中小企業のお客様へ

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月 アーカイブ

2011年11月01日

11月の安心かわら版

●「東洋のガラパゴス~小笠原諸島が世界自然遺産に登録」

 小笠原諸島が世界自然遺産に決定した理由は、「東洋のガラパゴス」と言われて
 いるように、他地域にみられない固有種の多さなどが評価されたようです。

●「スパイスの世界」

 「スパイス=辛いもの」と思いがちですが、世界で数多く使われている
 スパイスのうち辛味を伴っているものはわずか。「スパイス=香り」なのです。

続きはこちら⇒三井住友海上
http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/M201109290179.pdf
M201109290179.jpg

>>> お問い合わせはこちら

10年で2倍の要介護認定!介護費用はどうする!?

こんにちは、保険情報サービスの森谷です。

先日、思わず涙してしまった『介護』にまつわる動画を目にしました。
アクセス数は74万を超え、大きな反響を呼んだ事件。

皆様にお伝えしたい話でしたのでご紹介いたします。
5分ほどの動画ですのでご覧ください。

▼▼▼アクセス74万件! 温情判決≪介護のはなし≫(YouTube) ▼▼▼
http://www.youtube.com/watch?v=QLjXRMoM7Ec (5:39)

少子高齢化や核家族化が進み、介護する家族にとっては経済的にも精神的にも
大きな負担となっています。

一方で介護問題はまだまだ他人事と思われている方も多いのではないでしょ
うか?

≪10年で2倍の要介護認定…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

介護保険制度がスタートして10年。

実は要介護と認定されている方は当初の約218万人から約512万人と増え続けて
いて、その数は2倍以上となっています。

介護が必要になったら、家族の肉体面や精神面などで負担になるでしょう。

在宅介護は施設での介護よりも費用が少なくて済みますが、肉体・精神的な
負担の大きさから、家族が『介護うつ』になってしまうケースもあります。

できれば「施設を利用した介護」がいいのでは?ということにもなりそうで
すが、一方で経済的な負担が家族にかかります。

公的介護保険では本人の負担が1割ですが、施設介護では居住費や食費も
利用者が負担しなければなりません。

▼▼▼ 実際にかかる介護費用はどれくらい? ▼▼▼
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/nursing/10.html
(生命保険文化センターHPより)

参考までに実際に支払った自己負担分の介護費用として、
「初期費用など一時的にかかった費用の合計」が平均で86.2万円。
「月額費用」が平均7.3万円という結果が出てます。
<生命保険文化センター 生命保険に関する全国実態調査/平成21年度より>

これらの費用を一つの目安として、どのように備えていくかを検討してみる
のも良いかと思います。

現在は4人に1人が65歳以上の高齢者ですが、近い将来3人に1人が高齢者という
状況になり、介護は他人事ではなく、どこの家庭でも起こりうる問題となるこ
とも想定されます。

このような介護に対する資金面の備えが生命保険会社の『介護保険』です。

≪子供に負担をかけたくない!≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

生命保険会社の介護保険は、認知症や寝たきりになった時の介護費用の負担に
備える保険です。

また、公的介護保険による『サービスの提供』とは違って『保険金(現金)』を
受け取ることが出来るのです。

そのため、公的介護保険では受けられない介護サービスを受けるために使ったり、
家族が介護に専念するために仕事を辞めるなどした場合には、その収入減を補う
面で使ったりできます。

今まで介護保険に関するご相談を受けた際には下記の理由でご検討される方が
少なくありませんでした。

「周りに金銭的な迷惑をかけたくない」
「子供に(精神的・肉体的な)負担をかけたくない」
「自分が働けるうちに介護費用を用意しておきたい」

介護状態となってからは、色々なサービスを利用したり、自宅をバリアフリーに
改築するなどして、ご家族の方が費用を負担するケースも増えています。

家族が介護する時の経済的負担を軽減することで、精神的負担をも少しでも軽く
していただく意味でも生命保険などをご検討してみてはいかがでしょうか。

▼▼▼ 公的介護保険と生命保険会社の介護保険の違いは? ▼▼▼
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/nursing_security/nursing_security_q8.html
(生命保険文化センターHPより)


≪保険会社によって異なる介護保険支払基準≫~~・~~・~~・~~・~~・

生命保険会社の介護保険は、保険会社ごとに特徴があります。

例えば・・・
1.要介護認定の区分の違いにより異なる支払基準
2.保険期間が 定期型・終身型
3.保険金が  一時払・年金払 など

要介護認定をに連動したり、認定がなくても保険会社の所定の要件を満たすことで
保険金を受け取れる保険会社があります。

保険金の支払われ方・保険料・解約返戻金・保険金の支払条件なども含めて、
介護保険も比較検討をして自分に合った保険を選んでいただきたいと思います。

自らの介護で子供や家族に負担をかけさせないためには、総合的に且つ比較検討の上
アドバイスができる代理店とじっくり相談される事をお勧めします。

(トータルコンサルティング部 森谷知博)

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2011年11月09日

運転中、落とした携帯を拾い画面を見ていた!

つい先日の9月末日、京都府内の国道で中型トラックがセンターラインを越え、
対向してきた乗用車と正面衝突….

人間の脳構造は一つのことに集中すると注意がおろそかになります。

続きはこちら⇒あいおいニッセイ同和損保
http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/aioi111024.pdf
aioi111024.jpg

>>> お問い合わせはこちら

企業も後押し!『働く女性のための保険』プランニング

こんにちは保険情報サービスの高橋です。

女性が様々な場面で活躍する今の時代、ライフスタイルの変化により、
夫とともに家計を支えるケースも増えてきました。

「女性にお勧めの保険ってどんなものがありますか?」
「高額な保障は必要ないと思うけど、どんな保障が必要かわからない…」

ご相談いただく内容としては、医療保険、女性専用の保険、ガン保険、年金保険…
女性のお客様が気にするキーワードは多種多様です。

企業も女性の保険プランを後押しする時代。

最近では、企業も女性従業員を対象とした社内セミナーを開催することも
多くなってきました。

そこで今回は『働く女性のための保険』についてご紹介します。
また、働く女性のみならず、ご夫婦で家計を支え合っているご主人様も
ご一読いただければと思います。

≪夫の保障額。妻の保障額は?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

必要保障額は、万が一のことが起こった場合に、貯金や遺族年金などの公的保障を
差し引いた額で計算されます。

もちろん、この必要保障額は家庭ごとに、夫の年齢や家族構成などで変わってきます。

最近は、妻も正社員として働き家計を夫と同等に支えている方が増えてきました。

しかし、ご相談されてきたお客様の保険証券を拝見すると、夫の保障はしっかりと
準備されていても、妻の保障は準備されていない方も多く見られました。

≪住宅ローンに要注意!!≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

家計を支え合っているご夫婦の場合、2人で住宅ローンを返済していくと
いったことがあります。

よくあるのが「夫が住宅ローンを組んでいるけど、夫婦で返済していく」という
ケース。

夫に万が一のことが起こった場合には、団体信用生命保険に加入しているので、
残りのローンはなくなります。

しかし、妻が病気などで長期間入院したり、万が一のことが起こった場合は、
残った家族の家事負担が増えるだけでなく、収入が減少して一家のライフプランにも
大きな影響を与えてしまうでしょう。

場合によっては、残った夫は住宅ローンを返済できないかもしれません。

▼▼▼ 団体信用生命保険について知りたい ▼▼▼
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/house/9.html
(生命保険文化センター HPより)

≪想い描いた未来のために≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

働き盛りの30代から40代の女性でも、事故や病気などのリスクはありますが、
特に乳癌は怖いものです。
現在、約16人に1人の女性が乳がんを経験すると言われています。

▼▼▼ 乳がんについて ▼▼▼
http://www.j-posh.com/nyugan00.html
(日本乳がんピンクリボン運動 HP)

このようなことから、共働きで女性も生計を担っている場合は、医療保険や
生命保険も夫と同等に加入することが望ましいと言えるでしょう。

万が一の際の収入減をカバーする保険として、収入保障保険があります。

例えば、35歳女性が加入すると、60歳までの保険期間で毎月2,000円前後の
保険料(掛け金)で毎月10万円の保障が手に出来ます。

また、タバコを吸わない方は、保険料の割引が適用される保険会社もあります。

▼▼▼ 女性の収入保障保険イメージ ▼▼▼
http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/woman.age35.shuunyuuhoshouii.pdf

特に共働き女性は、妊娠や夫の転勤などをきっかけに専業主婦やパート勤務に
変わることも考えられるので、将来的に保険の見直すことも視野に入れて保険を
選んだり、保険料の負担をなるべく抑えた保険にするほうがいいかも知れませんね。

生命保険はそれぞれの家庭に合ったものに入らなければ意味がありません。

中でも、一部の保険会社が取り扱う妊娠初期でも加入出来る医療保険があったりと、
保険会社によって色々な特色を出してきています。

『自分に合った保険選び』。
そんな時、複数の保険会社が乗り合っている保険代理店に相談してみると
良いでしょう

(トータルコンサルティング部 高橋ともみ)
------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2011年11月15日

左を制する者は世界を制す!!~新たな気づき~

11月12日【葛飾区倫理法人会経営者イブニングセミナー】に参加してきました。

セミナーの講師は大畑哲郎さん、33歳の元プロ格闘家。
⇒ http://profile.ameba.jp/teampresident/

「武士道に学ぶ、無敵なコミュニケーション術」というお題であり、
わずか45分の講演でしたが、新たな気付きやパワーを沢山もらえた
貴重な土曜の夜となった。

◆武士道の三原則は「判断・決断・行動」である。

 弊社の代表が日頃、声にしていることと重なる。
 的確な判断、早い決断、すぐ行動は習慣化することで身につけることが出来る。
 
◆左を制する者は世界を制す。

 コミュニケーションに大切なこととして、相手との距離感とおっしゃっていた。

 そこで「左を制する者は世界を制す」という言葉に出くわす。印象深い話だった。
 (男性なら一度は耳にしているであろう、ボクシングの格言だ。)
 ジャブで相手との距離感や間を計り、徐々にダメージを与えたりスタミナを奪った
 上で、ズバッと右で仕留める!! 
 1・2・3も1・2・3・4といったコンビネーションも必ず左からだ。
 何だか頷ける。

 営業や社内や家族間といった、ありとあらゆるコミュニケーションの場面で通ずる
 ものがあると氏は言う。

 真正面では対峙せず、物理的にも感覚的にも、ボクシングのそれと同じように、
 やや半身で構えるのだそうだ。相手の衝撃を和らげて受け止めて、一呼吸おく事も
 大切だと説く。

◆「義」の精神
 
 非常に腹が立った時も、公の場ならば騒がずわめかず、氏が大切にしている『義』の
 部分も、グッと堪えてやり過ごすことも武士道に通ずるとおっしゃっていた。
 
 ある日、ポイ捨てタバコが自分の足に当たり、そのままやり過ごそうとした相手に
 怒り心頭。怒りのあまり立ち止まらせて注意をしようとしたが、しかし、公共の場で
 騒ぎ立てるのは『義』の精神に反する。
 
 そんな時、切腹したポーズを自分に意識させ、嫌な感情を腹から出して、
 その場に置いていく。
 そして平常心に戻るのだと笑顔で述べられていた。まさに圧巻!!

◆武士道の奥義

 最後にこんなまとめをされていました。
 私が今、大切にしている武士道の奥義!! それは「挨拶です」と。

 例えば、すれ違いざまに朝の挨拶をする際も、一度(軽く)立ち止まって相手の顔を
 見て「おはよう」と大きな声で発するそうだ。
 
 いわば「大きなあいさつは場の空気を制する」

 大企業の新人研修や会議などでも、『大きな声で挨拶できるか否か』で伸びる人材か
 そうでないかの目安がつくといった話も、別の場所で聞いたことがある。
 
 これは効果抜群との事。早速やってみようと思う。
 セミナーに参加すると必ずいい話が聞ける。そう実感した土曜の夜だった。

(ライフコンサルティング部 田村哲也)

>>> お問い合わせはこちら

2011年11月22日

理想の有名人夫婦:三浦友和さんと百恵さんが6年連続1位

本日、11月22日は「いい夫婦の日」の日です。

明治安田生命保険が20~50代の既婚者を対象に実施したアンケートによると、
「理想の有名人夫婦」は三浦友和さんと山口百恵さん夫妻が6年連続の1位でした。

理由は「堅実で信頼しあっていそう」などが多く、特に40代~50代の
男性から支持されました。

三浦友和さん今でも活躍中の俳優で、山口百恵さんは70年代を代表する
伝説的なアイドルですね。
ちなみに、二人の息子も芸能界で活躍しています。

また20代~30代の女性から支持を集めたのが2位の佐々木健介さんと北斗晶さん
夫妻。
「仲良く子育てをしている」など、夫が育児に積極的な「イクメン」のイメージが
決め手になったようです。

ご夫婦で旅行番組やバラエティー番組に出演したりと各メディアから引っ張りだこ
ですね。

私たちもこのような理想的な夫婦を目指したいものです。

出典:明治安田生命 「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/iifuufunohi11.22.pdf

>>> お問い合わせはこちら

様々な業種に関わるPL法(製造物責任法)

こんにちは、保険情報サービスの花田です。

先日、PL法に関わる賠償責任保険(PL保険)をお預かりしました。
このPL法をご存知でしょうか?

業種によっては、あまり聞き慣れない言葉かも知れませんが、
実は多くの業種にも当てはまる法律なのです。

今回はこの『PL法(製造物責任法)』についてお話ししたいと思います。

≪PL保険は必要なの!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

最近、お客様が次のような問い合わせをいただくことが増えてきました。

「取引先から新規の取引きにあたりPL保険に加入を勧められている」とか
「PL法って製造物責任でしょ?うちは製造じゃなく卸売りなんだけど
入らないとマズいのかね?」といった内容です。

この不景気で利益も下がっている時に…と思われる経営者も多いようです。
しかし実はこの保険、企業にとってはとっても大事な保険なんですね。

≪PL法(製造物責任法)って何!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

まず民法での損害賠償は
「被害を被った側が、加害者に故意・過失があったかを証明しなければならない」
となっています。

もし製造物賠償事故の被害者になったとき、その過失の証明を一般消費者が
立証していくことはとっても大きな壁となっていました。

そこでPL法(製造物責任法)が施行され、
『過失は要件とせず、製品に欠陥があった事を要件とするだけで損害賠償を請求出来る』
となったのです。

これは消費者保護の観点で作られた法律であり、立証責任は製造者側(企業)がもつ
ことになります。

≪…連帯債務って!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

「豆腐を食べた女性の方が次の日に食中毒で亡くなった」
この事例はPL法が施行される前の話になります。

結果としては製造の時点で菌が付着していたので、製造した豆腐屋の責任であり、
配送業者や小売業者には非が無いように思えます。

しかし、「製造者、配送業者、小売業者の全てが連帯して損害賠償の義務を負う」
という判決が出ています。(岐阜地裁 昭和48年判決)

★☆★☆ 食品営業者を取巻く賠償責任 ★☆★☆
⇒ http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/rm_kawaraban_hanrei07no1.pdf
(出典:株式会社インターリスク総研)

つまり商品やサービスを流通させた結果、消費者がケガをしたり、モノの損壊
の事故が生じた場合、そこに携わった事業者が責任対象者となるのです。

≪PL法への対応≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

こういった観点から見てみると、企業は大きな責任を負っているのだと痛感
させられます。様々な形で突然、損害賠償を請求されるか分かりません。

そのためのリスク対策としてPL保険で賄うようにしておくのも、
一つの手段だと思います。

このPL保険は製造業者よりも卸売り、小売業者の方が保険料が割安となっており、
また業種や売上によっても保険料が変わります。

PL保険は損害保険会社が取り扱っていますが、自動車事故のような保険会社の
示談交渉サービスはされていません。

できれば企業分野に強い損害保険代理店に任せる方が、いざというときに、
力になってくれるでしょう。

ハッと思われた方は弊社保険情報サービスに気軽にご相談ください。

保険は知らないと損をすることがたくさん!!
でも知っておくと得をすることもたくさんあります。

(トータルコンサルティング部 花田浩二)
------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

美人フリーアナウンサーが人事・労務のお悩み解決!

この数年、中小企業における人事・労務トラブルの件数が着実に増えている
ようです。

残業や解雇をはじめ、その『原因』を振り返えると、社内の縦横の関係から
日常のコミュニケーション不足と受け留める経営者も少なくありません。

例えば「就業規則や社内規定をしっかり整備しても、それでもトラブルが起き
てしまう」のは、法律的視点の予防だけでなく、コミュニケーションという
ソフト的な改善も中小企業には求められているのではないでしょうか。

仕事の時間が一日の半分以上を占め今や、中堅管理職をはじめ若手社員まで
コミュニケーション能力の向上が、人事・労務トラブルの防止、社内外への
雰囲気改善、営業力向上に役立つ場面も
多くなっています。

特に中小企業では資源としての「ヒト」にかかる比重が高く、その効果は
より高いものとなります。

保険情報サービスでは、日頃、人事・労務コンサルティングにて経営者の
ご相談に奔走しておりますが、上記の『企業におけるコミュニケーション力』を
サポートするメニューをご用意いたしました。


それは『フリーアナウンサーの三島澄恵先生』による
『ビジネス向けコミュニケーションのための話し方』講座です。

★☆★☆ 三島澄恵先生 プロフィール ☆★☆★
http://heartvoice.jp/Profile/profile.html

≪コミュニケーション講座レポート≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

4回コースの初日、まず冒頭で、自分の自己紹介を録画して
「普段の自分の話しぶり」をチェック。

みな丁寧に話しているものの、実際に自分の動画を見ると笑顔がぎこちなく、
声が通っていないのがハッキリ分かります。

そこで、三島澄恵先生から優しくアドバイス・・・

 ・笑顔
 ・口を大きく明ける
 ・遠くに向かって声を出す

この3つを意識するだけです、と。
すると話し方が大きく変貌を遂げました!

私も滑舌が悪く、今まで色々な話し方教室に行ってきましたが、
さすがにアナウンサーによる講義は一味違います!

「なぜ、話し方が重要なのか?」

それは表情・目線や姿勢・話す速度などは第一印象に大きく影響を与え、
しかも、刷り込まれた第一印象を塗り替えるのは非常に難しいのだとか!

参加者のその後の評価も
「周りの人に対して笑顔の表情と相手の話を聴く姿勢が意識できるようになった!」
「初めての顧客との面談でも相手の話を聴きながら、ゆっくりと話せるようになっ
た!」
「電話でも相手の姿がイメージでき、思いやりをもって応対できるようになった!」
などなど、効果は抜群のようです。

社内も今まで以上に明るい雰囲気で、
「笑顔が大事だよ、笑顔が」、「口は大きく開けていこう」と声を掛け合っていま
す。

≪人事・労務とコミュニケーション≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

人事・労務においては就業規則をはじめ法律的視点の見直しも大事です。
加えて、社内でのコミュニケーションもトラブル防止としては大事ですね。

このほか営業マンが顧客とのコミュニケーションに欠けていると悩みの企業。
社内の雰囲気が今日一つ盛り上がらないと感じている社長。

コミュニケーションは人事・労務コンサルティングの盲点となっている部分
でもあります。

人事・労務改善・営業、CSの一環として、このような改善を計ることによって
お客様への対応にも変化が表われます。

伝えたいことを伝え、聞きたいことは聞く営業にも直結する
『コミュニケーション講座』に取り組まれてみてはいかがでしょうか?

(門馬康介)

>>> お問い合わせはこちら

2011年11月29日

がんばらない介護5原則

●いつ終わるともわからない長い道だから…
 肩の力をぬいて介護を長続きさせる。

●チェックしてみましょう。
 介護は、介護する人自身が心も体も健康であることが大事です。
 そこで、あなた(介護する人)の食事をチェックしてみましょう。

続きはこちら⇒三井住友海上
http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/M201110200128.pdf
M201110200128_1.jpg

>>> お問い合わせはこちら

諦めていませんか!?健康に不安のある方の医療保険

こんにちは、保険情報サービスの松本です。

「自分は持病があるから保険に入れない」と思っていませんか?

先日、相談を受けたお客様は69歳で1年半前に心筋梗塞で入院手術をされ、
「保険は加入できない」とあきらめていたようです。

しかも、65歳の時には、加入していた保険が全て満期となってしまい、
全く保障がない状態でした。

確かに一般的な生命保険は加入のための診査・告知が厳しく、過去に入院をしたり
経過観察の症状があると加入を断られたり、部位不担保などの条件がついて
しまうことがあります。

特に今回のように『心筋梗塞』となると加入できない事がほとんどです。

≪引受基準緩和型の医療保険≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

そこで、みなさん『引受基準緩和型の医療保険』ってご存知ですか?

これはまさしく加入の条件を緩和させた商品です。緩和型医療保険は
現在いくつもの保険会社から発売されています。

通常、医療保険は健康状態について細かい告知が必要となりますが
引受緩和型医療保険は告知の項目が非常に少なくなっており、
加入しやすくなっています。

保険会社の定める告知条件に当てはまらなければ加入することができて、
持病が悪化しても給付の対象となるのです。

しかし、加入できない告知条件の一つに
『過去2年以内に、病気やケガで入院したこと、または手術を受けたことがある』
といったことを定められていることがあります。

なので、今回の1年半前に入院・手術した場合ですと加入は厳しいですよね。

実は、この告知条件も保険会社によって微妙に違うのです。

別の保険会社で告知項目を確認してみると、
A社は『過去2年以内に…』、B者は『過去1年以内に…』となっていました。

この場合、今回のお客様は告知に該当しないため加入することができるのです。

しかし、『引受基準緩和型の医療保険』は加入してから1年間は保険金額が半額に
なったり、一般的な医療保険よりも保険料が割高になってしまうことがあるので、
注意が必要です。

▼ 健康状態に不安がある人でも、簡単な告知のみで契約できる医療保険とは? ▼
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q9.html(生命保険文化センターHPより)

≪健康上に不安があるときの選択肢~特別条件~≫~~・~~・~~・~~・~~・

持病があったり入院したことがある場合でも、どれほど前のものなのか?
飲んでいる薬や健康状態などによって、条件付きで通常の医療保険に入れること
もあります。

引受基準緩和型の医療保険よりも、特別条件で加入する方が保険料が割安になる
傾向があるので、加入する前に条件付きの保険を検討してみるのも良いかと思います。

ところで、どのような条件がつくのでしょうか?
いくつか例があるので挙げてみます。

1.部位不担保
保険会社が指定した部位に生じた疾病の治療を目的とした入院、または手術について
保障の対象から外すことを言います。保障から外すことで保険に加入できます。

例えば、胃潰瘍の場合、胃の病気で入院・死亡したら保険金は受け取れませんが、
他の病気なら保険金が払われます。

2.給付金額削減
加入後数年以内に入院・手術した時は、給付金額が減額される事を指します。
その削減率については、保険会社ごとに規定がありますので確認が必要です。

3.特別保険料(割増保険料)
健康状態などの程度に応じて、上乗せされる保険料のことです。割増保険料と
呼ばれることもあります。

このように、健康に不安がある場合でも医療保険の選択肢はまだあるのです。
しかし、特別条件についても保険会社や商品によって基準が異なります。

自分に合った医療保険選びは、色々な保険会社の比較検討が重要になってきますが、
特別条件で加入を希望される場合は、それ以上に経験豊富なコンサルタントによる
アドバイスが重要になってくるでしょう。

保険は知らないと損をすることがたくさん!!
でも知っておくと得をすることもたくさんあります。

『保険は加入できない』とあきらめずにまずは相談してみませんか?

(トータルライフコンサルティング部 松本光弘)

------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク