中小企業のお客様へ

« 時の話題「東日本大震災で活躍したマイクロブログTwitter」 | ニューストップ | 事故多発!?交差点の注意ポイント »

8月15日終戦記念日 ~日本人の強きDNA~

2011年8月15日、終戦から66年目を迎えました。

本日の保険情報サービスの朝礼では、一枚の写真が紹介されました。

終戦直後の日本で、『強い意志を秘めた眼』をした少年が唇を噛みしめて
直立している。そこには息絶えた幼子を背負って…。

それは『焼き場に立った少年』というタイトルの写真です。
o0480063911417819212.jpg
『出典:朝日新聞創刊120周年記念写真展』
『撮影:ジョー・オダネル氏』

戦後、私たちは、東日本大震災を経験しました。
そして、被災地では今でも復興作業にあたっている人がいます。

昔の日本人には戦後の苦難を乗り越えたDNAがある。
今の日本人にも震災を乗り越えられるDNAが受け継がれている。

戦争や震災を教訓に、自分達の身も心も引き締め、足場をしっかりと固めていきたい、
皆様にお役に立つ保険情報サービスとして強く意識しました。

≪『焼き場に立つ少年』のついて≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

『焼き場に立つ少年』のついて、かの有名な『包帯パンツ』や『甲冑パンツ』を
世に送り出した、ログイン株式会社 野木志郎様もブログにて取り上げております。

『件名:涙が止まりませんでした。
   ネットサーフィンで見つけた太平洋戦争の一枚の写真』「包帯パンツ物語」

(日本を元気にする会社Rogin代表 野木志郎様のブログより抜粋…)
「驚愕しました。寝ている兄弟を背負っている男の子だと思っていたのに、
それは死んだ兄弟だったんです…」

続きは⇒http://ameblo.jp/hohtai-pantsu/entry-10986423354.html


>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク