中小企業のお客様へ

« 2014年06月 | メイン | 2014年09月 »

2014年07月 アーカイブ

2014年07月01日

「家族」という言葉から自動車保険の年令条件を考えると

前回のメルマガでは、
自動車保険を法人・役員といった切り口で紹介させていただきました。


◎自動車保険の約款を詳しく読むと・・・~法人と役員との関係~
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2014/06/post_533.html 


今回は、個人でかける自動車保険について考えてみたいと思います。


≪個人とはいいますが・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


「個人」ということばを使いましたが、

実は、自動車保険は「家族」がひとつの単位となって、
補償の範囲や条件の設定の仕方を決めていく項目が多いものなのです。

※法人でかけるものを除きます。


ある人が自動車保険に加入すると、


   “その人の家族も補償の対象になる”

          という場合や

   “その人の家族ではないので、年令条件は適用されない”


という場合があるということです。


さらに「家族」という言葉についても、
もう少し詳しく見ていくと「同居」というキーワードが出てきます。


原則としては、

「同居の親族」ということばが自動車保険を考えるさまざまな場面で
「家族」とほぼ同じ意味になるわけですが、

夫婦の場合は単身赴任等同居していなくても家族ですし、
こどもも未婚(婚姻歴がないこと)であれば、同居していなくても
家族として考えられます。

いわゆる「別居の未婚の子」ですね。


≪ややこしいのですが・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


ただし、いささかややこしいのですが、
「別居の未婚の子」はいい意味で「家族」に含めないケースがあります。


それは「年令条件」を設定する場合です。


「年令条件」とは・・・

 例えば「21歳以上」
    「26歳以上」
    「35歳以上」

と運転する人の年令に制限を設けることで、制限を設けていない場合と比べて、
保険料(掛け金)を安くする仕組みです。


多くの保険会社では先に挙げた3通りの年令条件の中から、
実情に合わせて選ぶことができ、高い年令で条件設定する方がより安くなります。

※年令条件を設定しない「全年令」を入れると4通りです。


≪この年令条件・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


そして、この年令条件、
少し前まではすべての運転者に対して適用されるものでした。


そのため他人に運転を代わってもらう際には、

 『その人の年令を尋ねて、
  自分の自動車保険の年令条件よりも若い場合には運転させられない』

という経験をしたことのある方もいらっしゃるでしょう。


ところが今の多くの自動車保険では、
年令条件を「家族」にだけ適用するようになっています。


したがって先ほどのケースのように他人に運転を代わってもらう場合に
年令条件を気にしなくてもいいわけです。


そして「別居の未婚の子」にも年令条件が適用されないケースがほとんどです。


一人暮らしをしているお子さんが
たまに帰ってきて、家の車を運転するような場合、


昔は・・・
そのお子さんの年令に合わせて条件設定しなければなりませんでした。。


今では・・・
その必要がない場合がほとんどです。


≪注意が必要なのは・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


前回のメルマガでも触れましたが、
個人で事業を営んでいる方(個人事業主)は注意が必要です。


ご自身の事業に関係する用事(業務)で
使用人が車を運転する場合は、その使用人にも年令条件は適用されます。


家族で車を運転する人はみんな35歳以上でも、
使用人が20歳であればその年令に合わせて年令条件を設定しなければなりません。


昔ながらの自動車保険の年令条件を設定していないかどうか、
念のため今の自動車保険を確認してみてはいかがでしょうか。


※中小企業などで、
 社長や役員の個人名義の車を従業員が時々運転することがある、
 というケースは「個人事業主と使用人」のケースには該当せず、
 従業員に年令条件は適用されません。

(トータルリスクコンサルティング部 小鳥秀明)
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2014年07月08日

お客様のがんは対象外です??

ここ最近、ガン保険の相談を受ける事が多くなりました。

医療技術が向上している一方で、がんに罹る人は増えています。

テレビCMや各統計等では、
男性は2人に1人、女性は3人に1人がガンに罹るなど発表されており
お聞きになってことがあるのではないでしょうか。


◎厚生労働省 がん対策について
 http://www.mhlw.go.jp/seisaku/24.html


≪お客様のがんは対象外です??≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


例えば・・・

医師から『がん』だと告知されて、初期だから心配する必要ないよと言われても
まさか自分がガンにかかると思っている方は少ないですよね・・・


ガンになってしまった・・・

でも、
不幸中の幸い。

自分はガン保険に加入しているから治療費の心配はいらない!
と思っていませんか?


保険会社にガン保険の申請をしたところ、
ガン保険の対象にならず給付を受けられない、といった方もいらっしゃるのです。

万一のために、保険料を払い続け、
いざというときに保険金を受け取れない保険って、一体・・・


≪保険金がでないケースは?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

ガン保険が支払われないケースとして次の場合が挙げられます。

(1)保険金が支払われない種類のガンである。

   発見されたガンがそもそも保障の対象外であるケースがあります。
   新しいタイプのガン保険であれば、カバーされることも多いですが、
   『上皮内新生物』の場合は保険金が給付されない商品があります。

---------------------------------------------------------------------------
 上皮内新生物とは・・・

  上皮内がんとも呼ばれ、粘膜のような上皮内にとどまっているごく初期の
  ガンのことで、胃や皮膚などどの部位にもできる可能性があります。

---------------------------------------------------------------------------

(2)入院しないと保険金がでないタイプの保険である。

   ガンの治療を目的とした入院をしたことが、保険金支払いの条件に
   なっている商品があります。

   以前のメルマガでも紹介している通り、ガンの治療方法が進歩、
   多様化し、“ガンの治療=入院”ではなくなってきているため、
   支払方法の確認が必要ですね。


(3)告知を正しくしていなかった。

   ガンに限らず、保険加入時には、過去の病歴や現在の健康状態を
   申告する必要があります。
   加入後、告知に漏れがやミスがあった場合「告知義務違反」に
   なってしまいます。
   

(4)加入後、すぐにガンになってしまった。

   保険には、「責任開始日」といって保障が開始される日があります。
   ガン保険は多くの場合、加入後90日以内にガンが発覚しても
   保険金はおりません。

例えば、現在は健康だと思ってガン保険に加入したら、会社の健康診断で
ガンが発覚、すでに保険料を支払い始めても責任開始日前だから、
保険金がおりない、ということになります。


≪最近では・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

正しくガン保険に加入していたとしても・・・

最近は、
定期健診の精度が上がってきたこと等により、早期にガンを発見できるケースが増え、
入院せず通院による治療が増加しているようです。

入院しない通院治療だからといって治療費が安くなるわけではありません。

むしろ抗がん剤や放射線による治療を行うことになり
治療費用は増加する傾向にあります。

“保険金がおりない”ということは論外だとして、
せっかくガン保険に入っていたとしても、従来から入院日数に応じて給付される
タイプのガン保険では十分な保障を得られないケースがあります。

日々進歩している治療現場にも対応した保険でなければ、
せっかくガン保険に加入していても治療費をカバーできないのです。

私がお客様にガン保険の話をする時は必ずこの通院治療について
ご説明し対応したガン保険をおすすめしております。


≪通院対応したガン保険も種類は様々≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


ただ通院対応している保険といってもいろいろな種類のガン保険があります。


代表的なものとしては、

(1)入院を条件として入院後に通院した場合対象となる保険
(2)入院前後の通院を保障する保険


などがあげられますが、


最近は、

(3)入院の有無に関係なく通院したら日額保障される保険
(4)ガン治療にかかわる費用全体を保障する保険
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  ◎我々がお勧めするのは、入院治療費を実質自己負担
      ~10年前のがん保険、今でも通用するとは限らない。~
   http://www.medcom.jp/type-c/iis/intro.html


といった保険に注目が集まっています。


≪ガン診断一時金の活用・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

通院費用に備えて通院日数×○円という日額タイプの保険で備える事も大切です。


ですが、入院日数の短期化を踏まえると、
診断一時金という保障で通院費用に備える方法もあります。

---------------------------------------------------------------------------

ガン診断一時金とは・・・
 ガンと診断確定されたらすぐに支払いされるという保障で
  100万円、200万円という高額の保障額を設定することも可能です。

---------------------------------------------------------------------------

まとまったお金が入ってきたら通院費用に充てる事も可能です。

仕事が制限されてしまうなど、収入面での打撃を考えると、
使用用途が決まっていない一時金は何よりも経済的・精神的安心につながる
といえます。


加入された時期によっては通院治療を想定していないガン保険である場合もあります。


 □ 私の入っているガン保険の内容って・・・

 □ ガンの通院保障を検討したい・・・

 □ ガン家系だから、何か手当てをしないと・・・

 □ ガン治療にかかわる費用全体を保障してくれる保険って・・・


ガン保険に入られていない方はもちろん、少しでも気になることがありましたら、
是非早いうちに相談される事をおすすめします。


(トータルライフコンサルティング部 中村真人)
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2014年07月15日

2台以上、9台以下の車を持っている場合は・・・

複数(2台以上、9台以下)の車を持っている場合、


 「車を入れ替える」
 「車を増やす」
 「車を減らす」


このいずれかに該当する時は、
よく考えた上で保険の手続きをしなければなりません。

※10台以上の場合は定められたルールに則らなければならないので、 
 複数の選択肢の中から考えた上で選ぶということはありません。

何度かこのメールマガジンでも取り上げているテーマなのですが、
このような際の方策について改めて紹介させていただきます。


≪つい最近のこと・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


最近あった事例を紹介します。

-----------------------------------------------------------------------

9台の車を持っている会社が1台車を減らした時の事例です。

仮にこの会社をA社とします。

A社は「9台の車を持っている」と紹介しましたが、
実はA社は長らく8台の車を業務用に所有してきました。

3か月前に、それまで1台の車でがんばってきたT支店の業務量が増え、
もう1台増やすことにしたのです。

-----------------------------------------------------------------------


<個人の場合は・・・>

複数の車のうち1台が11等級以上の「割引が適用される」
自動車保険の「等級」を持っていると、「セカンドカー割引」として
7等級で保険を掛けることができます。

※本来、最初の等級は6等級。7等級の方が割引率が良い。

<法人の場合は・・・>

ところが法人の場合は、「セカンドカー割引」を使うことができないため、
6等級で保険に入らなければなりません。


もちろん、


車が1台増える時、増える車に単純に6等級を使うのではなく、
既存の車の中に、高い等級(7~20等級)で、


かつ、


(例えば軽自動車のように)元々保険があまり高くならないようなものがあれば、
新しく増やす車と既存の車を入れ替えて(新しい車に高い等級が適用される)、
既存の車に6等級をあてはめることができます。


しかし、
A社のケースでは、

残念ながらそのような方法が取れる、ちょうど良い既存の車が無かったため、
新しい車に6等級を適用することになりました。


その結果、


既存の8台の年間保険料(掛け金)が約8万円ほどなのに、
9台目の新車だけ約20万円になってしまいました。


-----------------------------------------------------------------------

A社は当面の間、

9台の自動車で営業展開していく予定でしたが、
3か月後にある地域で取引先が撤退するため、自社の営業所も
閉鎖せざるをえなくなってしまったのです。


そのため、その営業所で使っていた車を廃車(売却)することになり、
自動車保険もその分を解約することになりました。

-----------------------------------------------------------------------

その車をそのまま解約すると
3万5,000円ほどが戻ってくるのですが・・・

≪実は、もっと良い方法が・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


あるのです。


3か月前に増やした9台目の車(6等級)と廃車する車を入れ替え
(廃車する車に6等級が付きます)、

その上で解約すると、

「6等級」は「外」に出ていってしまい、
9台目の車には、「廃車する車」についていた等級(18等級でした)が
新たに付くことになるのです。


18等級というのは、6等級からスタートしてから、
ずっと無事故で12年かかって到達する等級です。


もし先に挙げたようなことを知らずに解約してしまったら、
せっかくの貴重な等級を外に出してしまうことになっていたのです。


もっとも、

18等級のまま解約する場合には、
その18等級を10年間とっておくという方法もあります。


「中断証明書」というものを発行して、

次に新しい車(入替でも可)が入ってくるときに、
18等級を使うということもできるのです。

しかし、

A社の場合もそうでしたが、次に車を新しく買う予定など
(しかも高級車と決まっている場合)がはっきりしていれば、
中断証明書を出しておく方が得策かもしれませんが、

まずはなるべく早く、「高い等級」にしておく方が、
たいていはもっともよい結果になるようです。


A社の場合、
廃車になる車をそのまま解約するよりも、入替+解約で
戻るお金も1万円ほど増えたのですが、


もっと大きかったのは、
このあとすぐに自動車保険の更新があり、

6等級であれば「約20万円」になる
「9台目の車」の保険料が「約7万円」になったことでした。


「2台以上、9台以下」の車をお持ちの方は、


 車を、  「入れ替える」
      「増やす」
      「減らす」

そのような時には、「自動車保険の変更」について、
保険代理店などの専門家に相談した上で、もっとも良い方法を選びたいものですね。


(トータルリスクコンサルティング部 小鳥秀明)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2014年07月23日

事故発生率は26人に1人!?

いよいよ、夏本番!
夏休みに家族で海外旅行!という方も多いのではないでしょうか。


旅行といえば、忘れ物は禁物。
忘れてはならないものがたくさんありますね。

  ・パスポート
 ・航空券
 ・クレジットカード
 ・現金

その他、持病のお薬などがありますよね。


そして、もう一つ。


忘れずに備えておきたいものの1つが海外旅行保険ですね。

(以前のメルマガでも取り上げていますので、
 旅行前には海外旅行保険に加入しなきゃ!というかたも多いと思いますが)


≪海外旅行保険で何に備えるの?・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


実際に海外旅行保険の請求件数が多いもの、何だかわかりますか?


第1位 治療費・救援費用

   例えば・・・

    アジア・オセアニア地域で衛生環境や気候の違いから、
   腹痛・風邪などの病気が多くなることもあります


第2位 携行品損害

   例えば・・・

    ヨーロッパ地域では、スリがより巧妙になってきています。
    乗り換えが多くスーツケースの破損が起きることもあります。


第3位 旅行事故緊急費用

   例えば・・・
 
    グアム・サイパン・中南米地域では台風などの影響による
    航空機の遅延や欠航などが起こっています。


特に、
ここ数年、海外旅行の事故発生率は増加傾向にあります。


旅行中にケガをしてしまった、
お子さんが他人の物を壊してしまった等々。


一旦トラブルが起きてしまうと、
せっかくの楽しいイベントも台無しになってしまいます。


≪補償項目って!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


この状況を踏まえて、
海外旅行保険では次のような補償項目があります。


■海外旅行保険の主な補償項目

(1)治療・救援費用

    腹痛・風邪などの疾病やケガによる治療費用や、
    3日以上入院した際に家族が現地に駆けつけるのに掛かる渡航費用、
    日本や第三国までの医療搬送費用を補償するもの


(2)携行品損害
    携行品の盗難や破損を補償するもの


(3)旅行事故緊急費用
    搭乗便の出発遅延や航空会社に預けた荷物が現地に届かないなどの
    偶然な事故を補償するもの


実際の支払いの割合からすると(1)治療・救援費用が大半を占めるそうです。
日本と海外とで医療制度が大きく異なっているのはご存知ですよね。


その影響で、多額の費用がかかってしまうケースもあります。


≪海外との医療制度の違い?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


例えば、救急車・・・

日本では無料も、
海外では有料であったり。


◎盲腸などの手術では・・・


日本では健康保険制度があるため、概ね3割負担。
さらに高額療養費が払い戻されると、自己負担が約8万円。
(年齢や年収によって異なります)となります。


一方、海外では、

 ニューヨークで約216万円。
 欧米で約100~300万円。
 アジア諸国で約50万円。

と、高額な費用を請求される場合もあるそうです。


今回の発表によると、2013年の海外旅行での事故発生率は、3.84%と、


  “なんと26人に1人”


がなんらかのトラブルに遭遇していることを示しています。

日常生活とは違い、海外だからこそ、
いざと言うときに助けが必要になることも。


海外旅行保険は、海外旅行に行かれる際には、
必須のアイテムといえるのではないでしょうか。


また、法人個人によって加入方法が異なっいたり
商品・補償内容も、引受保険会社によって異なりますので、是非ご確認ください。


また、インターネットを経由することで割安に加入することもできます。


詳細は代理店までお問い合わせください。


≪海外旅行保険に加入するには≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


▼ 法人で加入の場合 ▼

(1)個別で加入する

(2)包括で加入する
   ・海外出張が多い法人などは手続が簡素化され便利です。


▽ 個人で加入の場合 ▽

(1)個別で加入する
   ・インターネットからの加入
    …保険会社によっては、40%引きになるなど非常に割安です。
   ・代理店経由での加入

(2)カードで加入する
   ・お持ちのカードについている海外旅行時の保険ですが、
    補償が低くなるケースがあります。


法人や個人によって最適な保険選びは異なってきますので、是非ご確認ください。
せっかくの海外旅行ですから、さまざまな不安ごとは解消しておく事は必要です。


(トータルリスクコンサルティング部 森谷知博)
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2014年07月29日

熱中症の労災事故発生を未然に防ぎましょう!

梅雨が開け、
毎日暑い日が続きますね。

ニュースでも、各地も気温の話題が多く
熱中症の正しい知識をもって対策を講じていきたいものですね。


先日のメルマガでは、
“熱中症は保険で保障されるの?”をご紹介させていただきましたが、


今回は労災事故としての熱中症とその対策について紹介します。


≪職場における熱中症による死亡災害の発生状況≫~~・~~・~~・~~・


厚生労働省の発表によれば・・・


 熱中症による死亡者数の推移(平成10年~平成25年分)として、

 職場での熱中症による死亡者数は、
 平成10年以降では、平成22年の47人が最高であった。
 それ以外のとしてはおおむね20名前後の年が多いが、
 平成25年は30人となり、2番目に多かった。


◎厚生労働省
 ~平成25年「職場における熱中症による死亡災害の発生状況」を公表します~

  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000047141.html


また、


◆月別発生状況(平成22~25年)では、

 7月及び8月に全体の約9割が占め、


◆時間帯別発生状況(平成22~25年)では、

 16時台にもっとも高いピークがあり、
 11時にもピークがくる。


というのが、結果が出ています。


≪熱中症による労災事例≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

熱中症が労災と認められるのは、どのような場合でしょうか。


熱中症というと・・・

 『屋外作業での労働災害』

と思われがちですが、
屋内の作業でも熱中症による労働災害は発生しています。


労災認定された屋内作業での熱中症の事例を紹介します。


認定ケース(1)-------------------------------------------------------

社員食堂の厨房で食器洗浄作業を行っていた従業員が
気分の不良を訴えて倒れてしまった。

作業場であった厨房の冷房機能が十分でなかったことが原因とされ、
労災が認められた。


認定ケース(2)-------------------------------------------------------

朝8時から工場内で製品塗装の乾燥作業を行っていた従業員が
午後4時ごろになって気分が悪くなり医務室に運ばれた。

診察の結果、熱中症と診断され、1週間の休養が必要とされた。

この従業員の作業スペースは十分な換気・痛風が保たれているとは言えず、
室温も40度近くまで上昇していた。


≪会社が行う熱中症の予防≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


使用者には、従業員が安全に業務できるよう必要な配慮をするものとする
「安全配慮義務」が課せられています。


ところで、


厚生労働省労働基準局から都道府県労働局長へ
「平成23年の職場における熱中症予防対策の重点的な実施について」の
通達(平成23年5月31日付基安発0531第1号)が出されていますね。


これは職場において熱中症予防対策として、
以下のことを重点事項として、実施することとされています。

■建設業や建設現場に付随して行う警備業の重点実施事項

(1) 管理・監督者が頻繁に巡視を行う、朝礼等の際に
  注意喚起を行う等により、作業者に、自覚症状の有無に関わらず
  水分・塩分を定期的に摂取させること。

(2) WBGT値※について計測等を行い必要に応じ作業計画の見直し等を行うこと。

(3) 高温多湿作業場所で初めて作業する場合には、
順化期間を設ける等配慮すること。

■製造業の重点実施事項

(1) 管理・監督者が頻繁に巡視を行う、朝礼等の際に
  注意喚起を行う等により、作業者に、自覚症状の有無に関わらず
  水分・塩分を定期的に摂取させること。

(2) 熱中症予防についての労働衛生教育を繰り返し行うこと。
   また、その実践について日々の注意喚起を図ること。

(3)WBGT値について計測等を行い必要に応じ作業計画の見直し等を行うこと。

(4)作業場所又はその近隣に、涼しい休憩場所を確保すること。

※WBGT値:
労働環境において作業者が受ける暑熱環境による熱ストレスの評価を行う
簡便な指標。

暑熱環境を評価する場合には、気温に加え、湿度、風速、輻射(放射)熱を
考慮して総合的に評価する必要があり、WBGTはこれらの基本的温熱諸要素を
総合したもの。
(出典:基安発第0729001号平成17年7月29日)

会社は労働者に対して、

 ◇民法における安全配慮義務、
     
    及び

 ◇労働契約法における安全衛生配慮措置義務

を負っていますので、熱中症予防対策はしっかり実施したいところです。


これからの季節、屋内外を問わず従業員の作業環境について十分に配慮し、
職場における熱中症の労災事故発生を未然に防ぐことはもちろんのこと、


屋外、屋内で作業を伴う企業は保険を見直ししてはいかがでしょうか。

 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク