中小企業のお客様へ

« どちらの保険で支払うの? | ニューストップ | お持ちの自動車が集中豪雨で被害に遭ったら・・・ »

豪雨や台風に備えて 火災保険の確認を!

先週から降雨が続き、
 堤防や河川の氾濫による損害が心配されます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 ◎ 記録的大雨のおそれ 24万人に避難勧告
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190630-00000140-nnn-soci

--------------------------------------------------------------------------------------------------
 
────────────────────────────────────

◇ 台風災害と河川の氾濫による災害は火災保険で補償されます ◇

────────────────────────────────────

 火災保険には補償項目で「風災」と「水災」があります。
 
 台風の風による災害は「風災」という項目で補償できます。
 また、河川の氾濫による災害は「水災」という項目で補償する事ができます。

 ただしこの二つの項目は注意点があります。
 

【注意点とは】

 〇「風災」には免責金額が無い状態の掛け方と、
   20万円以上の被害が出た時に補償をする「フランチャイズ方式」
   というタイプがあります。


 〇「水災」については
  『水災補償が付いていない』火災保険に加入されている方も
   多くいらっしゃいます。

   
 特に海・川・山の近くにお住まいの方は、
 高潮・洪水・土砂崩れ等の損害をカバーする
 水災補償付の火災保険の加入を強くおすすめいたします。

 さらに水災補償については、
 浸水割合や損害の程度によって補償される条件が大きく変わります。

 戸建てを持たれている方は是非一度ご確認していただきたいと思います。


 
【メルマガバックナンバー】

 ◎ 九州北部で記録的大雨・・・
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2017/07/post_651.html

 ◎“フランチャイズ”って??
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2014/01/post_512.html


────────────────────────────────────

◇ 家財道具の補償について ◇

────────────────────────────────────
 
 次に家財道具の補償についてご紹介します。
 

 家財道具の保険金額を設定するときに、
 どれだけの家財道具があるのか、
 きちんと計算することはとても難しいことです。

 そこで保険会社では、
 年齢と家族構成で保険金額を設定する方法を準備しています。


 ただ、中には「うちに家財道具はそれほどないよ」という事で
 金額を下げてご加入される方もいます。


 しかし実際には、
 タンスやテレビといったものだけでなく、
 下着等の衣類や、食料品、食器、等も含みますので、
 結構な金額がございます。


────────────────────────────────────

◇ 保険金を受け取れたとしても・・・ ◇

──────────────────────────────────── 

 たとえば、罹災したとして、
 保険金が受け取れたとしても、直ぐには復旧出来ません。
 その後は復旧までの仮住まいなど、様々な費用が発生します。


 そこで、先ほどの臨時費用を使って賄うことが事が出来ます。
 しかし保険金額を100万円や200万円と低めに設定されていると、
 臨時費用を含めても最高で260万円しか貰えない事になります。


 数ヶ月の仮住まいなどかかるお金を考えると、
 とても心もとなくなってしまいます。

火災保険には臨時費用という項目もあり、
 保険会社によって異なりますが、
 認定された損害額の最大30%を臨時に掛かる費用として補償してくれます。

----------------------------------------------------------------------
 
 ◎ 自然災害(風災・水災・雪災等)を補償する損害保険
 http://www.sonpo.or.jp/insurance/commentary/shizen/
 (日本損害保険協会HP)

----------------------------------------------------------------------   
 
 ◎ 火災保険で保険金支払いの対象となる主な損害や費用
 http://www.sonpo.or.jp/wakaru/seminar/kaisetsu/003.html
 (日本損害保険協会HP)

----------------------------------------------------------------------


 万が一の時に役にたつように保険ば設定出来ているか、
 この機会に内容のご確認をされてみてはいかがでしょうか?


≪最後に…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 私達は、保険に関しては
 皆様の一助になれる存在であり続けられる様、


 これからも日々、
 真剣に仕事に取組んでまいります。


 ・新たに保険を検討したい・・・

 ・加入済みの保険の内容を確認したい・・・

 ・見直しも考えてみたい・・・

 ・こんな場合に役に立つ保険はあるのか・・・


 など疑問・質問等ございましたら、是非お声掛けください。


(コンサルティング部 宮地誠一)

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク