中小企業のお客様へ

« 御嶽山噴火を通じて・・・ | ニューストップ | 台風に備える火災保険! »

「コンバージョン」という制度はご存知ですか?

先日、78歳の経営者の方とご面談いただきました。

その中での、
ご自身の加入中の生命保険についてのお話です。


その保険は、ご自身が59歳の時に加入され、
82歳で満期を迎える定期保険でした。


その方はこうおっしゃいました。


 “ 加入した時は、
   82歳までかけておけば充分だと思っていたのだけど、残り4年、
   その間に私が死んで賭けに勝つか、それとも正に掛け捨てとなるか・・・”


私は少し切ない気持ちが致しました。


本来、契約者やそのご家族のお役に立つための保険が、
ご自身の寿命を賭けの対象のように感じさせてしまうとは・・・。


≪ある可能性を・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


私はある可能性を感じて、
是非一度その保険の証券を拝見させて下さいとお願い致しました。


後日、
その方は、私の要望に応えて、
証券のコピーを準備して下さいました。


ある可能性とは、「コンバージョン」です。


みなさまは、
「コンバージョン」という制度はご存知ですか?


◆◇例えば・・・◆◇

  60歳満期の定期保険5,000万円に加入されている方が
  55歳で悪性のガンに罹り61歳でお亡くなりになられた場合・・・


遺族は死亡保険金を受け取ることができません。
定期保険が60歳で終わってしまっているからです。


60歳前に新しい保険に加入できればよいのですが、
既に病気を患っている場合、新しい保険には加入できませんよね。


このような時に有効なのが「コンバージョン」です。


≪コンバージョンとは・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


コンバージョンとは“健康状態の診査なし”で、
現在加入中の保険 を終身保険等に変更できる制度なのです。


つまり、仮にガン等の大病を患ってしまったとしても、
この制度を利用すれば終身保険に切り替えることができるのです。


この方の保険も、80歳になられる前であれば、
最長100歳までの定期保険に入り直せることができるものだったのです。


更に、新たな契約が成立した後には、
現在加入中の保険の解約返戻金を手にするができるのです。


一度は全て無駄となると覚悟した保険が、
最大限に有効活用される道があったのですね。


≪いくつか制限が・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


全ての保険が今回のように「コンバージョン」できるものではなく、
また「コンバージョン」できる場合もいくつか制限があったりすることもあります。


 ・保険会社ごとに可能な期間が決まっている・・・

 ・保険金は現在の保険金を上限として設定する・・・

 ・コンバージョン時での年齢での保険料になる為、
  現在の保険料より高くなる・・・

 ・特別条件付の契約はできない場合がある・・・


などの条件はありますが・・・


しかし、

先ずは一度、ご自分の保険が「コンバージョン」可能かどうか
確認してみる価値はあるかと思います。


生命保険に加入当初とはいろいろとご自身を取り巻く環境が変わり、
ご自身の保険が現状に合わないものになってしまったと感じる方は多いかと思います。

そして、そのままにしておくしかないと諦めていらっしゃる方がほとんどだと思います。


諦める前に、是非一度、私共にお声掛け下さい、
「“コンバージョン”できますか?」と。


保険はこの他にも、
契約者(加入者)の権利として

 ・一部減額 ・期間延長 ・払済保険 ・契約者貸付 等々

様々な権利がございます。


ただ単に、続けるかやめるか(解約)だけではありません。


長年大切に掛け続けてこられた保険を無駄にしないような
お手伝いもさせていただきます。


(トータルライフコンサルティング部 片山和彦)
 
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク