中小企業のお客様へ

« 突然発生する緊急事態に対する備えはございますか? | ニューストップ | 熱中症の労災事故発生・・・対策はございますか? »

旅行時の盗難事故に遭ったら・・・まずは手を挙げましょう

先週は全国各地で梅雨明けをして、いよいよ夏本番です。

 これから夏休みを取って里帰りされる方や、
 海外旅行を予定されている方も多いと思います。

 今回は海外旅行保険での請求のお話をいたします。

------------------------------------------------------------------------
 ◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
 http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009
------------------------------------------------------------------------
────────────────────────────────────

◇ 旅行中の空港で買ったばかりのカメラを盗難に遭って・・・ ◇

────────────────────────────────────

 その方は携行品損害という、
 身の回りの物の損害も補償対象とする特約を付帯しておりました。

 そして、盗難事故に遭いました。
 買ったばかりの新しいカメラを渡航先の帰りの空港で盗まれました。


 帰国後、保険金の請求に当たり、
 保険会社は当初、被害届けを出したかどうか尋ねてきました。


≪被害届を出す余裕がなかったのですが・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・

 その場では飛行機の時間もあるので、
 現地の警察を呼んで被害届けを出す余裕などありません。

 帰国後もどのように被害届けを出せばよいのかわかりません。


 そもそも証明を受けられるのか、
 また、受けられても時間が掛かってしまうのではないかと
 落胆されておりました。

 この事情を保険会社にお伝えしたところ、
 特段、公的な被害届を出さなくても、
 保険金がおりる様な段取りで対応していただきました。


 しかも購入したばかりという事で、その結果、
 購入金額がそのまま保険金として無事支払われました。


────────────────────────────────────

◇ 帰りの空港でベビーカーの盗難に・・・ ◇

────────────────────────────────────

 もうひとつ同じようなケースで、
 なんとベビーカーを帰りの空港で盗まれたという方がおりました。

 この方も特約で携行品損害を付けておりました。


 こちらの方は、帰国後お会いした際に、
『実は帰りの空港でベビーカーをまるごと盗まれてしまったんだけど、
 こういうのはさすがに保険で申請できたりしないよね』

 と遠慮がちに尋ねてこられました。


≪まずは手を挙げましょう・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~~~・~~

 そのとき、このように回答しました。

「そんなことはありませんよ。
 お支払できるかはっきりと答えられませんが。
 まずは手を挙げましょう。」

「保険金のお支払が可能かどうかは
 保険会社の判断によりますので、
まずは事故報告をして、保険金請求しましょうよ。」

 その後、保険金請求のお手伝いをさせていただきました。

 この時もやはり、
 被害届がなくても保険金の支払いを受けられました。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

 この2つのお話は海外旅行での出来事です。


 当然、日本国内で、例えば自宅に泥棒が入り、家財道具を盗まれ、
 火災保険で請求するといった時には警察への届出が必要です。

 もちろん、事件に気が動転したとしても、
 後で届け出をすることは問題なくできることだと思います。


 今回のような事故に限らず、何か事故にあったら、
 ご自身で保険金の対象となるのか、ならないのか判断せず、
 まずは加入している代理店にお聞きすることをお勧めします。


 保険は知らないと
 損をすることがたくさん!!

 でも知っておくと得をすることもたくさんあります。

 お困りやご相談の際は、お声掛けをよろしくお願いいたします。

〔コンサルティング部 ファイナンシャルプランナー 澤田 行章〕


≪参考 海外旅行保険に加入するには≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

▼ 法人で加入の場合 ▼

(1)個別で加入する

(2)包括で加入する
   ・海外出張が多い法人などは手続が簡素化され便利です。


▽ 個人で加入の場合 ▽

(1)個別で加入する
   ・インターネットからの加入
    …保険会社によっては、40%引きになるなど非常に割安です。
   ・代理店経由での加入

(2)カードで加入する
   ・お持ちのカードについている海外旅行時の保険ですが、
    補償が低くなるケースがあります。


 また、法人個人によって加入方法が異なっていたり、
 商品・補償内容も、引受保険会社によって異なりますので、是非ご確認ください。


 また、インターネットを経由することで割安に加入することもできます。


日常生活とは違い、海外だからこそ、
いざと言うときに助けが必要になることも。


 海外旅行保険は、海外旅行に行かれる際には、
 必須のアイテムといえるのではないでしょうか。

 詳細は代理店までお問い合わせください。


--------------------------------------------------------------------------
 ◎海外旅行保険 ~出発前にサッと加入!病気やケガ以外も幅広くサポート~
http://www.au-sonpo.co.jp/mb/MBO_1.do?CAMP_CD=H02B000008&SCR=009


 ◎新・海外旅行保険 off!(オフ)-損保ジャパン-
http://www.hoken-joho.net/sj_off.html

--------------------------------------------------------------------------

※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。

--------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク