中小企業のお客様へ

« 旅行の計画を立てたら・・・ | ニューストップ | 新年のご挨拶 »

本年度最終号!2018年を振り返って


師走となり、慌しい季節となりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。


本年は、

 ・首都圏で積雪、大雪に

 ・大阪で震度6弱の地震

 ・西日本で記録的豪雨

 ・台風21号日本列島を縦断

 ・北海道で震度7の地震

といった多くの自然の脅威を感じる一年となりました。


また、


仮想通過コインチェック流出事件、
はれのひ夜逃げ騒動、
facebookセキュリティ危機、
日大悪質タックル騒動、
KYB免震不正、国内1,000箇所近くで改ざん部品使用
東京医科大等医学部での受験生への得点操作・・・


などといった現代を物語る事件も印象に残りました。


そんな中、

平昌五輪での羽生結弦選手の五輪2連覇、
スピードスケートのメダルラッシュ、
テニスでは大坂なおみ選手の大躍進、
甲子園での金足農業フィーバー、
エンゼルス大谷翔平選手が劇的デビューし新人王、

また、

世相を表す漢字に「災」が選ばれ、
北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、
西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、自然「災」害が多発。

北海道全域で電力が止まる「ブラックアウト」や、
例年より多い29個の台風が発生、
過去最も早い梅雨明けで始まった猛暑など、
例年にない規模の「災」害が日本各地で人々の生活を脅かした。


保険情報サービスとしましても、
これまで支えてくださった皆様に感謝し、引き続き社員一丸となり、
お客様側に立ったアドバイス、正しい選択の判断、
そして一生涯のパートナーになることにより、
皆様が豊かさと希望ある未来を創造し実現することの
お手伝いをさせていただくことで社会に貢献したいと願っております。

さまざまな事象が起こり、
時代の流れを感じることもありますが、
私たちは翻弄されることなくどういった状況になろうとも精進して参ります。


保険情報サービスのメールマカ゛シ゛ン「【IIS】ホントにあった保険の話」を
一年間ご愛読いただき、ありがとうございました。


このメルマガは、
保険情報サービスが日ごろ経験している、
損害・生命保険、人事労務のトラブルや出来事、対策案などを
事実としてタイムリーにお届けしてまいりました。


来年も引き続き「事実や経験」に基づく色々な話題を提供していきたいと
思いますので、どうぞご期待ください。


さて、今回の最終版・・・


≪2018年を振り返り、2019年に向けて≫~~・~~・~~・~~・~~・~


災害の多い一年でした…


【1月】 草津白根山が噴火 ・・・噴火
      主峰である本白根山の噴火は約3000年ぶり。

【1月】 首都圏で積雪、大雪に ・・・大雪
     福井県などの北陸地方を中心に、
      低気温や大雪を記録し、
      車や列車が立ち往生するなど被害が発生

【3月】 新燃岳で爆発的噴火 ・・・噴火
      7年ぶりに発生し、その後も繰り返し観測。

【6月】 大阪で震度6弱の地震 ・・・地震
      大阪府北部を震源として発生。

【6月】 西日本で記録的豪雨 ・・・豪雨
      広島県・岡山県などを中心に、
      河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害が発生

【6月~9月】 日本列島各地で厳しい暑さ続く ・・・猛暑
      埼玉県熊谷市では、日本歴代最高となる41.1℃を観測。

【9月】 台風21号日本列島を縦断へ ・・・台風
      非常に強い勢力を保ったまま上陸し、
近畿地方を中心に大きな被害を出した。

【9月】 北海道で震度7の地震 ・・・地震
      北海道全域における停電や、大規模な土砂崩れなどの被害が発生。


●豪雪・豪雨・土砂災害・噴火・地震

 沢山の自然災害に見舞われた一年となりました。

 また、個人情報等への不正アクセス等、
 情報セキュリティへの対策が問われる時代へ本当の意味での【リスク対策】を、
 的確に正しくカバーすることに改めて使命と役割を痛感致しました。


●生命保険料率改定・・・

 医療技術の進歩等で、平均寿命が延びたことにより、
 保険料の算出のための数値の一つである「標準生命表」の見直され、
 「標準死亡率」が11年ぶりに引下げされ、
 多くの保障性保険の保険料が減額改定。


●第三分野(医療やがん)に対するリスクにも大きな変化

著名人のガン経験の告白等、ガン等の大病リスクを抑えたい
 といったニーズが増加。
 ・日額給付のガン保険から、診断一時金や実費給付、就業不能への保障が主流へ。
 (入院日額の著しい短縮や治療方法の急速的な発展とコスト増)

保険商品の複雑化や販売形態の多様化に伴い、お客様をお守りするため、
新たな態勢へ整備されます。PDCAによる計画的な取り組みやエビデンスを残すこ
等、
保険業界に留まらず、中小企業経営者様へ役立てる情報発信をして参ります。
引き続き「ありがとう」の言葉が、弊社への評価と認識し邁進いたします。

┌──────────────────────────────────

  PDFファイルで画像、詳細内容を掲載!ぜひご覧ください!

    ★☆★☆ 保険情報サービスの2018年 ★☆★☆
    http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/topics2018.pdf

    2019年も引き続き、
    「ありがとう」の言葉が、弊社への評価と認識し邁進いたします。


~~≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


本年は、
例年以上に自然災害が多く各地で、台風、記録的降雨、噴火など
異常気象に見舞われ、自然環境の変化を強く感じる年であったとも感じます。


私たちも一途に保険が皆様にどのように役に立つのかをはじめ、
社会貢献など弊社にできることを真摯に考え、
皆様の最良のパートナーとしてより一層のお力になりたいと考えております。


末筆ながら2019年が明るい未来への幕開けであることを信じて、
皆様の一層のご繁栄、ご健勝を祈念申し上げます。


                       保険情報サービス株式会社
                        代表取締役 竹中延公

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク