中小企業のお客様へ

« 2015年11月 | メイン | 2016年01月 »

2015年12月 アーカイブ

2015年12月02日

グラウンド外のMVPは今江敏晃選手!ゴールデンスピリット賞受賞!

皆さん、こんにちは。


先日報知新聞社主催で、保険情報サービスも協賛(4年連続!)しております
ゴールデンスピリット賞の表彰式に参加させていただきました。


テレビや新聞などマスメディアを通して
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、


◆ゴールデンスピリット賞とは…◆
 日本のプロ野球選手の社会貢献活動優秀者を表彰する賞で、
 メジャーリーグベースボールで制定されている
 「ロベルト・クレメンテ賞」の日本版とも言われており、
 1999年より始まり、今年で17回目となります(第1回の受賞者は松井秀喜氏)。


◆今年の受賞者は…◆

2005年と2010年の日本シリーズでMVPも獲得したことのある
千葉ロッテマリーンズの今江敏晃(いまえ としあき)選手でした。


◎ゴールデンスピリット賞に千葉ロッテマリーンズ・今江敏晃選手
   「続けていければじゃなく、続けます」(スポーツ報知より)
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/gs20151126.pdf


今江選手は2006年のオフに身体障害者のチームとの交流を始められ、

2010年からは1打点につき1万円を
NPO法人「ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ」に寄付、
現在303万円を贈呈するなど、若いころから社会貢献の意識が高い方でした。


2011年の東日本大震災以後は、
毎年いわき市の小中学校を訪問されているそうです。


この日の会見では、

『 幼少の頃、プロ野球選手をはじめ、
  活躍している方が社会貢献に力を入れているのを見て
  単純にカッコイイと思った。

  自分もプロ野球選手になったら、
  絶対何か社会貢献していこうと思っていた。』

と授賞の感想のひとコマで語っておられました。


そして、

『 一度始めたら、
  ずっと続けていくのが当たり前だと思っています。』

とも発言され、聴いているこちら側としては、
それこそなんてカッコイイ人なのだろう、と思わずにはいられませんでした。


まっすぐな野球少年が、大人になって、
人としてもまっすぐに活躍されているのを目の当たりにした私は、
少なからぬ元気と勇気をいただきました。


また、

今江選手はご両親の影響も手伝ってか、子供のころからの巨人ファン。

中学校3年時のジャイアンツカップで優勝して握手をした長嶋茂雄さんと、
改めて同じ壇上で、同じテーブルでお話しできたことが
とても嬉しいと最後におっしゃっていました。


過去には松井秀喜氏やダルビッシュ投手など
錚々たる方が受賞されてきたゴールデンスピリット賞。


今江選手、本当におめでとうございました!


私自身、社会貢献活動をクローズアップするこのゴールデンスピリット賞を
今後も応援、注目していきたいと改めて思っております。


みなさんも注目してくださいね!

◎【Gスピリット賞】今江敏晃選手「重みを感じた」
 交流チーム主将から感謝の言葉「ヒーローです」~スポーツ報知~
 http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20151126-OHT1T50083.html

◎ゴールデンスピリット賞の歴代受賞者はこちら
 http://www.hochi.co.jp/event/data/golden_spirit/list.html

◎今江主義 「第17回ゴールデンスピリット賞」授賞式
 https://pakila.jp/imae/2015/11/26/6129/

>>> お問い合わせはこちら

2015年12月08日

母のこと・・・

みなさん、こんにちは。
今回は、先日、私の母が入院した時のお話です。


≪どうも心臓がバクバクする・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・

少し前から、
『どうも心臓がバクバクする』と言っていました。

私が同居していれば、
もちろんすぐに病院に連れて行くのですが、離れて暮らしているので、

まずは自力か、
父親同行で病院に行く様に勧め、

実際に近くのクリニックに行ったのですが、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 特段異常なし。
 心拍数も確かに多いけど、異常というわけではありません。加齢です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という診立てでした。


ところが、
その2日後の朝。

左足が腫れて、痛くて起き上がれなくなり、
救急車で総合病院に運ばれ、即入院、手術となりました。


実際、
私が連絡をもらったのはその日の夕方。


≪病名・原因は・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


病名・原因は血栓でした。


肺の一部と左足に血栓があり、
これが心臓や脳に回ってしまうとオダブツだそうです。


術後、
血栓が脳や心臓に回らない様にリングを入れて、入院。


当初、1週間程度の入院という事でした。

リングも長く入れていると取れなくなってしまうということで、
これを数日で取り除いて、退院というシナリオだったと思います。


結局は19日間の入院。


心臓に近い肺の血栓は溶けたものの、
左足の方は根深く、もとには戻らないでしょうと、先生に言われました。


ただ、

リングを外した後、いろいろ検査したところ、
他には全く異常が無く、先生方もどうしてこの体質で血栓が出来るのか、
わからないという事で、

病院で様子を見つつ、
リハビリもしながら退院を待つこととなりました。


退院するにあたって、
私が一番心配したのは、
左足の血栓が脳や心臓に回ってしまったらどうしようというものでしたが、
肺の血栓と違い、左足の方は脳や心臓まで回ることはまずないとうことでした。

もちろん100%ではありませんが・・・


食事制限等、何も指示されなかった本人も、退院後、
食事に連れて行くと言ったら
『肉がいい。病院で味気ない食事だったので肉が食べたい』とリクエストしてきました。


母はもともと、あまり肉は好まず、野菜や魚中心のタイプなので、
ちょっとびっくりしましたが、元気に肉を欲する姿を見て安心もしました。


それと、今これを書いている現在で、
まだ病院の診断書待ちなのですが、医療保険の保険金申請もいたします。


母も保険金がおりると知って喜んでおりました。


お客様と同じ喜びの表現をするなと思いましたが、
考えてみれば、母もお客様の一人には変わりないのですよね。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


みなさんは何のために、
保険に加入していますか?


 ・病気やケガで入院手術をして資金的に困らないように?

 ・万が一の際の生活保障?

 ・お子様の将来のための学費として?


何か目的があってのことだと思いますが、
それはみなさんの目的や意向に合致していますか?


保険代理店業界はいよいよ来年から『態勢整備』のもと、
従来よりも厳しく監督され、中でもお客様の意向を把握することは、
当たり前のことですが、最も重きを置かれるところとなります。


ただ、ややもするとお客様の意向通りやれば、
問題ないのかというとそうではないと思います。


お客様が、お客様にとって、
正しい選択ができる様にサポートし、導くのが私たちの仕事です。


毎日毎日、保険の事を考えて、リスクを考えて、
事故のサポートもし、新商品の研究もしている私たちだからこそ、
いざというときにお役に立てることがある、
と改めて思い直し、決意新たに今後もこの仕事に邁進してまいります。


(トータルリスクコンサルティング部 澤田 行章)


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2015年12月16日

年末年始、旅行に行くなら忘れずに!

今年もあと2週間ほど。
あとわずかになりましたね!


年末年始を海外で過ごされる計画を立てている方も
多いのではないでしょうか?


旅行の計画を立てたら・・・


次は、
海外旅行保険について考えてみましょう!


海外旅行中に、
病気やケガで病院に行くことになった時、
日本で病院に行くのと同じ感覚でいると大変!!


忘れずに備えておきたいですね。


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
 http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


≪何に備えるの?・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


実際に海外旅行保険の請求件数が多いもの、何だかわかりますか?


----------------------------------------------------------------------------

第1位 治療費・救援費用

    例えば・・・

    アジア・オセアニア地域で衛生環境や気候の違いから、
    腹痛・風邪などの病気が多くなることもあります

----------------------------------------------------------------------------

第2位 携行品損害

    例えば・・・

    ヨーロッパ地域では、スリがより巧妙になってきています。
    乗り換えが多くスーツケースの破損が起きることもあります。

----------------------------------------------------------------------------

第3位 旅行事故緊急費用

   例えば・・・
 
    グアム・サイパン・中南米地域では台風などの影響による
    航空機の遅延や欠航などが起こっています。

----------------------------------------------------------------------------


特に、
ここ数年、海外旅行の事故発生率は増加傾向にあります。


  ・旅行中にケガをしてしまった、

  ・お子さんが他人の物を壊してしまった等々。


一旦トラブルが起きてしまうと、
せっかくの楽しいイベントも台無しになってしまいます。


≪補償項目って!?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


この状況を踏まえて、
海外旅行保険では次のような補償項目があります。


■海外旅行保険の主な補償項目


(1)治療・救援費用

    腹痛・風邪などの疾病やケガによる治療費用や、
    3日以上入院した際に家族が現地に駆けつけるのに掛かる渡航費用、
    日本や第三国までの医療搬送費用を補償するもの


(2)携行品損害

    携行品の盗難や破損を補償するもの


(3)旅行事故緊急費用

    搭乗便の出発遅延や航空会社に預けた荷物が現地に届かないなどの
    偶然な事故を補償するもの


実際の支払いの割合からすると
(1)治療・救援費用が大半を占めるそうです。


日本と海外とで医療制度が大きく異なっているのはご存知ですよね。


その影響で、多額の費用がかかってしまうケースもあります。


≪海外との医療制度の違い?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


例えば、救急車・・・

日本では無料も、海外では有料であったり。


----------------------------------------------------------------------------

◎盲腸などの手術では・・・

日本では健康保険制度があるため、概ね3割負担。
さらに高額療養費が払い戻されると、自己負担が約8万円。
(年齢や年収によって異なりますとなります。)


一方、海外では・・・

 ・ニューヨークで約216万円。
 ・欧米で約100~300万円。
 ・アジア諸国で約50万円。

と、高額な費用を請求される場合もあるそうです。

----------------------------------------------------------------------------

今回の発表によると、2014年の海外旅行での事故発生率は、3.53%と、


  “なんと28人に1人”


がなんらかのトラブルに遭遇していることを示しています。

◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


◎海外旅行保険で安心を買う 病気や盗難に備え ~日本経済新聞より~
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8025200028112014PPD001


[参考:JTB広報室]------------------------------------------------------------

1. 事故発生率は3.53%(28 人に1 人)

2. 補償項目別の1位は「治療・救援費用」2位「携行品損害」3位「旅行事故緊急費用」

3. 円安等の影響から高額医療事故が増加、
治療・救援費用の保険金支払最高額は9,335万円

4. シニア層(65 歳以上)が
 「治療・救援費用」の支払金額300 万円以上事故の5 割を占める

◎JTB広報室 2014年度 海外旅行保険事故データ~2014 年第61 号~
http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00001&news_no=2083

-------------------------------------------------------------------------------


日常生活とは違い、海外だからこそ、
いざと言うときに助けが必要になることも。


海外旅行保険は、海外旅行に行かれる際には、
必須のアイテムといえるのではないでしょうか。


また、法人個人によって加入方法が異なっいたり
商品・補償内容も、引受保険会社によって異なりますので、是非ご確認ください。


また、インターネットを経由することで割安に加入することもできます。


詳細は代理店までお問い合わせください。


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


◎新・海外旅行保険 off!(オフ)-損保ジャパン-
http://www.hoken-joho.net/sj_off.html


≪海外旅行保険に加入するには≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


▼ 法人で加入の場合 ▼

(1)個別で加入する

(2)包括で加入する
   ・海外出張が多い法人などは手続が簡素化され便利です。


▽ 個人で加入の場合 ▽

(1)個別で加入する
   ・インターネットからの加入
    …保険会社によっては、40%引きになるなど非常に割安です。
   ・代理店経由での加入

(2)カードで加入する
   ・お持ちのカードについている海外旅行時の保険ですが、
    補償が低くなるケースがあります。


法人や個人によって最適な保険選びは異なってきますので、是非ご確認ください。
せっかくの海外旅行ですから、さまざまな不安ごとは解消しておく事は必要ですね。


(トータルリスクコンサルティング部 森谷知博)


◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら

2015年12月24日

本年度最終号!2015年を振り返って

師走となり、慌しい季節となりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

本年は、

 ・幾度となく不安にさせられる地震

 ・度重なる台風の上陸や豪雨被害

 ・口永良部島や箱根山の噴火

といった多くの自然災害に見舞われた一年となりました。

また、

2020年東京五輪の公式エンブレムに盗作疑惑や東洋ゴムの免震ゴム偽装問題
フォルクスワーゲンの不正ソフトウェアで排ガス規制逃れ、
横浜市の大型マンション傾き・施工業者による基礎工事データ改竄問題、
などといった現代を物語る事件も印象に残りました。

そんな中、

感染症研究でノーベル生理学・医学賞に大村智氏、 
「ニュートリノに質量」発見でノーベル物理学賞に梶田隆章氏、
ラグビーW杯での日本代表の活躍、等
特に五郎丸ポーズは日本中の話題を独占致しました。

政治や経済に目を向けると・・・

法人税の実効税率が徐々に下がる一方で、
法人事業税の外形標準課税が1.5倍になること、

日本年金機構へのサイバー攻撃によって
約125万件の年金情報が外部に流出したこと、

さまざまな事象が起こり、時代の流れを感じることもありますが、
私たちは翻弄されることなくどういった状況になろうとも精進して参ります。

保険情報サービスのメールマガジン「【IIS】ホントにあった保険の話」を
一年間ご愛読いただき、ありがとうございました。

このメルマガは、
保険情報サービスが日ごろ経験している、
損害・生命保険、人事労務のトラブルや出来事、対策案などを
事実としてタイムリーにお届けしてまいりました。

来年も引き続き「事実や経験」に基づく色々な話題を提供していきたいと
思いますので、どうぞご期待ください。

さて、今回の最終版・・・

≪2015年を振り返り、2016年に向けて≫~~・~~・~~・~~・~~・~

自然災害の多い一年でした・・・


 【2月】[地震・津波]
     三陸沖を震源とするM6.9の地震が発生
     気象庁は岩手県に津波注意報を発令

     [風災]
     神奈川県厚木市で竜巻とみられる突風が発生
     コンテナが5m飛ばされ近くのフェンスが70mにわたって倒れる

     ◎竜巻の被害と火災保険(2015年2月配信)
     http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2015/02/post_559.html

 【5月】[地震・噴火]
     小笠原諸島西方沖を震源とするM8.5の地震が発生
     浅間山で火山性地震が増加
     

 【6月】[地震・噴火]
     鹿児島県口永良部島の新岳が小規模の噴火

     [風災]
     群馬県伊勢崎市や前橋市で突風が発生

    [噴火]
     箱根山の噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げ

 【7月】[地震]
大分県南部「南海トラフ」を震源とするM5.7の地震が発生
     
     [地震]
     岩手県沿岸北部を震源とするM5.7の地震が発生

 【8月】[地震・噴火]
     鹿児島県桜島、山体が膨張し地震が多発
気象庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に

 【9月】[台風・風災・水災]
     台風18号が東海に上陸、日本海側へ本州を縦断
     影響で北関東を中心に大雨。
     茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊

     ◎豪雨被害と保険(2015年9月配信)
     http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2015/09/post_583.html

 【10月】[個人情報]
     「マイナンバー」法が施行
     日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り当て
     社会保障と税を一元管理

     横浜市の大型マンションが傾く
     マンションを支える杭が地中の硬い地盤に到達していないことが判明
     施工業者のが基礎工事データを改竄

 【11月】[海外リスク]
     フランス・パリ中心部で連続テロ事件が発生


●豪雪・豪雨・土砂災害・噴火・地震と、
沢山の自然災害に見舞われた一年となりました。

 本当の意味での【リスク対策】を、的確に正しくカバーすることに
改めて使命と役割を痛感致しました。

●第三分野(医療やがん)に対するリスクにも大きな変化を感じました。

 ・日額給付のガン保険から、診断一時金や実費給付と云ったものが主流へ。
  (入院日額の著しい短縮や治療方法の急速的な発展とコスト増)

 ・医療保険においてはコスト重視の医療保険戦争の中、
  掛け金が戻ってくるタイプのものが、
  お客様から爆発的に関心を集めたのも見逃せません。

┌──────────────────────────────────

  PDFファイルで画像、詳細内容を掲載!ぜひご覧ください!

    ★☆★☆ 保険情報サービスの2015年 ★☆★☆
    http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/topics2015.pdf

   トピックス(1)水災害から、火災保険のあり方について考える
   トピックス(2)ゴールデンスピリット賞は今江選手が受賞
   トピックス(3)本年度に加わった新たな仲間をご紹介します
   トピックス(4)社員向けライフプランセミナーを開催しました
   トピックス(5)自由診療の費用まで補償するがん保険

<新サービスはじめました!>

経営者の皆様へ
公的年金へ不安、税金や社会保険料の負担増など、
手取り収入の継続的な上昇が期待しづらくなっている中、
ライフプランセミナーを導入して自立型の人材育成社員の健全な財産形成、
仕事に対するモチベーション向上を図りませんか?

【2016年の演題抜粋】------------------------------------

 ・生命保険はいくら加入すればよいか?
 ・教育費はいくらかかる?どうやって準備する?
 ・確定拠出年金はどのように運用すればよいか?
 ・公的年金はいくらもらえる?

------------------------------------------------------------

等々参加者の年齢層や公演時間にあわせて
内容をカスタマイズできいますのでお気軽にご相談ください!

◎ライフプランナーセミナーのご案内・詳細は以下から!
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/nakayama20151216.pdf


2016年も引き続き、
「ありがとう」の言葉が、弊社への評価と認識し邁進いたします。

~~≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

本年は、
例年以上に自然災害が多く各地で、竜巻、台風、記録的降雨など
異常気象に見舞われ、自然環境の変化を強く感じる年であったとも感じます。

私たちも一途に保険が皆様にどのように役に立つのかをはじめ、
社会貢献など弊社にできることを真摯に考え、
皆様の最良のパートナーとしてより一層のお力になりたいと考えております。

末筆ながら平成28年が明るい未来への幕開けであることを信じて、
皆様の一層のご繁栄、ご健勝を祈念申し上げます。

                       保険情報サービス株式会社
                        代表取締役 竹中延公

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク