中小企業のお客様へ

« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月 アーカイブ

2009年09月01日

特定の機械にだけ火災保険は掛けられる?

火災保険を掛ける場合の対象は、
例えば「建物」であったり、「家財」であったり、
「機械・設備」、「什器・備品」、「商品・製品」といった形で表されます。

特徴としては、「建物」以外はそれぞれの言葉の後に
「一式」という言葉が付けられることです。
「家財一式」とか「機械・設備一式」といった具合です。

「建物」についても、
「建物一式」という言い方はあまり使わないと思うのですが、
建物と一体化した設備などは建物に含まれる、
というのが火災保険の考え方なので、
言葉として適当かどうかはともかく、
「一式」という意味合いは同じだと言えます。

つまり、「家財」や「機械」など、ひとつひとつを特定することなく、
大枠で対象を設定することができるのが、
火災保険の掛け方の特徴と言えるわけです。

総合保険と呼ばれる火災保険(例えば住宅総合保険、店舗総合保険)
では、むしろ「一式」として対象を設定しなければならないと
定められているのです。

      ***********************************************

では、ある特定の「機械」にだけ火災保険を掛けたい場合は、
どうすればよいのでしょうか?

その場合、総合保険よりも補償の幅の狭い火災保険
(例えば、普通火災保険)に加入することになります。

「機械一式」を対象に店舗総合保険(火災保険)に加入すれば、
「盗難による損害」も補償されますが、
「ある特定の機械のみ」を対象にしたい場合は
「盗難による損害」の補償はなされない、ということになります。

      ***********************************************

これは、保険の仕組みにとって重要な考え方のひとつである
「逆選択」と関わりがあります。

「逆選択」とは、
「保険支払いの対象になりやすい物事ほど、保険に入りたい
という要望が大きくなる」、
すなわち
「人というのは、保険の仕組みの安定的な運営という観点からは、
逆の要望を選択するものである」ということです。

これは、個人の気持ちや行動としてはやむをえない所なので、
保険のルールとして「逆選択」を排除するようなものが
設けられている訳です。

ある特定のものにだけ保険を掛けたいということは、
それだけその特定のものが保険支払いの対象
(例えば盗難の対象)になりやすい可能性が高く、
しかも、特定しているということは、
保険に掛けるものの金額も少なくて済み、
掛け金(保険料)も少なくなるので、保険制度としては
入ってくるもの(保険料)より出て行くもの(保険金)が多くなり、
安定した運営はできなくなります。

「一式」で掛けてもらうことで、
保険料(入ってくるもの)のボリュームが大きくなるだけでなく、
その「一式」の中には盗難されにくいもの
(例えば大型の機械など)も含まれることで、
出て行くもの(保険金)の割合はより薄まることになります。

ただ、どうしても「ある特定のもの」にだけ
火災保険を掛けたいという場合があるかもしれません。

その場合には、火災、落雷、爆発等しか補償されないタイプの
火災保険を選択すれば良く、全く方法が無いわけではありません。

      ***********************************************

「逆選択」に限らず、保険には独特の考え方があります。

そして、独特の考えに基づいて運用されているため、
自分にあった保険の設定をするには
火災保険の対象をどうするか、ということひとつをとっても
注意する点があるわけです。

(法人コンサルティング部 小鳥秀明)

>>> お問い合わせはこちら

2009年09月02日

トラックの特性(1)

今月から3回連続で、乗用車を運転するドライバーが
事故を防止するために知っておくべき「トラックの特徴」について解説します。


 ◆左折時に右にふくらむ

 ◆右折時に車体後部が振れる

 ◆右折完了までに時間がかかる

◎安心My.com 今月のワンポイント - 日本興亜損保

>>> お問い合わせはこちら

2009年09月08日

FAXニュース --高額医療・高額介護合算制度--

平成20年4月から高額医療・高額介護合算制度がスタートし、
初回の申請受付が本年8月からはじまりました。
医療保険と介護保険の両方に自己負担がある場合、
負担の軽減を目的としたものです。

1.そもそもどのようなもの?
2.どれぐらい負担が軽減されるの?
3.実際の申請はどうする? 

FAXニュース2009年9月号 --高額医療・高額介護合算制度--

>>> お問い合わせはこちら

生命保険は比較検討が大事

「コストを削減したい。保険料を軽減できないか?」
経費節減のため、個人・法人に関わらず、
安い保険料で加入できる保険会社を求めるお客様が増えています。

ご存じの通り、生命保険では申込みの際に
健康状態を診査する手続きがあります。

その際、おタバコを吸われない方や、
各保険会社で規定されている基準をクリアされた健康度が高い方は、
より安い保険料で加入することができる場合があります。

このような安い保険料率を「健康体料率」とか「優良体料率」と呼んでいます。

健康度が高い基準としては、
血圧やBMI、尿検査数値等が、保険会社が定める基準内であること、
過去において健康状態が良好であること等、
複数の健康基準を満たせば”健康体料=割引”が適用になります。

      ***********************************************

全ての保険会社がこのような料率を用意している訳ではないので、
複数の保険会社を確認してみるとよいでしょう。

また、各社このように保険料を安くする工夫がなされているのですが、
同じ健康体料率であっても、保険会社によって
その合格基準にバラツキがあります。

例えば血圧。
Aという保険会社は最高血圧が150未満であることが
健康体料率を満たす基準としている一方で、
Bという保険会社では最高血圧が140未満であることを
基準にしている、と言ったように異なってきます。

では、基準のゆるい保険会社が契約者にとって有利か、
と言えばそういう訳ではなく、そもそも基準のゆるい会社は
保険料を比較するとやや高い傾向があったりします。

各社「健康体料率」とか「優良体料率」とか
同じような言葉を用いていますが、
そもそもその基準と保険料が違うので、要注意です。

同じ保険会社でも、性別・年齢等の条件によって
保険料率が異なる場合があります。

やっぱり、比較検討が大事なんだなと思います。


◎保険Q&A 
 ~いろんな名前の保険があるけど、そんなに違うものなの?~

◎保険を整理するということ

◎法人契約の生命保険における保険料節約術


(法人コンサルティング部 吉田孝史)

>>> お問い合わせはこちら

2009年09月09日

さらに延びた!日本人の平均寿命

■3年連続で過去最高更新 女性は24年連続世界一

日本人の平均寿命が、さらに延び、3年連続で過去最高を更新しました。
厚生労働省「平成20年簡易生命表」によると、男性の平均寿命は「79.29歳」、
女性が「86.05歳」で、前年をそれぞれ0.10歳、0.06歳上回りました。
女性は24年連続長寿世界一、男性は前年より一つ順位を下げ、
アイスランド、香港、スイスに次いで4位となっています。

続きはこちら⇒
◎保険情報ペーパー「ウィズ・ユー」 - 日本興亜損保

>>> お問い合わせはこちら

2009年09月15日

合言葉はムームーゴ

保険毎日新聞掲載のアンケート「自動車保険意識調査」(全12問)の
回答分析(全9621件)のうち、興味深いものを数問取上げてみました。

『あなたはどのようなジャッジになりますか?』

1.お車を運転される方の年齢によって、
  保険料がお安くなるケースがあることをご存知ですか?
   ・知っている:89%
   ・知らない:11%

2.運転される方をご家族・ご夫婦・ご本人などに限定する事により
  保険料が変わることをご存知ですか?
   ・知っている:89%
   ・知らない:11%

 ⇒運転者を限定する事や年齢条件を設定する事で、
  保険料のコストセーブを検討していない人が10人に一人は
  いらっしゃるようです。あなたは大丈夫ですか?


3.3台以上車を持っていると、
  保険料が安くなることをご存知ですか(ミニフリート)?
   ・知っている:23%
   ・知らない:77%

 ⇒都内近郊にお住まいの方でお車を何台もご所有の方は
  なかなかいらっしゃらないと思いますが、
  お子様の車やバイク(原付も可)などを合計して3台以上ご所有の方は、
  この恩恵を授かる事が出来ます。
  該当される方は、何はともあれ担当の損保マンに今すぐお電話を!


4.相手方に100%責任がある場合、
  自分の保険会社は示談交渉が出来ないことをご存知ですか?
   ・知っている:24%
   ・知らない:75%
   ・回答なし:1%

 ⇒4人に三人の方は、過失割合「10対0」を主張しても、
  保険会社が間に入ってくれるものだと思っています。
  過失割合が「0」というのは、喜ばしい事ではあるものの、
  いざという時にご自身での示談交渉はちょっと・・・という方が
  多いのではないでしょうか。
  私共はそんな時、的確なアドバイスをさせていただいております。
  あなたにはそんな時、頼れる方がいますか?


5.保険会社を変更しても「等級」は変わらない
  (同じ等級になる)ことをご存知ですか?
   ・知っている:63%
   ・知らない:37%
   ・回答なし:1%

 ⇒「お付き合い」と称して、中々他社への見直しを躊躇されている方・・・
  等級継承の認識不足もあるのではないでしょうか?
  複数の保険会社の内容やコストの比較検討は今や必須です。


6.現在、契約している自動車保険はベスト(自分に合っている)だと
  思いますか?
   ・ベストと思う:36%
   ・問題ないと思う(少し不安):41%
   ・評価できない(分からない):22%
   ・回答なし:2%

 ⇒4人に一人の方は、納得(理解)されていない
  といったデータが読み取れます。
  経費削減のためにも、ムリ・ムラ・ムダの排除は大切です。
  家族構成や使い勝手等々をしっかりとした分析した上での
  納得のいく説明を受けることが必要です。


7.ご自身の自動車保険の契約と補償内容について、
  どのようにお決めになりましたか?
   ・代理店に任せている:27%
   ・代理店主導で決めた:23%
   ・自分主導で決めた:30%
   ・自分で決めた:17%
   ・回答なし:3%

 ⇒ご自身主導が必ずしも正解かどうかは別として、
  代理店主導が50%を占めていることは事実です。
  信頼関係があってお任せにしていらっしゃる方も、
  補償内容が複雑多岐にに渡るものなだけに、
  ただ単に「前年同条件で更新」されるのだけはご注意ください。

      ***********************************************

数ある保険の中でも自動車保険は身近なものといえるのに、
このアンケート結果から、勘違いや認識不足が多い事が伺えます。

上記以外でも、免許証の色によって割引があることや、
車両保険には当て逃げや自爆事故時には対応不可能な「限定タイプ」が
あることなどをご存じない方もいらっしゃいます。

巷には無保険車(任意保険)が30%はいるのではないかと言われています。
様々な特約や割引も大事ですが、自動車保険の「基本部分」を
今一度チェックして下さい。

合言葉は⇒無・無・5(ムームーゴ)
・対人:無制限
・対物:無制限
・人身傷害:5,000万円(3,000万円以上は必須)

◎保険Q&A - Q.人身傷害と搭乗者傷害の違いは?

いまだに対人対物の補償限度額が1,000万円や2,000万円といった方を
お見受けしますが、非常に危険です。
賠償金額が補償限度額を超えた場合、その分の賠償金額が自己負担に
なるだけでなく、保険会社は補償限度額の範囲内しか補償して
くれませんから、示談交渉もご自身で行う必要が出てくるのです。

これを機に、ご契約の自動車保険証券に目を通してしてみては如何ですか。
秋の大型連休(シルバーウィーク)にお出かけの前に、
是非チェックしてみて下さい


(ライフコンサルティング部 田村哲也)

>>> お問い合わせはこちら

2009年09月29日

火災保険-どこまで補償されたいか

今回は、住宅の火災保険の補償についてお伝えします。

まず、ひとくくりに"住宅の火災保険"と言っても、
実際に補償される範囲は、お客様自らが選べる時代となっております。

一般に現在の住宅用の火災保険では、
下記の10項目の補償が挙げられます。

 1.火災
 2.落雷
 3.破裂・爆発
 4.風災・ひょう災・雪災
 5.水災
 6.盗難・盗難によるき損、汚損
 7.給排水設備の事故等による水ぬれ
 8.建物外部からの物体の飛来・落下・衝突
 9.騒じょう・労働争議に伴う暴力・破壊行為
 10.不測かつ突発的な事故による損害

金融の自由化(平成8年)前に加入された火災保険は、
どちらの保険会社で加入されたとしても、
原則、1~9までの補償タイプの火災保険(総合保険)と
1~4までの補償タイプの火災保険との、
どちらかに分けられます。

(銀行で住宅ローンを組んだときに
長期一括払で保険料を払って加入したままの方は、
この機会に一度補償内容をご確認されてみてはどうでしょう)。

10の事故というのは、例えば、
お子さんが遊んでいる時にミニカーを投げて
リビングのドアを破損してしまった場合や、
お掃除の最中、たまたま掃除機がテレビに当たって
壊してしまった場合などの突発的な事故にあたります。

この補償が金融の自由化以後新たに登場した補償で、
ここまで補償されるものを
"オールリスクタイプの火災保険"と呼びます。

      ***********************************************

保険は幅広く補償される方が良いに決まっていますが、
補償が広ければそれなりにコストもかかるものです。

そこで、一部の保険会社では最近、1~3の事故のときのみ
補償するという割安な火災保険も出てきております。

事故時の経済的損失が明らかに甚大なときだけ補償をしてもらい、
その分コストを抑えたいというニーズに応えて登場したものです。

しかし、今は余裕がないので割安な保険で十分とおっしゃる方でも、
よくよくお話を伺いますと、やはり安心のために、
もう少し余裕ができたら、より補償範囲の広い保険に変えたい、
とおっしゃる方がいらっしゃいます。

そのようなとき私は、
「火災保険は、住宅購入時などにローンの年数分一括でご契約、
という形が一般的(長い年数分を一括で払うと保険料がその分
割安になる、最長36年まで)ですが、
途中で解約しても一定額は解約返れい金が戻りますので、
余裕ができましたら解約して入り直すという方法もありますよ」
というご提案させていただいております。


<参考保険料>
(※2009年8月現在 株式会社損害保険ジャパンの新家庭保険で計算の場合)

試算条件 東京都、C構造、保険金額(建物2000万円)、一括払の場合

 保険期間 1年 ⇒  30,800円

 保険期間36年 ⇒ 754,000円
(1年あたりの保険料 約20,950円)

※試算条件(構造や割引)により保険料が変わることがございます。
(2009.08.27 SJ09-02734)

このご案内は概要のご説明です。
詳しい内容につきましてはこちら↓までお問い合わせください。
 お問い合わせフォーム
 フリーダイヤル 0120-7109-32


◎Q.火災保険の保険金額はどのくらいに設定すればいいですか?


◎保険料のムダ! 火災保険の「超過保険」はこうして起こる


(ライフコンサルティング部 澤田行章)

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク