中小企業のお客様へ

« 2014年07月 | メイン | 2014年09月 »

2014年08月 アーカイブ

2014年08月05日

海外進出に備える保険

ここ最近、
日本の中小企業の海外進出が増えていると思います。


そのような企業から、

 “日本で行う事業のリスク対策と同じように
  海外での事業のリスクについても同じように対策をとれるのか?”

という質問を多くいただきます。


≪海外での事業活動リスク・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

今回は、この中小企業向けの海外での事業活動リスクを
カバーする保険についてみていきたいと思います。


例えば・・・


海外に拠点をお持ちの製造業で、

 製品の製造・・・・・A国

 組み立て・・・・・・B国

 完成した製品・・・・C国やD国で販売。

またE国に事務所を開設し
E国での販売も検討しているというようなケース。


このような場合だと、

製造から販売に至るまで複数国にまたがり、
部品や製品を輸送し、現地法人や提携先企業に預ける過程で
物が壊れたり事故が起きたりするケースが考えられますよね。


このような場合、リスクをカバーするには、
どのような手当てする必要があるのでしょうか?


≪PL?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


みなさん“PL”という言葉はよくご存じだと思います。


自社で製造、販売または供給した製品・商品などが原因で、

 ・他人にケガをさせてしまったり、
・他人の物をこわしてしまったりしたことにより

法律上の損害賠償責任を負担する際に
補償されるPL保険はご存知の方も多いと思います。


このPL保険と呼ばれる保険は、
日本国内での事故に起因して法律上の損害賠償責任を負担することに
なってしまった際に補償されます。


このPL保険。
海外で補償されるものが海外PL保険ですね。


海外PL保険は、
自社で製造、販売した輸出品に起因して
国外で法律上の損害賠償責任を負担する際に補償されます。

≪さらに最近では・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


このような海外での事故に対する保険があるのをご存知でしょうか。


 この保険は、

 『 海外に進出される企業様向けの保険で
   賠償責任保険を中心として、海外で発生する事故を包括的に補償 』します。 

◎主な補償としては・・・

 海外での事業活動や海外での施設が原因となり
 
 ・他人をケガさせた
 ・他人の物を壊してしまった

 そのような際の損害賠償責任の補償。


 製造販売した商品が原因となり、

 ・海外で他人をケガさせたり、
 ・他人の物を壊してしまった際の損害賠償責任の補償。(海外PL保険)


 その他

 ・レンタカー運転中の事故や海外の従業員の労災事故から発展した
  使用者賠償責任補償

 ・政情の変化等に伴う輸出禁止
  
 ・輸入禁止による損害
 
 ・従業員が金銭・有価証券を盗取したことによる損害

等の補償があります。


また海外に複数の拠点をお持ちの場合や複数の国を相手に取引をする場合も
全て包括的に補償することができます。
(※一部付保規制されている国があります。)


この保険は上記のような企業でも複数国のリスクを包括的にカバーできますし、
部品や製品の補償だけでなく、日本から社員が出張した際の業務中の事故や
トラブルも補償の対象となっています。


海外に進出されている企業様はもちろん、
海外との取引が多い企業様やこれから海外に進出を検討されている企業様は
是非海外での思わぬ事故に備えてこの保険に加入されることをおすすめいたします。

この保険についてもっと詳しく知りたいという方は是非当社までご連絡ください。

(トータルリスクコンサルティング部)
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク