中小企業のお客様へ

« 会社で入る自転車保険とは・・・ | ニューストップ | 増えるテレワーク 高まる情報漏洩リスク »

自立することと保険・・・

 4月に入りました。
 今年は暖かく、さらに風が強い日が続いたせいか、桜が散ってしまいそうですね。
 少し淋しく感じますね。

 4月からの新年度。
 本来ならば、入学式や始業式、入社式など新しいスタートになるとき。

 新型コロナウィルスの影響で、
 自治体や企業によってその状況は様々なようです。


 今回のテーマは日常生活上での『他人とのトラブル』です。


────────────────────────────────────

 ◇ 買い物帰りに損害賠償請求・・・ ◇

────────────────────────────────────

 このようなご相談を受けました。

------------------------------------------------------------------------

 新入社員のAさん(20代女性独身)が帰宅する際、最寄り駅から自転車で
 自宅(賃貸)に戻る途中、コンビニに寄って買い物をしておりました。

 停めていた自転車が倒れ、
 他人の自動車の側面に当たって傷を付けてしまいました。

------------------------------------------------------------------------


 相手から修理費を請求され、
 Aさんはどうしたら良いのか困っていました。

 周りからのアドバイスもあり、

 アパートを借りる時、賃貸借契約に伴い加入する火災保険に特約で
 個人賠償責任保険※が付帯している筈だから確認しなよ、と言われた
 そうです。


=========================================================================

※個人賠償責任保険・・・

 他人のモノを壊したり、他人にケガをさせてしまったときなどにおいて、
 法律上の損害賠償責任を負担する場合に保険金が支払われます。

 名称は保険会社ごとに異なります。

=========================================================================


 問い合わせたところ、


 個人賠償が付帯されていない内容だったようで、
 そこで、友人を通じて連絡が来ました。


 私は、Aさんのご実家の保険を火災から自動車からとにかく、
 手段は構わないので全て送ってもらえる様お伝えしました。


 結果、

 自動車保険に『日常生活賠償責任保険特約』※が付帯されており、
 事なきを得る形となりました。

 ※名称は保険会社によって異なります。


≪個人賠償責任保険の補償となる人は・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~


 保険の対象となる人(被保険者、契約者と同一のことが多いです)
 のみならず、

 同居のご家族、さらには別居の未婚の子まで対象となるのが主流です。


 ここで、


 この『別居の未婚の子』についてですが、
 以前は、親と生計を一にするという条件が付帯されておりました。


 例を挙げるとすると・・・

 学生が大学進学に際しアパートを借りて生活を始めるとき等、
 学費や家賃、生活費に親の援助がある場合、

 金銭的に独立しているとは言えず、親と生計を一にしているため、
 別居の未婚の子として補償の対象に含みます、という内容でした。

 現在は、ちなみに


 この『生計を一にする』という文言がほぼなくなりつつあります。


 保険会社にもよりますが、
 自動車保険の特約からこの縛りが無くなりはじめ、
 今では火災保険の特約でも見かけなくなってきております。


 という事は・・・


 親から独立して生活をしている30代、40代、あるいは50代の独身の方でも、
 親の自動車保険に『個人賠償責任保険特約』が付帯されていれば、

 他人とのトラブルで賠償責任を負ってしまったとしても、
 親の加入している保険で補償としてもらえるという事になります。


≪自立と保険・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 損害保険は原則、二重払いはされませんので、
 補償の重複は合理的ではありません。

 そのため、ムリ・ムラ・ムダをなくし
 お客様に適した保険をお勧めしております。


 だから、

 ご自分の保険をもっと合理的にしよう・・・・・、
 ということをお伝えしたい訳ではありません。


 自立して一人の立派な責任ある社会人であるならば、
 自分のリスクは自分で備えるべきだと私は思います。


 何よりも万が一の際に、自分で保険に加入しておけば
『親の保険で大丈夫かな?』などと余計な不安を抱えなくて済みます。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 後日Aさんは今回の事故を機会に、

 『今後も親の保険で大丈夫!』ではなく、
 『周りに迷惑や心配をかけないためにも
  自分のことは自分で準備するようにします。』

 と真剣に相談されに来ました。


 損害保険でも、生命保険でも、そもそも、
 責任感のある人だけが加入するものだと思います。

 現在のこうした情勢だからこそ、
 ひとりでも多くの方が“あらゆる万が一”に備え、
 ご準備されることを、切に願います。


〔コンサルティング部 ファイナンシャルプランナー 澤田 行章〕

 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm


------------------------------------------------------------------------
 ◎個人賠償責任保険 日本損害保険協HPより
 https://www.sonpo.or.jp/insurance/compensation/index.html
------------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク