中小企業のお客様へ

« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月01日

クレジットカードの海外旅行保険

年末年始を控え、海外旅行をご検討の方も多くいらっしゃるこ
とと思います。

海外旅行に行かれたり海外出張されたりする方にとって、海外
旅行保険が自動付帯されているクレジットカードを持っている
と便利ですね。

しかしクレジットカードに海外旅行保険がついているからとい
ってもその補償の可否や幅はいろいろのようです。

一般的にクレジットカード付帯の海外旅行保険は補償額が低く
設定されているものも多くあるようです。

旅行先によっては治療費が高額になるケース、また海や山での
事故などで救援や搬送などの費用が高額になるケースもありま
す。

病気やケガの治療費用の補償が少ない場合、救援や搬送が必要
な際の救援者費用の補償が少ない場合には注意が必要です。

さらにクレジットカードの海外旅行保険については補償額だけ
でなく各種のサービスも事前に調べておくとよいでしょう。

・日本語でのサポートがあるか
・治療費を立替払いしてくれるか
・病院を探してくれるサービスがついているか 
併せて保険会社の海外旅行保険に付帯される各種サービスがつ
いてくるかどうかも重要です。

また旅行代金をカードで決済しないと海外旅行保険の適用とな
らないなど条件がついているクレジットカードもあるようです。

最近ではクレジットカード付帯の海外旅行保険もある程度の補
償があるものが多いようですが、いずれにしても出発前にクレ
ジットカードの海外旅行保険の補償額やサービス等についてき
ちんと調べ、必要であれば保険会社の海外旅行保険にも上乗せ
で加入される事を検討された方が良いでしょう。

「商品・補償内容は、引受保険会社によって異なります。詳細は代理店までお問い合わせください」


(トータルコンサルティング部)

>>> お問い合わせはこちら

時の話題「たぬきはイクメン」

昔話によく登場する「たぬき」。実際に目にした記憶より、昔話のイメージが強いの
ではないかと思いますが。

●昔話では?
童謡にある「しょうじょ寺の狸ばやし」は、和尚さんが寝付いた頃に腹づつみを打って騒ぐた
ぬきの話です。和尚さんが腹づつみを練習して倒れてしまった時には介抱するやさしい姿、
和尚さんが上手になった満月の夜には一緒に朝まで腹づつみを打って楽しむ愉快なたぬき
の姿が描かれています。

続きはこちら⇒
◎新鮮!情報便-東京海上日動

>>> お問い合わせはこちら

2010年12月14日

自動車保険のロードサービス

旅行先や外出先で車が故障してしまい、走行できなくなって
しまったという経験はございませんか?

そのような時にお役にたてるのがロードアシストサービス
(名称は保険会社によって違います)で、自動車保険に加入
するとこのサービスが付帯されています。

主な内容としては次のようなものがあります。

○車が事故・故障により走行不能となった場合に、現場から修
理工場まで、レッカーで搬送してくれるレッカー搬送サービス

○故障や車両トラブルにより走行不能となった場合の緊急故障
修理サービス
(カギ開けやスペアタイアの交換、バッテリーあがり対応)

○外出先でガス欠となった場合にガソリンをお届け

○故障や困ったときに相談できる電話故障相談

これらのサービスは保険会社によって内容には差があります。
例えば、レッカー搬送距離が30Kmのところもあれば50Km
まで無料だったり、金額にして10万円まで(換算距離にする
と100Km)補償するという会社もあります。

電話故障相談サービスについては行っている会社、行っていな
い会社などあります。

内容に差はありますが、このようなサービスが付帯されている
事は頭に置いていただき、連絡先を控えておくとよいでしょう。

また、使用したとしても翌年の保険料が上がってしまうという
事はありません。

その他、事故・故障時における補償として特約での付帯となり
ますが、事故・故障によって車が自力走行不能になり、出先で
の宿泊費や帰宅費用・移動費用などを補償してくれるものもあ
ります。

宿泊費用も1名1万円が限度の保険会社や、1.5万円が限度の保
険会社など、若干差があります。

また、予約していたホテル宿泊、コンサート等のサービスの提
供を受けられなくなった場合に、払戻しを受けられなかったチ
ケット代のキャンセル費用を補償するものもあります。

これらは、割増料金にて特約を付帯するものとなりますが、サ
ービスを重視して選ぶならば保険代理店に相談して、車の利用
法に応じながら検討される事をお勧めします。

「商品・補償内容は、引受保険会社によって異なります。詳細は代理店までお問い合わせください」


(トータルコンサルティング部 森谷和博)

>>> お問い合わせはこちら

カーナビ盗難対策のポイント

カーナビの利用者は年々増加傾向にありますが、それに伴いカーナビの盗難も
多発しています。
部品ねらいの被害におけるカーナビ盗難件数は増加しており、
部品ねらい全体に占める割合も拡大しています。

今回は、社団法人日本損害保険協会調査の「2009年度自動車
盗難事故実態調査」(調査期間2009年11月1日~11月30日)より、
車上ねらいについて一部抜粋します。

続きはこちら⇒
◎通信宝箱-三井住友海上

>>> お問い合わせはこちら

2010年12月21日

火災保険の上手な加入の方法

ここ最近では各保険会社が火災保険を毎年改定したり、新
しい火災保険を発売したりしています。

多くの皆様が火災保険を1年契約で加入されておりますが、
継続の際にきちんと見直しをしないまま更新されているケ
ースを見かけます。

最近の火災保険ではきちんと見直しニーズに合った補償を
選ぶことで、今まで加入していた火災保険よりも補償の幅
が広くなりさらに保険料が安くなったというお客様もいら
っしゃいます。

そこで、今回は必要な補償だけ加入することにより保険料
を節約することができる火災保険の加入方法をご紹介いた
します。

従来の火災保険では複数の補償がパッケージ化されており、
お客様によっては必要のない補償まで含まれていることが
ありました。

例えばマンションの5階に住んでいる方で床上浸水などの
被害をも補償する水災害補償が含まれておりました。

新しい火災保険では水災を外すことができ、この補償部分
の保険料が大きく下がるケースもございます。

最新の火災保険では、必要な補償だけをお選びいただくこ
とでより合理的に加入することができます。

例をご紹介させていただくと…
(1) 火災・落雷・破裂・爆発
(2) 風災・ひょう災・雪災
(3) 水災
(4) 物体の落下・水ぬれ・騒擾等
(5) 盗難
(6) 不測かつ突発的な事故
(7) 地震保険
(8) 諸費用
(9) その他特約等

(1)は必ず付帯しなければなりませんが、(2)~(9)は自由に
お選びいただけます。

極端な例を挙げると①の「火災・落雷・破裂・爆発のみ」
でも加入することができます。

このように必要な補償だけお選びいただくことによって保
険料も抑える事が可能になります。

各保険会社で火災保険が大きく変化してきている中、定期
的に見直しをして自分に合った火災保険選びをする事が大
切です。

「商品・補償内容は、引受保険会社によって異なります。詳細は代理店までお問い合わせください」


(トータルコンサルティング部)

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク