中小企業のお客様へ

« 増えるテレワーク 高まる情報漏洩リスク | ニューストップ | さらに広がる緊急事態宣言 収入減を補う損害保険・・・ »

もしかしたら・・・でもどこに相談すればいいの??

 先週、安部首相が新たな声明を発表し、
 緊急事態宣言の指定範囲が全国に拡大されました。

 さらに、全世帯への金銭的な補助もその声明に加えられて
 今後の感染拡大防止へと繋がっていくことが期待されます。


 保険会社の対応として、

 新聞やニュースで大手保険会社4社が、

 “新型コロナウィルスの感染者が
  自宅やホテルで療養する場合も入院給付金を支払うことを決めた”

 との報道がありました。


◎<新型コロナ>自宅・ホテル療養にも給付金 大手生保4社がコロナ入院特例
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020040902000289.html


────────────────────────────────────

 ◇ 保険会社の対応は・・・ ◇

────────────────────────────────────

 この記事からだけでは、
 「大手4社だけが対応」という印象を受けますが、

  実際は他の保険会社も
  今回の政府や自治体の方針に合わせるかたちで対応を発表しております。


≪医師による診断書があれば給付される≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


  <一般的な入院給付金は・・・>

   病気やケガで入院(病院・診療所)した場合に請求の対象となります。

   「新型コロナウイルス感染症」は、病気に該当するため、
   医療機関で入院した場合は請求の対象となります。

  <今回の各保険会社の発表で入院給付金は・・・>

   新型コロナウイルス感染症で、
   入院が必要とされているにも関わらず、

   臨時施設や自宅等において医師等の管理下で療養する場合も、
   医師等が証明した期間について支払い対象とし、

   新型コロナウイルス感染症に罹患(陽性)していなくても、
   この感染症の影響で、臨時施設にて医師の治療を受けた場合等についても、
   同様に入院給付金の支払い対象


  ということになります。


  また、


  今回の新型コロナウイルス感染症に関連しては特別な判断で、
  入院給付がなされる場合があることがあり、


 『 他の傷病 』で治療が必要にもかかわらず、

  医療機関の事情により、
  入院治療を受けられなかった、
  もしくは早期の退院を余儀なくされた方の入院も保障※』


 としている保険会社もあります。


 このような症状の方は、
 ある保険会社では、以下のいずれかの要件に該当し、

 「本来必要であった入院期間」につき医師の診断書等証明があれば請求できます。

------------------------------------------------------------------------

[要件1]医療機関の事情により入院できず
     自宅や臨時施設等にて医師の管理下による療養を受けた

[要件2]医療機関の事情により当初の退院予定日より早期の退院を余儀なくされた

------------------------------------------------------------------------

 <死亡保険金・・・>

 新型コロナウィルス感染症により死亡された場合は、
 疾病による死亡保険金の支払対象となります。

 ※ お手数ですが、実際のご請求につきましては
   現在ご加入の保険会社へお問い合わせ下さいませ。


≪保険会社の付帯サービスのご紹介・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 発熱や咳、倦怠感がある…等で、

 “もしかしたら・・・”と思っても、
 諸条件でなかなか検査ができないし、だからといって病院にいくのも不安、
 どこに相談すればいいの??という方も多いですよね。


 各保険会社は
 新型コロナウィルス感染症に関する付帯サービスを提供しています。


 (1)24時間対応する 電話相談サービス※

    看護師などの医療専門スタッフ(医師を除く)が、
    24時間365日お電話でお応えします。

相談できる対象者は契約者様または、そのご家族まで。

    ・感染症に関する相談
    ・予防方法
    ・感染が疑われる場合など各自治体の保健所や窓口をご案内

    厚生労働省及び国立感染症研究所で
    公開されている情報の範囲内でご相談を受けます。


 (2)インターネットでのオンラインサービス※

・保険金請求がインターネット上で完結できるペーパーレスサービス
   ・所定のご契約者様専用サイト内で、オンライン医療相談サービス


 このように新型コロナウィルス感染症や、その他の病気についても
 専門スタッフが相談対応してくれるサービスがございます。

 医療機関に受診に行くだけでも、
 感染してしまうかもしれない不安な情勢です。ぜひお使いください。


 メルマガ文末に、
 保険会社(Aflac・東京海上日動火災・東京日動あんしん生命)
 のURLと電話番号をご案内します。

 ご契約者の方はご利用くださいませ。


 ※ お手数ですが、サービスの対象や詳細の内容は
   現在ご加入の保険会社へお問い合わせ下さいませ。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 新型コロナウィルスに感染してしまった場合、

 または、今はご自身が感染していなくても、
 ご家族や、知人友人が今後の感染を心配されていると思います。


 この機会にご自身の保険を見直してみてはいかがですか。


 感染が心配されるこの時期だからこそ、
 保障の内容を確認することをお勧めします。

 ご加入している生命保険について、
 ご不明点等心配事がございましたら、ぜひご相談くださいませ。


〔 トータルライフコンサルティング部 田中 ともみ 〕


 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm
------------------------------------------------------------------------

◎ご契約者様専用サイト・電話番号のご案内

[Aflac アフラックよりそうネット]
 https://www.aflac.co.jp/canet/

 24時間健康電話相談サービス
 0120-588-033 ※携帯電話からは 03-5685-2975(24時間365日受付)


[東京海上日動あんしん生命 メディカルノート医療相談サービス]
 https://medicalnote.jp/features/marine_covid19

[東京海上日動火災 東京海上日動あんしん生命 メディカルアシスト]電話対応

 損害保険ご契約者様 ※0120-708-110(東京海上日動火災 契約者専用)
 生命保険ご契約者様 0120-363-992(東京海上日動あんしん生命 契約者専用)

●東京海上日動火災、東京海上日動あんしん生命は5/31までの期間限定となります。

 ※自動車保険・火災保険・超保険・疾病保険・傷害保険(旅行保険除く)の
  ご契約のみ対象となりますのでご注意ください。

------------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク