけの金額になるというのが実際に起きている事になります。


ここでお伝えしたい事は、
なぜこれだけの金額になったかということです。


治療費自体は、交通費等も含めて6万円程だったのですが、
後遺障害14級に認定された事による遺失利益と慰謝料がその原因になります。


ほほに痺れが残り、笑顔が引きつるという症状だったのですが、
それにより後遺障害14級が認定され、示談金として255万円の請求がきた
という事例になります。


もしこのような事故を家族、従業員が起こしてしまったら・・・。


自転車は、誰でも乗れるという利便性があるが故に、
自動車等と同じ車両であるという意識が低いように思われます。


 ・信号無視。

 ・一時停止無視。

 ・携帯を使いながら運転 等々。


事故に遭わない・起こさない事を心掛ける。
という意識が大切ですよね。


ただ、その様に心掛けていても、
事故が起こってしまったら・・・


≪そんな時に初めて…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


そんな時に初めて保険が出てきます。


 ◎加害者となってしまった時には

          ・・・『個人賠償責任保険』


 ◎従業員が加害者となってしまった時には
  
          ・・・『施設賠償責任保険』


 ◎被害者になった時は
          ・・・『傷害保険』や『人身傷害特約』があります。


個人賠償責任保険は、
火災保険や自動車保険についているケースがありますし、
最近では、“自転車保険”も新しく販売している保険会社もあります。
是非一度、身近な保険のプロに確認してみてはいかがでしょうか。


(トータルライフコンサルティング部 相川 和之)


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

2018年03月28日

雪の事故のエピソード

みなさん、こんにちは。


先日21日(春分の日)、
関東甲信では市街地でも雪が降り、山沿いでは大雪になりましたね。


暦とは裏腹に
全国的に寒の戻ってしまいましたね。


東京都心は、
正午に「ミゾレ」を観測。


ミゾレも雪でカウントするため、今シーズン東京の雪日数は11日です。


開花した桜に雪が降る季節外れの光景が広がった横浜では、
積雪まで観測しています。


◎東京都心も桜に雪 関東甲信山沿いでさらなる大雪注意~YAHOO!ニュース~
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010001-wmapv-soci


≪今回は・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


最近雪による損害について、
実際に事故処理のお手伝いをさせていただきましたので、
火災保険の雪による災害についてのお話をしたいと思います。


みなさんは火災保険について、
“火災”だけではなく、“台風などの風災”や“雹災”、

そして雪によって屋根やカーポートがつぶれてしまった、
というような“雪災”が原因による事故も補償されるのはご存知でしょうか?


おそらく『知ってるよ』という方も多いと思います。


保険金の支払われ方ですが、
多くの保険会社が自己負担額を0円もしくはいくらか設定する形で、

例えば、

1万円の自己負担額が設定されていれば、
10万円の損害認定額から1万円を引いて9万円が支払われる、
といった方式がポピュラーの様に感じております。


ただ、


この風・雹・雪によって発生した損害についての保険金の支払われ方は、
金融の自由化が起こる前までは、


どこの保険会社でも
『20万円フランチャイズ方式』となっており、


今現在の保険でもこの形を選べる商品もありますし、
住宅購入時に一括で長期間の火災保険に加入された方などは
まだこの保険金支払い方式の火災保険になっているのも現状、事実です。


≪20万円フランチャイズ方式!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


では、
この「20万円フランチャイズ方式」とは何なのか?

これは、

1回の事故において損害の額が
20万円以上になったときに初めて保険金が支払われるというものです。


例えば、


損害額が30万円であれば、
30万円保険金が支払われるのですが、

損害額が15万円であれば、“1円も支払われない”という方式です。

そうすると、

ちょっとした損害では保険金が支払われないということになるのです。


1月の雪で雨樋に被害を受けた方から相談を頂いた際、

20万円フランチャイズ方式の件をおうかがいしたところ、
『それでは対象外ですかね。』と言われるので、

他に1月の雪で損害を受けているところはないか、
建物の敷地内全てチェックして、それで雨樋だけなのか、

確認していただく様にお伝えしたしました。


というのも、


この“20万円フランチャイズ方式”というのは・・・ 


  1事故1敷地内での損害額の合計が、20万円以上となれば対象となる


というものですから、
1カ所の損害だけで20万円以上である必要はないのです。


後日、


雨樋と屋根の一部、
それにカーポートの一部にも損害が出ていることがわかり、
20万円以上の損害が認定され、保険金をお受取いただきました。


保険内容や支払われ方について、
保険加入時にはご理解されていても、

お客さまは私達の様に毎日保険と向き合っているわけでは当然ありませんので、
忘れてしまうこともあると思います。


事故・損害が発生した際はまず、
担当者に連絡を入れること、これだけは絶対にしてください。


ご自身で保険が出る、出ないは判断せず、
こんなことはダメだと思っても、まずは相談をしたほうがよいですね。


手を挙げなければ、
本来受け取れたかもしれないものが、
完全に受け取れなくなってしまいますので。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


私たち、保険を仕事にしている人間は、
日々事故やリスク対策に直面しているので、
最悪の事態を想定するという
マイナス、後ろ向き的なイメージも頭に描いております。


ですが、


人間はもともと
目も鼻も耳も口も前についており、前向きに活動する生き物ですし、


毎日、


“あんなことが起きたらどうしよう・・・。”

“こんなことが起きたらどうしよう・・・。”


と常に後ろ向き的なことばかり考えていたら楽しくありません。


ですから、皆様にとって、
日々の生活を少しでも快適に、前向きに充実させるためにも、

私たちにその不安な部分の解決を任せていただき、
何か困ったことが起きたら連絡していただけるような、
影で一緒に寄り添う存在になるべく、今年も私たちは努力をしてまいります。

新年度を前に
ご自身で気付いているリスク、気付かれていないリスクがあるのかどうかの確認、
対策と実行といった事を私たちと一緒にさせていただければ大変嬉しく思います。


(トータルリスクコンサルティング部 澤田 行章)


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク