中小企業のお客様へ

« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月07日

火災で生産ラインがストップしたときの保険とは?

湿気が多いとされる日本ですが、それでも冬は乾燥します。

乾燥によってもたらされるものは、必ずしも悪いことばかりではありませんが、
インフルエンザなどのウイルスの活動が活発化するのは
乾燥が大きな要因となっていますし、
保険に携わる立場からすると、最も心配なのは火災が起こりやすくなることです。

火災が起きた場合の損害を、今回は製造業に絞って考えてみたいと思います。

≪製造業の生産ラインで火災が・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

火災によって生産ラインが燃えてしまった場合、
生産ラインを構成する機械や設備そのものの損害はもちろん、
ラインを動かせなくなることで、製品・商品を製造できなくなります。

製造できないということは、当然ながら売上に影響し、
利益が上がらなくなるということにも結びついていきます。

このような時に対応する保険として、
真っ先に浮かんでくるのが火災保険ではないでしょうか。

機械や設備に火災保険がかかっていれば、
修理もしくは買い替えの全部もしくは一部に充当することができます。

しかし、一般的に火災保険だけでは、生産ラインが止まることで
落ち込んでしまう生産高、売上高、利益を補うことができません。

しかも、生産活動がストップしたからと言って、
固定費のほとんどは企業に重くのしかかるでしょう。

もしかしたら、機械や設備の修理、復旧にかかる費用よりも、
生産活動自体ができないことの売上の減少の方が大きな損害になるかもしれません。


≪売上の落ち込みを金銭的に補てん・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

こうした生産、売上の落ち込みを金銭的に補てんするのが、いわゆる利益保険です。

利益保険は、保険契約時に定めた条件によって、利益分や生産活動ができなくても
かかってしまう固定費などを、生産ラインが復旧するまでの間を限度として、
補てんする役割があります。

製造業にとっては、罹災時の損害を分析してみると、
火災保険だけでなく、利益保険も検討するに値する保険であると言えます。


≪補てんするのは、利益。そのため・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

さて、火災による損害は機械や設備の損傷という物理的なものだけではなく、
生産、売上の落ち込みによる利益の減少というものまである、
ということに触れましたが、

○経営者の思いとして・・・
 「取引先のことを考えると、たとえ火災で生産ラインが燃えても
  あらゆる方法で製品、商品を作っていかなければならない。」

このように、火災という非常時に生産の落ち込みを回避しようした場合、
普段であれば必要のない出費の可能性があります。


例えば・・・

 ・自社で手掛けられたはずの生産工程を外注に出したり・・・
 ・火災の被害を免れた別ラインを深夜にも稼働させることで、
  外注費や深夜の割増賃金が余計にかかってしまったり・・・


こうした努力が実った結果、
火災は起きたけれど生産高、売上高そのものは落ち込まなくてよかった、
と胸をなでおろされるはずです。

ですが、実はこのような場合、
利益保険で補償される分が少なくなることがあるのです。

生産、売上の落ち込みがなければ、
「生産、売上の落ち込みを契約時に定めた条件で補償する」
という部分の利益保険の機能は働かないことになってしまいます。

しかし、この「落ち込み」を回避できたのは、
火災さえなければ必要なかった費用をかけたからなのです。

そうした余計な費用を補償してくれる保険はないのでしょうか。


≪対策として・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

利益保険には、
「収益減少防止費用」という費用保険金で、このような費用の全部
もしくは一部を補償できることがあります。

また、このような費用そのものを補償する保険(営業継続費用保険)
あるいは火災保険に特約を付けるという方法もあります。

一口に火災による損害と言っても、多岐にわたるものであり、
自社の事情をよくよく分析した上で保険活用をはかりたいものです。


補償内容は、引き受け会社によって異なりますので、お問い合わせください。
https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm

(法人コンサルティング部 小鳥秀明)

---------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2012年03月13日

震災から1年を経て 「釜石の奇跡」

東日本大震災から、1年が経過します。
忘れもしない3月11日。午後2時46分。

自然災害としては、戦後最大の1万5854人の死者、
3155人は行方が分からないまま。

そして今なお、34万人が全国で避難生活を余儀なくされています。

復興計画は、5~10年で完了を想定していますが道のりは遠く、
ともすれば、目の前の生活で、意識が薄れてしまうことも・・・。

この日のことを「風化」させないよう心に刻み込みたいと思います。

私たちも地震保険の査定に全て立会い保険金お支払いに奔走しました。
今後も保険を扱う者として、起こりうるさまざまなリスクを念頭に
活動して参ります。 

◎東日本大震災に係る地震保険の支払件数、金額について
http://www.sonpo.or.jp/news/information/2012/1203_02.html


《釜石の奇跡》~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

震災から学ぶものとして、約3000人の小中学生の命を守った「釜石の奇跡
のサバイバル」を導いた防災教育の様子がテレビで紹介されていました。

私たちは通常、地震に遭ったら「火を消す」とか「机の下に隠れる」とかを
当たり前のこととして認識しているかと思います。

しかし、相手は自然です。想定外も含めて震災に遭遇した場合、
「まず自分の命は自分で守る」
「最初の第一歩の行動を躊躇しない」
「ハザードマップなど想定されたものより自分で考え最善を尽くす」など

これを繰り返し、考えさせ、訓練した結果、
釜石の小中学生の多くが命を落とすことなく助かったそうです。

インタビューに答えた児童の多くが
「当たり前のことをしただけ」
「やるべきことをやっていただけで奇跡ではない」と答えていました。

今は出来ないことでも、訓練や練習を重ねやり続けることで、
その苦労もいつの日か「当たり前にできるようになる」ことが
特に防災教育、防災訓練では大事なことと感じました。

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

最後に、みなさん、家族や社内で震災に遭遇した際の対応として、
○○公園に逃げるとか△△小学校に避難するなど「避難場所」を
確認されている方が多いかと思います。

ここではプラスして、
「○○時にどこどこの前」と決めておくことが大事だそうです。
例えば「9時に時計台の前」とか「15時にすべり台のところ」
というようにより具体的にしておいてください。

私たちは震災からの教訓を少しでも多く受けとめることで、
自らの命、家族の命、社員の命を守る備えをしていきたいものです。


◎Eテレ「シンサイミライ学校 いのちを守る特別授業」ホームページ
“釜石の奇跡”大津波を生き抜いた子供たちに学ぶ
http://www.nhk.or.jp/sonae/mirai/tokubetsu.html

>>> お問い合わせはこちら

2012年03月14日

生命保険、どこでも一緒?

先日お会いしたお客さまに
「保険なんてどこも一緒、わざわざ色々と比較すると混乱してしまう」
というお話がありました。

皆さんはどう思いますか。

保険は複雑で保険会社ごとに細かい商品が色々とあり分かりにくいですよね。

ではどうしたらいいのか。

「どの商品がいいのか」ではなく
「どのような目的」ということを考えましょう。


≪例えば・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

◆ 40歳経営者のケース ◆

・もし自分に万一のことがあったら、
 銀行からの借り入れや残された社員・家族のことなど考えると
 1億円は必要、だが出来るだけ掛け金は押さえたい

解約返戻金などの貯蓄性はなく
出来るだけ掛け金を安くするよう比較が必要ですよね。

当社で取扱いのある保険会社で保険期間10年の1億円の定期保険を比べてみました。


  保険料が一番安いA社・・・年間保険料 190,700円
       ・
       ・
       ・
  保険料が一番高いB社・・・年間保険料 450,700円


この違いはなんでしょう。

例えば、配当金の有無・解約返戻金の有無・喫煙の有無などいろいろとありますが、
本来の目的である「1億円を出来るだけ安く」と考えたとき、
保険料が一番高いB社としか付き合いがなかったとしたら、
A社と比べると10年間で260万円も多く支払をしなければいけません。

皆さんの保険は目的を明確にし、それに合った比較検討をしていますか。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

ここでは、経営者のケースを例にして見ていただきましたが、
他にもさまざまあります。

医療保険の特約についても保険会社によって、保障の範囲が変わってきます。

一例を挙げますと、『女性疾病特約』
この特約も保険会社によって女性特有の病気のみを保障する会社と
さらに一般的なガンまで保障する会社があります。

法人にしても個人にしても、
まずは、何のために保険加入をするのか、という目的を考え、
現在加入している保険を診断することが必要かもしれませんね。

(トータルコンサルティング部 松本光弘)

---------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2012年03月21日

"交通安全"で春の新生活スタート

入学、就職、転勤、引っ越しなど、春は多くの人が期待と不安を胸に新生活をスタートさせる、大きな節目となる季節です。通学・通勤時の電車やバスの車内がいつもより混雑していたり、いつもならスムーズに車が流れるはずの道路が渋滞していたりするのも、この時期ならではの光景ではないでしょうか。新しい生活に慣れていない人も多く、誰もが気ぜわしくしているため、交通事故の危険性も高くなります。

続きはこちら⇒
◎"交通安全"で春の新生活スタート-(日本興亜)

>>> お問い合わせはこちら

2012年03月26日

二泊三日の心筋焼灼術

48歳、年男。 

健康診断の結果に全く問題がないのが私の自慢!!・・・でした(過去形)。

そんな私は、二月の終わりから体調が優れず、
変な動悸も重なり、職場近くの循環器系クリニックへ。

そこでは、24時間(身体に貼り付ける)心電図検査を勧められました。

機器を外しに3月6日の夕方、クリニックへ。 

外して五分後。


≪先生からの衝撃の発言・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

“ 重大な状態が見受けられます。
  この部分の波形が異常な不整脈といえます。
  紹介状を書きますので、今すぐ専門の病院に行って下さい。”

そして、スーツ姿のまま即入院。

“ 特発性心室頻拍(しんしつひんぱく)です。
  心室は心臓から血液を送り出す重要な働きをしています。
  心室頻拍は心臓のポンプ機能に障害を起こす致死的な頻拍の1つです。” 

えっ!!致死的って何?? 

翌日(7日)の午後、「カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)にて、
異常興奮部位を焼灼し、当面の目的を完了」と、術後の説明を受ける・・・


≪もし・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

  もし・・・あのタイミングでクリニックに足を運んでいなければ。
  もし・・・私に限って大丈夫だろうと過信していたら。

いやいや、あの異常不整脈の晩、自然数値に戻っていなければ・・・
この原稿は書けなかった訳で。


≪教訓として≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

 ・生活習慣を整え、健康に留意する。
 ・不調を感じたら無理せず早期にお医者様へ。
 ・仲間への感謝や、働ける有り難みを心に刻む。

術後翌日(8日)の午前中に退院。あっという間の二泊三日。

 病院への支払いという直接的な経済的損失。
 家族や職場の仲間への様々な間接的負担と損失。

商売柄、リスク対策(保険加入)はしていても、
総合的な損失は、間違いなくマイナスとなることを実感。

(4日間免責という、医療保険ですと、
最早何の役にもたたない現実、皆さんの医療保険は大丈夫でしょうか??)。

健康診断や日頃の身体チェックは本当に大切です。

そして当たり前ではあるのですが、(改めて)元気なうちに、
しっかりとリスク対策(意味あるモノへの棚卸し)をしておくことの
重要性を噛み締めました。


≪働き盛りの方々へ!!≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

これからは、この教訓と体験を生かして多くの働き盛りの方々に呼び掛けていきます。          
  対岸の火事ではないですよ!! 
  二泊三日で37万円ですよ!! 
  当分のあいだ運動が出来ないんですよ!! って。

何もなく健康なのが一番。
でも、いつどうなるかわかりません。

いざという時に困らない為にも自分にあった保険を準備しておく事が必要です。

≪今回の場合で言えば・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

二泊三日。滞在時間にして36時間ほど。
掛かった費用は、37万円。

入院1日1万円ならぬ、1時間1万円・・・。

入院や手術に備える保険も
(1)入通院日数に応じて給付金が支払われる定額日額タイプ、
(2)かかった実費を精算する医療費用タイプ
等さまざまあります。

このところの医療技術の進展によって、短い入院日数に対して、
高額な手術等の費用が掛かってしまうことも少なくありません。

そこで(2)の実費補償タイプが使える保険として
注目が高くなってきました。


この(2)の実費補償タイプ。
単体の保険としては限られた保険会社が個人契約として提供しています。

一方、会社契約として役員・従業員の補償として加入できる保険会社もあり、
従業員の入院の際には役に立つ福利厚生保険です。

---------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
 取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
 ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
 をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

4月のかわら版

●お米を美味しく!
 日本の食生活に欠かせないお米。お米は腹持ちもよく、食パンに比べて
 栄養価も高い家計にやさしい主食です。

●花粉対策-セルフケア-
 花粉対策の基本は、生活習慣病の改善や、食事の見直しなどによる
 花粉症に負けない体づくりです。
 さらに、症状緩和の為の対策を万全にして、少しでも快適にこの季節を
 乗りきりましょう。

続きはこちら⇒
◎4月のかわら版-三井住友海上

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク