中小企業のお客様へ

« インフルエンザで入院しても保険金が出ない?? | ニューストップ | 自転車保険と言っても・・・ »

無事に合格した後は・・・

センター試験も終了し、いよいよ受験シーズン。
受験生の皆様は最後の追い込みをかけている時期かと思います。


志望校に受かった方、これから受験される方、
親御さんも必死に応援している季節ですね。


無事に合格した後は・・・


卒業、次は入学に向けて入学準備、ですね。


学費はもちろんの事、
制服やカバン、教科書や体操着などなど・・・


揃えなければいけない物も多く、出費がかさむ時期ですよね。


そんな中、

多くの幼稚園や学校で配られる入学準備の資料の中に、
学生(園児)向けの保険の案内が入っているのはご存じでしょうか。


この保険は一般的に“学生総合保険”と言われている保険で、
お子様のケガや事故等を総合的に補償してくれる制度です。


≪学生総合保険って??≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


この学生総合保険の具体的な補償内容について触れてみたいと思います。


(1)賠償の補償・・・

   他人の物を壊してしまった、他人をケガさせてしまって
   法律上の損害賠償責任を負った場合の補償です。


特に最近では自転車での事故による請求が目立ちます。

自転車で走行中に車にぶつかってキズつけてしまった、
歩行者とぶつかってケガを負わせてしまった等の
賠償責任についてこの補償がカバーしてくれます。

学校の物を壊してしまった場合も対象です。


(2)傷害の補償・・・

   お子様がケガしてしまった際の入通院費用や手術費用を
   カバーしてくれる補償です。


授業中、クラブ活動中の事故はもちろん、学校以外の日常での事故も対象となり、
手術・入院・通院の補償から後遺障害や万一の死亡まで幅広く補償します。


さらに扶養者であるお父様やお母様にケガで万一の事があった際に
お子様の育英費用として一時金や学業費用をお支払する補償もございます。


(3)その他の補償・・・

   その他、自分の持ち物を盗まれてしまった際に補償してくれるものや
   病気の際の入院費用を保障してくれるものもあります。


補償内容につきましては、
各学校で採用されている保険の補償プランや商品によって異なるため、
詳しくは案内のチラシやパンフレットをご確認ください。


この学生総合保険は
学校で大勢のお子様が加入される為、団体割引を適用しているケースが多く、
一般契約するより安い保険料で加入できます。


さらに学校にいる間だけの補償ではなく24時間補償となっています。
また一部の保険会社では24時間健康相談等、様々なサービスが付帯されています。


≪最近では・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


学生総合保険は複数の補償を組み合わせた保険ですが、
特に通学時の「自転車事故による賠償責任対策」への関心が高くなっており、
保険加入の義務化が決定している行政もあります。


一方、


社会人も震災以後、健康や環境への関心の高まりから、
自転車を利用しての通勤をされる方が増えています。


自転車の利用が増えるに比例して、
通勤時の自転車事故も急増しており、警視庁は企業の管理者を対象に
講習会を開くなど企業を巻き込んだ防止策が求められてきているようです。


もし通勤途中で
従業員が自転車運転中の事故により、加害者または過失をもつ場合は、
基本的にはその従業員が責任を負うことになります。


ただ、


本人が保険に未加入などでそれが果たせない場合は、
雇用主である会社が責任を追及されることも考えられますので、
企業が自転車通勤についても「管理と保険」の取り組みが必要になってきます。


企業として、社員様の通勤途上や業務中の自転車をはじめ、
複数のリスクを 総合的な視点で取り組むリスク対策は万全ですか。


是非一度、身近な保険のプロに確認してみてはいかがでしょうか。


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。


>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク