中小企業のお客様へ

« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

2008年09月02日

セカンドオピニオン疾患別内訳、トップ10をガンが独占

 厚生労働省がセカンドオピニオン外来実施医療機関の利用状況調査に関する報告書を公表しました。これによるとセカンドオピニオンの外来数は2007年に1729件と、診療報酬改訂前の2005年から倍増したそうです。

これは2006年の診療報酬改訂で、主治医がカルテや画像のコピーなどの診療情報を提供すれば5000円の報酬を受取れるようになったため、患者が利用しやすくなったことが影響したとみられています。

 セカンドオピニオン外来を何らかの窓口で受け付けている病院は34.1%ですが、過半数(62.5%)は「セカンドオピニオン外来はとくに受け付けておらず、そのような受診希望があれば通常の『紹介状持参の初診』として扱っている」病院でした。

 セカンドオピニオン外来を何らかの窓口で受け付けている病院の病床規模は、「300床以上500床未満」が39.9%で最も多く、次いで「500床以上700 床未満」が22.2%と、より大規模な病院が多い傾向があります。

 つまりその分野の専門医がおり、なかなか一般では診察してもらえないような病院は、概ねセカンドオピニオンに対応しており、セカンドオピニオンからの患者さんを優先的に受け入れているのが現状です。

 なおセカンドオピニオン外来の疾患別内訳をみると、実にトップ10をガンが独占している状況です。11位以降は、その他の脳血管疾患、悪性リンパ腫、脊髄障害と続きます。

■セカンドオピニオン外来の疾患別内訳

1 気管、気管支及び肺の悪性新生物・・・250件
2 胃の悪性新生物・・・163件
3 乳房の悪性新生物・・・158件
4 その他の悪性新生物・・・119件
5 肝及び肝内胆管の悪性新生物・・・101件
6 前立腺の悪性新生物・・・55件
7 子宮の悪性新生物・・・40件
8 白血病・・・35件
9 直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物・・・32件
10結腸の悪性新生物・・・25件

ちなみにセカンドオピニオン外来の基本料金は以下の通り。
 30分 10000円~10500円・・・25.4%
 60分 10000円~10500円・・・16.2%
 30分 5000円~5250円・・・11.6%

 セカンドオピニオン外来を「専門窓口を設けて受け付けている」病院に限ってみると8927円と高くなりますが、セカンドオピニオン外来の専用時間帯を設けている病院に限ってみると8020円と安くなります。



 読者のみなさまは、セカンドオピニオンサービスが利用できる保険があることをご存じですか?

 セカンドオピニオンに対する認知度が高まるにつれ、加入と同時に無料で利用できるセカンドオピニオンサービスを付帯する医療保険やガン保険が増えてきています。

 保険会社によってサービスの内容が異なりますが、例えばT-PEC社が提供するドクター・オブ・ドクターズ・ネットワークなら、日本を代表する各専門分野の名医(総合相談医)との面談を通じ現在治療中の病気に関する「セカンドオピニオン」や「優秀専門医の紹介」など、下記のような要望に対応が可能です。

 ・名医を紹介して欲しい
 ・セカンドオピニオンを受けたい
 ・自分の病状・症状にあった専門の医師を紹介して欲しい
 ・医者に手術しか直す方法がないと言われたが・・・。
 ・高度な医療が必要らしいが、どうしたら良いのか解らない。
 ・他の治療法がないのか? その専門分野の医師に相談したい。

 また法人が従業員向けの福利厚生の一環として利用いただくことも可能ですので、この機会にぜひご検討ください。

 最近ではメンタルヘルスに対応した保険もありますので、ご自身の保険、会社の保険でこれらのサービスが利用できるかをぜひ確認してください。「知らなくて損した!」なんてことのないように・・・
 ※保険情報サービスでは保険のセカンドオピニオンサービスも実施中です!

◎セカンドオピニオンサービスに関するお問い合わせは・・・
 フリーダイヤル0120-7109-32でも受け付けております。

◎ドクターオブドクターズ ネットワーク - T-PEC



 当社では保険のセカンドオピニオンサービスを実施中です。メルマガ読者の方は無料にて保険診断をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

◎あなたの保険はセカンドオピニオンが受けられますか?
 保険無料相談はこちらから

◎セカンドオピニオン外来実施医療機関の利用状況調査報告書 - 厚生労働省

◎セカンドオピニオンとは? - セカンドオピニオン・ネットワーク
 

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月09日

日本横断の旅と経営者たちのそれぞれの思い

 二代目社長として永年携わってきた会社経営を60代で長男に継承し、以降はアドバイザーという形で数年経過した今年6月に完全に退職されたTさんからお電話がありました。

 Tさんは「奥さんと孫3人(中1、小5、小2)と一緒に日本海側の新潟県から太平洋側の福島県いわき市まで250キロをテント生活しながら歩いて日本を横断するので、傷害保険に加入したい」という内容でした。1週間の予定だそうです。

 お孫さんとご夫婦の年齢を考えれば、通常は信じられないことです。

 しかしTさん家族はやり遂げると思いました。

 なぜならもっと長い距離を過去に何度も家族で挑戦し成功させてきたことを、これまでの長いお付き合いの中で知っているからです。

 その一方でなぜ64歳で・・・とも思います。

 それはTさんの経営姿勢、物事の考え方の中に答えがあります。

 「経営は実力相応に、あせらず地道にじっくり行うことが一番の近道」と言われ、「汗をかき、苦労をし、体と気持ちに鞭打つことによって得られた充実感や達成感は何物にも代え難く、次への挑戦の原動力になる」とも言われています。

 Tさんの今回の行動は恐らく仕事を離れた今、新たな目標を定めるためにどうしても必要であったとともに、お孫さんたちにじいちゃんの背中を見せたかったのでしょう。


 Tさんと同じ経営姿勢、考え方の社長さんが多くいらっしゃいます。みなさまの育ってきた時代背景がそうさせたのでしょうか。

 過日、今年の9月に退職を予定されている社長さんから「保険について相談したいから来社してよ」とお電話がありました。

 社長さんはこれまで事業保障と退職金の積立てを兼ね、経営者の責任として生命保険をかけてきました。

 自分の身に万が一のことがあったとしても会社が継続できるよう、また無事継承できた場合はその解約金を自分の退職金に充てて会社の負担を軽減することが目的で、いわば保険の有効活用でした。

 その社長さんがこんな話をしてくださいました。

 『40年前、借金して会社を設立してから今日まで、人との係り合いを大切にして聴く耳を持ち、より深い相互理解のもとで経営してきた。

 失敗も成功も山ほどある、その中で業績を伸ばし現在に至った。

 継承後、より発展してほしいという願いから後継者に自分の辿った経験を含め様々な思いを語るが、「時代が違う」、「今はスピードの時代だから合理的な考え方をしなければ取り残される」、「社長の思いはその時代のこととして納得できるが、今の時代には理解できない・・・」などと言われてしまうのだよ。

 まあ私も親父を越えたいとか、親父と自分は違うという思いもあったからな。後継者なりにしっかりやってくれればいいけど・・・

 しかし保険に加入していて本当によかったよ。退職金も出るし、安心して老後を送れそうだよ。ありがとう』


 「それぞれの思い」は時代とともに変化します。

 後継者もまた将来、現社長と同じ思いをするかもしれません。

 だからこそ私たちは保険がただ売れればいいとは思っていません。

 時代の流れに即応しながら将来を見据え、お客様にとって「それぞれの思い」の実現のため、パートナーとして末長くお手伝いさせていただければ嬉しく思います。


 ※一週間後、Tさんから電話がありました。日本横断は皆元気で無事に成功した。小2の孫の頑張りに感動したと・・・

 おめでとうございます。

◎社長の必要保障額はどうやって計算するの?

◎これで安心! 経営者の生命保険のものさし

(法人コンサルティング部 伊東聿子)

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月10日

労災保険の適用範囲 ~こんな時も労災保険~

 業務中、あるいは通勤途上での事故に対する保険給付として労災保険がありますが、実際には誤解から適用申請に至っていないことが多々あります。労災保険の適用になるかどうかは行政判断となりますが、実際に適用となった具体的な事例をご案内致します。

1.出張中の事故
2.帰宅途中に酔っ払いにからまれた
3.自然災害を起因とした事故
4.業務中又は通勤途上での交通事故

FAXニュース2008年9月号 労災保険の適用範囲 ~こんな時も労災保険~

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月16日

地球温暖化と損害保険

 この夏よく耳にした言葉で、なおかつ愉快ではない響きを持っていたのは、何と言っても「ゲリラ豪雨」でしょう。

 本当に地球温暖化が原因で引き起こされた現象なのかはともかく、少なくとも過去の数年間で「ゲリラ豪雨」のような集中豪雨や台風のような自然災害が大きな被害をもたらしたことは事実です。

 水害を補償する代表的な保険は火災保険であり、意外に感じられるかもしれませんが、自動車保険の車両保険です。

 むろん全ての火災保険、車両保険が水害を補償するわけではありませんが、大きな水害のニュースを目の当たりにしたとき、保険に携わる者としてまず考えてしまうのは、火災保険であり、車両保険で補償されるかです。


 火災保険は火事にあってしまったときの保険、車両保険は車をぶつけた、あるいはぶつけられたときの保険、という印象が強いかもしれませんが、実はそれだけではないのです。

 特に車両保険は多くの場合が「一般条件」もしくは「エコノミー(通称)」という加入形態であるため、「車が水没してしまい壊れてしまった」というような被害は補償の対象になります。

 火災保険の場合はもう少し限定的で、「住宅総合保険」や「店舗総合保険」といった名前のいわゆる「総合保険」でないと補償されません。「住宅火災保険」や「普通火災保険」という名称の保険の場合は残念ながら、補償対象にされていないのです。

 そして「総合保険」の場合であっても、被害額が100%補償されるものではありません。詳細はかなり煩雑なため割愛しますが、最大で被害額の7割までしか補償されないようになっています。

 ただし各保険会社が販売している「最新型」の火災保険では、100%補償されるものも出てきていますので、現在加入されている保険証券を確認されてみてはいかがでしょうか。

      ***********************************************

 ここまで何気なく「水害」という言葉を使いましたが、保険で言う「水害」は一般にイメージされるものよりも、若干狭い意味かもしれません。

 すなわち保険上の「水害」は、雨などが一度、地面や河川に落下し、そこで溜まってしまう(集積する)ことで洪水や土砂崩れなどを引き起こすことをいいます。

 このためいわゆる「雨漏り」は水害ではなく、保険の対象にならないことがほとんどです。

 また大雨のときに窓を閉め忘れていたという場合は、そもそも偶然性がないため保険の対象外です。

 ただし床上浸水の程度が甚だしく、車などの大きなものが浮遊物となって家に衝突したような場合、元の原因が洪水などの「水害」であるため、衝突によって壊れてしまった部位のみならず、そこから内部に浸水した損害も含めて対象になります。

 手前味噌ですが、バックナンバーの「台風と火災保険」を合わせて参考にしていただければ幸いです。

◎台風と火災保険(前編:風災)

◎台風と火災保険(後編:水害)

◎水害に備えて - 日本損害保険協会

(法人コンサルティング部 小鳥秀明)

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月19日

事故を未然に防ぐ 危険運転チェック7

 交通事故を起こさないためには、車を安全にコントロールするとともに自分の心もコントロールすることが大きなポイントになります。知らず知らずのうちに危険な運転操作・運転態度を繰り返していると、思わぬ事故を招くことにつながります。

 今回は、自分の運転を振り返るためのチェックポイントをあげますので、自分の運転を振り返りチェックしてみてください。

◎9月の安全運転のポイント - 三井住友海上

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月22日

「協会けんぽ」への移管で、変わること・変わらないこと

 こんにちは社会保険労務士の吉永晋治です。

 今回は全国健康保険協会(愛称:協会けんぽ)について、お話したいと思います。というのも今月に入って何人かの社長から「なんか健康保険が変わるの?」という質問を受けたからです。

 平成20年10月から現在国が運営している政府管掌健康保険が非公務員型の法人「全国健康保険協会」が運営することになりました。

 これは社会保険庁の公的年金の運営業務が平成22年1月に日本年金機構に移管されることに伴い、それに先行する形で健康保険業務が協会健保に移管されるのです。

 政府管掌保険は中小企業に勤務されている方とその家族を合わせて3600万人の被保険者がいますので、多くの人がこの移管の影響を受けます。

 それでは具体的な変更点などをご紹介しましょう。

 健康保険の各種給付については自己負担の割合や高額医療費の負担の限度額など10月1日以降も変更はありません。

 ただ健康保険に関する手続きについては変更点があります。

 これからも健康保険の加入や保険料の納付は従来同様、最寄りの社会保険事務所で行いますが、傷病手当金、出産手当金などの給付の手続きと任意継続被保険者の手続きは協会けんぽの都道府県の窓口でおこなうことになります。

 窓口が二つになるのはちょっと面倒な感じがしますね。

 もう一点、一番気になる保険料のことですが、10月の保険料率は9月30日の保険料率が適用されますので変更はありません。

 ただ今後は1年以内に都道府県毎に地域の医療費の反映した保険料率を設定するとされているので、これまで全国一律だった保険料が都道府県毎に違ってくることになります。

 この場合、年齢構成の高い都道府県や所得水準の低い県などは保険料が高くなる可能性があります。

 そして企業としてやっかいなのは同じ会社でも事業所や支店の場所によって保険料率が異なることで、同じ会社内で異なる保険料率を適用しなければならないケースが出てきそうなことです。

 給与計算や社員間の公平性などの問題が出てきそうです。

 また変更点ではありませんが、10月1日から現在使用している健康保険証の切り替え作業が会社を通して順次行われます。

 現在使用している保険証も引き続き使用できますので混乱はないかと思いますが、3600万人分の切り替えにかかるコストなどを考えると、何だかもったいないなと考えてしまいます。

 今日の話は政府管掌の健康保険の話ですから、業界団体組合等の健康保険組合は該当しませんので混同しないようお気を付けください。

 協会けんぽは民間機関としてサービスの向上を掲げていますので、コストの削減や顧客サービスの向上などを期待したいと思います。

◎本年10月、政管健保は「協会けんぽ」に変わります - 社会保険庁

◎疑問だらけの後期高齢者医療制度

◎介護保険と社会保険の狭間で
 

(法人コンサルティング部・社会保険労務士 吉永晋治)


◎中小企業向け保険・経営相談サイト 会社の保険.jp 保険情報ステーション
 
◎個人向け保険相談サイト 保険の相談.jp 保険情報ステーション

>>> お問い合わせはこちら

2008年09月24日

傷害保険の課税関係一覧

契約形態
契約者会社(保険料負担)
被保険者役員・使用人およびその家族
保険金受取人傷害のとき役員・使用人およびその家族
死亡のとき役員・使用人およびその家族の相続人
保険料
契約者の課税関係当該年度に係る保険料は損金算入
例)20年契約で加入した場合は、損金算入1/20年、その他は前払保険料として資産計上
※解約の場合は雑損・雑収入
被保険者の課税関係非課税
ただし役員または特定の使用人のみを対象とした場合、報酬・給与として所得税の対象。
保険金
傷害のとき非課税
被保険者の配偶者や同居の親族等が受け取った場合も同様
死亡のとき役員・使用人の死亡により相続人が取得する保険金は相続税(みなし相続財産)の対象
※役員・従業員あるいはその家族を被保険者とする傷害保険において、その保険料を雇用主(会社や個人事業主)が負担していた場合に、死亡保険金を役員・従業員またはその家族が受け取ったとき、その保険料は役員・従業員が負担していたものとして取り扱われる(相続税法基本通達3-17)。
役員・使用人が家族の死亡により取得する保険金は一時所得として所得税の対象。また、その保険金を他の家族が取得した場合は贈与税の対象
※役員のみを対象とした場合、過大な報酬に当たる部分は損金算入できません。また一時払、全納払の場合は全額利益処分で損金算入不可
>>> お問い合わせはこちら

2008年09月30日

経営者の公的保障・企業保障

 経営者は、その責任の重さに反して、公的保障等は十分ではありません。従って、公的保障等では不足する分を、企業自身が保障を付加することがベターです。

◎こんなに違う、経営者と従業員の公的保障・企業保障

>>> お問い合わせはこちら

経営者のために法人でかける傷害保険という対策

 先日あるお寺のご住職から、こんなお問い合わせのお電話がありました。

 親しい住職が檀家さんに向かう途中、駅の階段で足を滑らせホームまで落ちてしまい、頭と足に大ケガを負い入院することになったそうです。

 お見舞いに行った際は、「ちょっとした不注意で痛い目にあっただけでなく、檀家さんや回りの方々に迷惑をかけるし、個室に入ったので多額の費用はかかるし・・・ ついに仏様に見放されたかな?」などと冗談を言うまでに回復されていたようです。

 しかし住職は「多額の費用」というのが気にかかり、ケガに対応できる保険として法人でかける長期一時払いの傷害保険にご加入されました。

 傷害保険選びにあたって一年更新と長期一時払いを検討しましたが、長く続けた場合、一年更新に比べて長期一時払いの方が累計の保険料が半分程度になるため、結果的に長期一時払いの方を選択されました。

 この住職もそうですが、会社の社長さんや役員さんは労災保険には加入できません。該当される方は労災保険の代わりとなる保険をぜひご検討ください。


◎こんなに違う、経営者と従業員の公的保障・企業保障

◎傷害保険の課税関係一覧

◎法人が役員に掛ける医療保険のメリット・デメリットは?

(法人コンサルティング部 伊東聿子)

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク