中小企業のお客様へ

« 2020年05月 | メイン | 2020年07月 »

2020年06月 アーカイブ

2020年06月02日

自転車保険加入義務化から2か月が経ち・・・

 先週5月27日、

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に
 対応する今年度の第2次補正予算案を閣議決定しました。

 店舗の賃料の支援や企業の財務基盤の強化策などを盛り込み、
 一般会計の追加の歳出は総額約32兆円、補正予算としては過去最大の規模です。

------------------------------------------------------------------------
・緊急事態宣言 全国で解除 首相が表明 2次補正予算案 27日決定
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200527/k10012447441000.html
------------------------------------------------------------------------


 これから本格的に、
経済が活発化してくることに期待が寄せられます。

 そして一日も早く、
 元の日常が戻ってくることを心より願います・・・

 さて、

 今年も早いもので、6月になりました。
 新型コロナでの緊急事態宣言は段階的に解除されています。


 今回は4月からの2か月間で
 新型コロナに続いて、多いご質問をご紹介させていただきます。

 それは、

『自転車保険に入らなくてはいけないのでしょ。
 加入したいけど、何か良い保険はのある?どうすれば良いの?』という質問です。

 併せて、
 お客様よりお問い合わせいただいた内容をご紹介したいと思います。


────────────────────────────────────

 ◇ 東京都内 自転車保険加入義務化から2か月・・・ ◇

────────────────────────────────────

 初めに、
 自転車保険についてご紹介させていただきます。


 東京都では4月からの条例改正から2か月が経ちましたね。

 保険加入が義務化されており、通勤で使用する方は、
 会社から加入の義務付けを言われたりしていると思います。


 ここで、自転車に乗るなら

 まだまだ多くの方が「自転車保険」に入らなくては、

 と理解をされているのをお見かけしますので、触れさせていただきます。


 条例で定めている内容をざっくりと表現しますと、

 もし、自転車に乗るなら、

 事故を起こした際、相手にケガを負わせた場合など、
 自転車による「損害賠償に備えた」保険に加入しておきましょうね。

 ということです。
 下記に自転車保険に関する都県のリンクを記載しますので、
 詳細はご参照ください。

------------------------------------------------------------------------
◎ご参考URL 自転車保険に関する各自治体のHP等

・東京都(東京都で自転車を利用するみなさんへ)
http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/20200602.jitensha.pdf
・埼玉県
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/jitensya/jitensyajyourei.html
・神奈川県
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/f5g/310322.html
・千葉県
https://www.pref.chiba.lg.jp/seikouan/koutsuuanzen/jikoboushi/jitensha/hokenkanyuu.html

------------------------------------------------------------------------

────────────────────────────────────

 ◇ どんな保険で備えたらいいのか? ・・・ ◇

────────────────────────────────────

 まず、ご自宅の火災保険や、自動車保険、傷害保険などに
 加入されている方は、


『個人賠償責任保険』『日常生活賠償責任保険』※(以下 個人賠償責任保険と記載)


 といった特約を付帯していれば、
 上記の様な事故時の賠償で対象となります。

 ですので、
 新しく加入しなくてはいけない、という訳ではありません。


[実際に・・・]

 ほとんどの方が上記の特約を付帯されており、

 賃貸の方は一般的に不動産会社が、
 ご入居と同時に加入を促される賃貸用の火災保険に付帯されていることでしょう。


 ※ 保険会社各社で名称が異なります。


≪加入時のポイント・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

 気を付けなければいけないポイントは、いくつかありますが、

 まずは賠償の補償限度額です。
 最近では高額賠償の判例も出てきております。

------------------------------------------------------------------------
◎自転車で衝突、相手の警官死亡 9400万円の賠償命令
 https://www.asahi.com/articles/ASN274Q48N27PLPB001.html
(2020/02/07 朝日新聞デジタルより)
------------------------------------------------------------------------


 自動車保険でよく見かける
 対人・対物無制限、という補償と同様、

 無制限の補償を選択できるのであれば是非お選びください。

 ただ、上記特約については、
 賠償限度額無制限を取り扱っている
 会社や商品が限られておりますので、

 その場合は、

 なるべく高額の賠償で対応できるものをお選びいただければと思います。
 その他にもポイントがございますので下記に記載します。


[加入時のその他のポイント]

・十分な補償額(最低でも1億円)

・補償が重複していないか
(自動車保険や火災保険に重複して加入している場合あり)

・示談代行サービスがついているか
(自動車保険には基本付帯されるが、火災保険、傷害保険などは確認が必要です。
 団体の個人賠償責任保険には一般的に付帯なし)※


 補足としまして、
 上記特約は、日常生活における賠償事故を対象としております。

 自転車運転中だけではなく、
 マンションのベランダから干していた布団が飛んで、
 隣の家のカーポートを破損してしまった場合なども対象となります。


 ※ 保険会社各社で内容が異なります。詳細はお問い合わせください

────────────────────────────────────

 ◇ 実際に自転車事故を起こしてしまった方からのお問合せ・・・ ◇

────────────────────────────────────


 続いて、事故を起こしてしまったお客様から
 お問い合わせいただいた内容をご紹介したいと思います。


「子供が自転車運転中に、駐車中の他人の車にぶつけてしまい、傷つけてしまった。
 個人的には保険加入しておらず困っています。

 会社で個人賠償責任保険の
 団体契約をしていると聞きました。保険でお支払い対象となりますか。」

 とのことでした。


≪その結果・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 結論から言いますと、お支払い対象となりました。

 今回は個人的にはご加入がなく、
 会社で加入している保険で対象になるかがポイントとなります。


 お支払い対象となった条件は、
 会社の従業員のお子様(同居の親族)であったこと、

 そして、

 日常生活上の賠償責任であることです。

 個人賠償責任保険は

『メインの被保険者(この場合は会社の従業員)の同居の親族』も補償対象となります。


 ですので、

 多くの損害保険がある中で、
 どれか一つの保険に、この補償がついていれば、
 同居のご家族どなたが事故を起こしてしまった場合でも対象となります。


 ただし、会社の業務として自転車を使用している際の事故は、
 個人賠償責任保険では補償対象外です。

 業務中の事故は別途会社で「施設所有者(管理者)賠償責任保険 ※」等の保険に加入が必要です。
 業務使用のある方は併せてこちらもご確認ください。

------------------------------------------------------------------------
 ※施設所有者(管理者)賠償責任保険の詳細は
  過去の記事でも取り上げております。

  本文の最後にバックナンバーでご紹介しておりますので
  宜しければご覧ください。
------------------------------------------------------------------------


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 上記でご紹介した事例のように、
 会社でマイカー通勤と同様に自転車通勤を認めている場合は、

 団体契約として個人賠償責任保険に加入していることがあります。


 ただ、

 必ずしも会社が加入しているわけではありませんので、

 そのような会社では、

 自転車通勤をするには、従業員個人で
 個人賠償責任保険に加入してもらうことを条件としていることが多いですね。


 今年4月以降、
 東京都の条例が施行され、自転車保険のお問い合わせも増えています。

 現在ご加入の保険や新規加入でご不明な点がありましたら、
 何なりとお問い合わせください。

 また、

 この機会に、ご自身が加入されている保険をチェック、
 見直しを検討されてみてはいかがでしょうか。


〔コンサルティング部 ファイナンシャルプランナー 澤田 行章〕


 ◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm


------------------------------------------------------------------------
 ◎個人賠償責任保険 日本損害保険協HPより
 https://www.sonpo.or.jp/insurance/compensation/index.html
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
 ◎メルマガバックナンバー 施設所有者(管理者)賠償責任保険について

 ・賠償支払限度額1億で大丈夫?
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2019/11/1.html

 ・どちらの保険で支払うの?
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2019/06/post_735.html
------------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら

2020年06月09日

マスク着用でさらに増加する熱中症 対策されてますか?

 東京都は4日、
 都内で新たに10代から60代、それに80代の男女合わせて28人が
 新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

 このうち20代と30代が合わせて22人と、全体の8割近くを占めています。

------------------------------------------------------------------------
・東京都内で新たに28人感染確認 1人死亡 新型コロナ
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200604/k10012457841000.html
(2020/06/04 NHKニュース)
------------------------------------------------------------------------

 先日の緊急事態宣言解除を受けて、外出者が増えており、
 このところ夜の繁華街に関連した感染の確認が相次いでいるようです。

 感染の第2波・第3波を起こさないためにも、まだまだ気を緩めることのないよう
 過ごしていただければと思います。

 さて、

 先月から気温も上昇、
 日中は暑いと感じるようになりましたね。

 東京都内では、
 5月に入ってから29日までに、
 熱中症の疑いで搬送された人が100人を越えたとのことです。


 新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が求められていますが、
 人との距離や気温などに応じてマスクを外すなど、
 熱中症対策にも心がけていきましょう。


 真夏日を記録している東京都内。

 今回は、熱中症対策についてご紹介します。


≪熱中症になりやすい条件は…≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~


 緊急事態宣言が解除されて、
 感染予防を呼びかけられている中、

 子供たちは段階的に学校へ通えるようになりました。

 建設・建築・土木などの業種も
 屋外での業務を再開しつつあります。

 しかし、

 取り巻くリスクは業務中や、授業中・課外活動だけとは限りません。
 通勤通学や、在宅中でも十分考えられます。


【熱中症に注意したい場所】

 1.工事現場
 2.運動場 体育館
 3.一般の家庭の風呂場
 4.気密性の高いビルやマンションの最上階 など


【熱中症になりやすい人】

 1.脱水症状にある人
 2.高齢者肥満の人
 3.過度の衣服を着ている人
 4.普段から運動をしていない人
 5.暑さに慣れていない人
 6.病気の人、体調の悪い人


 高齢者の熱中症は日常生活の中で発生していることが多く、
 必ずしも炎天下で発生するわけではありません。

 室内でも発生することが多いのが怖いところです。

 しかも今年は、

 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、

 気温の高い日中でもマスクを着用していることが、
 熱中症を引き起こしている要因の1つでしょう。

 例年以上に、熱中症が増加することが懸念されています。

----------------------------------------------------------------------
・東京都 5月の熱中症搬送128人に マスク外す対策も 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012449851000.html
(2020/05/29 NHKニュース)
----------------------------------------------------------------------

────────────────────────────────────

◇ 熱中症に使える保険・・・ ◇

────────────────────────────────────


 では、熱中症に使える保険はどのような保険でしょうか。


【ポイント】:熱中症が病気なのか、ケガなのかどうか


  その答えは、熱中症は病気として扱われます。


 ですので、熱中症で入院などした場合、

 生命保険会社や損害保険会社で
 販売されている医療保険で保障されます。

 また、

 熱中症での死亡時にも
 生命保険会社の定期保険や終身保険などの死亡保険も保障されます。


 損害保険会社の傷害保険などは、
 災害やケガが原因でなければ原則として補償されません。

 ただ、

 特約をつけることで、
 熱中症でも補償することができます※

 ※ 詳細はお問い合わせください。
   保険会社各社で異なることがございます。


≪実際に熱中症になってしまったら・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・


 熱中症にかかってしまい、
 そのときに対象となる保険は・・・


 (1)[従業員の労災を補償する保険]・・・ 労災総合保険※

    業務中における熱中症は、
    業務との因果関係が確認できれば労災の対象となります。


 (2)[傷害を補償する保険]・・・ 傷害保険

    法人で傷害保険に加入する場合、
    熱中症を補償する特約※を付帯する必要があります。


 ※ 名称や補償内容等は保険会社によって異なります。


 特に、屋外作業がある業種の方は、
 一度補償内容をご確認されることをおすすめします。


≪新型コロナウィルス対策にも・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・


 先月のメルマガから、

「損害保険会社は
 新型コロナウイルス感染症を補償の対象とする改定を実施」※したと

 ご紹介させていただきました。

----------------------------------------------------------------------
 ※ 内容の詳細は、下記の記事にございます、
【2】新型コロナウイルスに関する損害保険商品内容改訂のご案内
 をご参照ください
----------------------------------------------------------------------


『特定感染症危険補償特約』をセットしているご契約に限り、

 一部の保険会社を除き、指定感染症である、
 新型コロナウイルス感染症を「2020年2月1日に遡及」して
 補償の対象に含めます。※ という改訂です。

 先ほど述べました、

[従業員の労災を補償する保険]や
[傷害を補償する保険]に

 既にご加入されているお客様や、もしくは未加入のお客様も、

 熱中症対策だけではなく、
 新型コロナウィルスの対策としても補償をご検討されては
 いかがでしょうか。

 ※ 補償内容の詳細は保険会社へご確認ください


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 5月の関東甲信の気温は夏日、真夏日を記録しました。


 まだ大丈夫と思っていてもご存じのとおり、
 熱中症は突然発症します。

 体調管理と共に、保険の準備があると安心ですよね。


 傷害保険は特約の付保がなければ、
 熱中症での保険金はお支払いできません。


 従業員を抱える経営者は、
 これからの猛暑への対応をしていかないと、
 今後は使用者責任を問われかねません。


 労務対策のひとつとして
 加入中の保険をチェックする必要がございます。

 ご加入の保険の確認も、弊社へご相談ください。


 また、

 新型コロナウィルスの対策としても、是非一度補償をご検討ください。

 [ コンサルティング部 宮地 誠一 ]

----------------------------------------------------------------------
・傷害保険 日本損害保険協HPより
 https://www.sonpo.or.jp/insurance/shogai/index.html
----------------------------------------------------------------------
・熱中症予防 声かけプロジェクト
 http://www.hitosuzumi.jp/work
(環境省×熱中症予防 声掛けプロジェクト)
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
----------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら

2020年06月16日

お弁当のご飯は冷まして入れるの?

 東京都は、新型コロナウイルスの対策本部会議で、
 感染拡大に警戒を呼びかける「東京アラート」を解除したうえで、

 12日午前0時に
 休業要請などの緩和の段階を「ステップ3」に進めることを決めました。

 また、

 今月19日から接待を伴う飲食店やライブハウスが
 営業を再開できるようにすることも決め、

 これにより休業要請などは、事実上全面的に解除されることになりました。
------------------------------------------------------------------------
・きょうからステップ3で休業要請緩和 19日に事実上全面解除へ
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200611/k10012467421000.html
(2020/06/12 NHKニュース)
------------------------------------------------------------------------

 通勤通学だけでなく、外出する人が増えており、
 このところ夜の繁華街に関連した感染の確認が相次いでいるようです。

 感染の第2波・第3波を起こさないためにも、まだまだ気を緩めることのないよう
 過ごしていただければと思います。

 さて6月に入り
 都内も梅雨入りしました。

 この季節で気を付けたいのが、
 食中毒ではないでしょうか。

 そこで、

 今回は、弊社担当とお客様とのやり取りで
 食中毒について話した時のエピソードをご紹介します。


────────────────────────────────────

◇ お弁当のご飯は冷まして入れるの?・・・ ◇

────────────────────────────────────


 お客様であるAさんと話していた時のこと、
 Aさんがこんな話をしてくれました。


「私は外回りをすることが多い仕事だから、
 これまで昼食用に弁当を持っていくなんてことはなかったんだ。

 ところが今はお客さんともなるべく電話やメールで要件を済ますことが多くなってね。
 会社にいることが多くなって。」


 続けて、こう言われました。


「そうしたら、妻がね。お弁当持って行ったら、って言うんだよ。

 妻はリモートワークだから、朝は時間に多少の余裕があるから、
 二人分の弁当を作れば、私が外食するよりお金がかからないんじゃないか、って。」


 そして、


「ありがたい話だよ。それで弁当を作ってもらうことになったんだけどさ、
 私は知らなかったんだよ。というか気にしてなかったと言ったほうがいいのかな。

 弁当に入れるごはんって冷まさないとダメなんだってね。
 食中毒になっちゃうらしい。」


≪食中毒の危険性が・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 Aさんの言う「食中毒になる」
 というのは、

 もう少し正確に言えば、ごはんが温かいまま、
 さらにふたを閉めて密閉してしまうと、食中毒の原因となる細菌などが

 増殖する可能性が高くなり、
 食中毒の危険性が増す、ということのようです。


 Aさんの話は続き、


「確かにこれからの季節は食中毒に気をつけないといけないよね。
 じめじめとした季節になるもんなあ。気温も湿度も高くなれば、食べ物は傷みやすくなるよね。」


「何年か前に友達が食中毒になっちゃってね。カンピロバクターって言ってたかな。
 鶏肉をよく焼かないで食べたらなっちゃったんだって。

 もう脂汗を流しながらお医者さんのところに行ったら、
 幸い軽症で済んだらしいけど、まあ辛かったみたいだよ。」


────────────────────────────────────

◇ 食中毒でも対応できる保険って?・・・ ◇

────────────────────────────────────

 ここまで話したAさん、
 こんな質問をしてきました。

「こういう時って何か(対象になる)保険はあるの?

 いや、入院はしていないって。1回、医者には行ったけど、

 そのあとは家で安静にしていてくださいって(医師から)言われたらしいよ。」

 そして、

「だから入院(医療保険など)の保険は対象にならなかったってさ。」


≪実は傷害保険で・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~


 実はケガの保険である傷害保険に可能性がある、
 という話をしたところ、


「傷害保険? 傷害保険ってケガをした時の保険じゃないの?
 えっ?なになに。

『有毒ガスなどをたまたま吸ってしまって中毒症状になった場合、
 傷害保険の対象になる、有毒物質をたまたま摂取した場合も・・・』?

 なんだか難しいことばが出てくるね。

 確かに、カンピロバクターのついた生焼けの鶏肉というのは、
 まあ『有毒物質』と言えば、そう言えるね。

 それにそんなことわかっていれば食べたりしないだろうから、
 たまたま『摂取』した、ということになるわけか。」


≪普通の傷害保険では食中毒は?・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・


 うなづいているAさんに、
 傷害保険が全て対応できるとは限らないんですよ、と話したところ、


「えっ? 普通の傷害保険は『細菌性食中毒』の場合は補償しない?
 何?『細菌性食中毒』って? 細菌が原因の食中毒のこと?

 そうすると、カンピロバクターって細菌の名前みたいだけどどうなの?
 えっ?やっぱり細菌なのか。それじゃ(傷害保険でも)だめじゃない。」


 落ち込むAさんでしたが、そこで
 保険会社によっては、『細菌性食中毒』を補償する特約※があるんですよと
 回答しますと、


「そうか、食中毒を補償する特約があるんだ。
 はあ、保険というのは複雑だね。さっきの友達は傷害保険に入っていて、
 なおかつその特約をつけていれば対象になったかもしれないのか・・・」


 さらに、

「いやいや、聞けば聞くほど、保険の話というのは難しいや。
 そうすると、さっきの弁当の話に戻るけど、
 少しでも食中毒の危険を減らそうとしてくれている妻には感謝をしないといけないね。」

 笑顔のAさんでした。


 ※詳細は保険会社へお問い合わせください


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 お弁当のご飯の話をきっかけに

 傷害保険で食中毒が保険対象となることを知ったAさんのお話でした。


『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、
 リスクに備えるということは、
 リスク診断しそれに合せた保険商品・内容と補償(保障)額で準備します。


 リスクに対する備えを検討するのであれば、
 経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?


 保険は知らないと
 損をすることがたくさん!!


 でも知っておくと得をすることもたくさんあります。


 [ トータルリスクコンサルティング部 小鳥 秀明 ]


 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm

------------------------------------------------------------------------
・傷害保険 損害保険協会
 https://www.sonpo.or.jp/insurance/shogai/index.html
------------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら

2020年06月23日

これからの災害に備えて 火災保険と地震保険の確認を!

 安倍総理大臣は、
 政府の新型コロナウイルス対策本部で、

 緊急事態宣言の解除から3週間余りが経過し、
 新たな感染は一部の自治体にとどまっているとして、

 6月19日から、都道府県をまたぐ移動の自粛を
 全国で緩和するなどの方針を明らかにしました。

------------------------------------------------------------------------
・都道府県またぐ移動の自粛 あすから全国で緩和 安倍首相
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200618/k10012475201000.html
(2020/06/18 NHKニュース)
------------------------------------------------------------------------

 また、コンサートや展示会などのイベントの開催については、
 一定の人数や収容率のもとで開催できるようにすることや、

 接待を伴う飲食業などの業種は感染防止のガイドラインを守ることを前提に
 休業要請を撤廃する方針を示しました。


 旅行や観光なども可能となり、
 イベントの開催も行われようになります。

 ですが、

 感染の第2波が危惧されることは、依然変わりませんので
 これまでと同じように予防・対策をお願いします。

 さて6月に入り
 各地で梅雨入りが本格化しています。


 年始から現在にかけては、
 新型コロナの影響が大きく傷跡を残しておりますが、

 この時期から夏にかけて、昨年、一昨年と豪雨被害、台風被害の時期となります。


 まだ、昨年の被害から立ち直っていない地域もある中で、
 更に今年も被害が出る可能性があります。

 今から頑丈な家を建てることや安全な場所へ引っ越すことは
 時間、費用面でも難しい面があります。

 出来ることといえば、災害に対する備えと保険の確認ではないでしょうか。


────────────────────────────────────

◇ 台風災害と豪雨や河川氾濫による災害の備え(火災保険)◇

────────────────────────────────────


 火災保険には補償項目で「風災」と「水災」があります。


 台風の風による災害は「風災」という項目で補償できます。
 また、豪雨や河川の氾濫による災害は「水災」という項目で補償する事ができます。

 この二つの項目は注意点があります。


【注意点】

 〇風災(台風、竜巻等)

  ・免責金額(自己負担額)の確認。

  ・昔の火災保険は「20万円以上の損害となった場合※」のような条件が一般的です。
   ※フランチャイズ方式と言います 下記メルマガバックナンバー参照


 〇水災(洪水、浸水、土砂崩れ等)

  ・浸水条件(床上浸水や地盤面から45センチメートル等)があるか確認。

  ・支払条件が縮小払いか実損払いか確認しましょう。

  ・マンションでも地下部分や、上階でも水が浸入する可能性もあるので、
   上階に住んでいるから必要ないとは限りません。

  ・「土砂崩れ」も水災の一つ
   河川だけでなく近くに崖などがないか、家の立地を再確認しましょう。


 特に海・川・山の近くにお住まいの方は、
 高潮・洪水・土砂崩れ等の損害をカバーする
 火災保険で水災補償の加入を強くおすすめいたします。


 さらに水災補償については、
 浸水割合や損害の程度によって補償される条件が大きく変わります。

 火災保険を一度ご確認していただきたいと思います。

------------------------------------------------------------------------
【メルマガバックナンバー】

・九州北部で記録的大雨・・・
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2017/07/post_651.html

・“フランチャイズ”って??
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2014/01/post_512.html
------------------------------------------------------------------------
────────────────────────────────────

◇ 地震災害への備え(地震保険)◇

────────────────────────────────────


 地震に対する備えは地震保険で補償されます。

 火災保険だけご加入されている場合、お支払ができません。
 別途、地震保険へのご加入が必要となります。


【注意点】

 〇地震災害(津波、噴火含む)

  ・入っていなければ、現在加入している火災保険に中途付帯できます。

  ・地震によって起きた「火災」による被害も「地震保険」で対応。

  ・建物と家財の両方に火災保険をかけている場合、
  「建物のみ」「家財のみ」というかけ方もできます。


 年々、大小問わず
 地震発生の頻度が増えています。

 今年のGW以降は、問い合わせも増えておりますのでご検討下さいませ。

------------------------------------------------------------------------
【メルマガバックナンバー】

・地震損害 今まで起きたことが無いから…で大丈夫?
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2019/05/post_730.html
------------------------------------------------------------------------
────────────────────────────────────

◇ 保険金を受け取れたとしても・・・ ◇

────────────────────────────────────


 たとえば、罹災したとして、
 保険金が受け取れたとしても、直ぐには復旧出来ません。
 その後は復旧までの仮住まいなど、様々な費用が発生します。

 そこで、

 火災保険には臨時費用※という項目があり、

 保険会社によって異なりますが、
 認定された損害額の最大30%を臨時にかかる費用として補償してくれます。


 しかし、

 保険金額を100万円や200万円と低めに設定されていると、
 臨時費用を含めても、最高で260万円しか貰えない事になります。

 数ヶ月の仮住まいなどかかるお金を考えると、
 とても心もとなくなってしまいます。


 万が一の時に役にたつように保険が設定出来ているか、
 この機会に、ご加入の保険内容のご確認をされてみてはいかがでしょうか?

 ※ 保険会社によって名称・補償内容は異なります


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


 私達は、保険に関しては
 皆様の一助になれる存在であり続けられる様、


 これからも日々、
 真剣に仕事に取組んでまいります。


  ・新たに保険を検討したい・・・

  ・加入済みの保険の内容を確認したい・・・

  ・見直しも考えてみたい・・・

  ・こんな場合に役に立つ保険はあるのか・・・


 など疑問・質問等ございましたら、是非お声掛けください。


(トータルリスクコンサルティング部 森谷 知博)


 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm

----------------------------------------------------------------------
・自然災害(風災・水災・雪災等)を補償する損害保険
 http://www.sonpo.or.jp/insurance/commentary/shizen/
(日本損害保険協会)
----------------------------------------------------------------------
・火災保険 火災保険で保険金支払いの対象となる主な損害や費用
 http://www.sonpo.or.jp/wakaru/seminar/kaisetsu/003.html
(日本損害保険協会)
----------------------------------------------------------------------
・地震保険 地震保険って、どんな時に役立つの?
 https://www.sonpo.or.jp/insurance/jishin/index.html
(日本損害保険協会)
----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら

2020年06月30日

分譲マンションの窓ガラスが割れた・・・

 分譲マンションに住むAさん、
 今年、輪番制でマンション管理組合の理事になったとのこと。

そのAさんがこんな話をしてくれました。


「この間の理事会で『議案』と言うのかな。

 私も理事になったばかりだから、
 よくわからなくてね・・・

 それで、こんな『議案』が持ち上がったんだよ。」


「台風の時に何かものが飛んできたらしく、
 何〇何号室だったか、バルコニーの窓ガラスが割れちゃったんだって。

 それで管理会社に連絡がいったのかね。

 理事会には管理会社の人もサポートで出席してくれていてね。
 その管理会社の人が、こう言うわけ。」


『この間の台風で何〇何号室のバルコニー側の窓ガラスが割れた件のご報告です。

 現在、管理組合加入の保険に修理費の保険申請をしているんですが、
 管理組合加入の保険には免責5万円がありますので、
 5万円については組合管理費から支出します。
 理事のみなさんのご承認をお願いします。』


「もう何を言っているのかよくわからなくてさ。

 うちの隣の号室のBさんは去年から理事をやっていて、
 いろいろなことに詳しい人なんでね。

 いちいち聞いてみたんだよ。」


A「管理組合が加入している保険って何ですか?」


B「共用部分に掛けている火災保険です。

  共用部分は区分所有者みんなのものなので、
  管理組合が保険に加入しているんですよ。

  保険の掛け金(保険料)は(区分所有者の)みなさんが毎月払っている
  管理費の中から出ています。

  バルコニーやバルコニーに面した窓ガラスは共用部分ですからね。

  共用部分に出た被害なので、
  管理組合の保険を使いましょう、という話です。」


A「あのー、火災保険って台風の被害でも使えるんですか?」


B「あー、私も保険のことはそんなに詳しくないですが、
  火災保険というのは、対象は火事のときだけというわけじゃないみたいですよ。

  うちの管理組合が加入している火災保険は台風の被害も対象になるそうです。
  ただ、免責が5万円あるらしいですけど。」


A「免責ってなんですか?」


B「自己負担額って説明されましたかね。

  例えば今回、割れた窓ガラスの交換に8万円かかったとするじゃないですか。
  そうすると保険がおりるのは3万円で5万円は自己負担するということですね。

  管理組合の自己負担だから、
  やっぱり管理費の中から修繕費ということで支出することになると思います。

  窓ガラスの修理・交換であれば、
  大規模修繕に該当するような補修ではないから、
  管理組合の総会に議案としてかけるほどではないでが、理事会の承認は必要。

  だから、理事のみなさんに報告があったということですね。」


Bさんとのやりとりを紹介してくれたAさんの話は続きます。


「いやあ、博学というのはBさんみたいな人のことを言うんだろうね。
 こういう人といっしょにマンション管理組合の理事ができると安心だよ。
 正直、私はよくわからないから。」


「あ、そうしたらね、同じく理事でCさんという人がいるんだけど、
 この人もよくものを知っている人なんだろうな。
 管理組合の人にこんな風に言ってたよ。」


C「私も聞きかじりだから詳しく知っているわけではないんですが・・・

  何〇何号室の人が個人で入っている
  火災保険が使える可能性があるんじゃないでしょうかね。

  バルコニーだとかって、
  いわゆる『専有使用権付共用部分』じゃないですか。

  最近の火災保険は分譲マンションということで加入すると、
  『専有使用権付共用部分』も合わせて補償される場合もある(※)らしいですよ

  管理組合の火災保険は免責5万円なんでしょうが、
  何〇何号室の方の火災保険が免責なしなら、
  組合からの5万円の支出もなくなるし、その方がいいですよね。

  その方の火災保険がどうなっているか聞いてから、
  管理組合の火災保険を使うかどうか決めてもいいんじゃないでしょうか。」

(※)保険会社、保険商品によります。
   該当する特約を付けることで対象になる場合もあります。
また、管理規約等の決め事ににより異なりますので必ずご確認ください。


後日、Aさんの話を聞くと・・・


「何〇何号室の方が入っている火災保険で対応できたみたい。
 免責もなかったってさ。

 その方も自分の火災保険が使えるとは思わなかったようだよ。

 と言うか台風被害だったので火災保険が使えると言うこと自体が
 思い浮かばなかったらしいよ。

 私でもそうかもしれないよ。
 でも、Cさんのおかげかな。組合としても5万円を出さずに済んだんだからね。

 5万円とはいえ、元はみなさんの管理費なんだから。
 大事にしなければいけないよね。」

 マンション管理組合の理事なんて務まるかなあ、と言っていたAさん、
 立派に務められていると思ってAさんと別れました。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、
 リスクに備えるということは、
 リスク診断しそれに合せた保険商品・内容と補償(保障)額で準備します。

 リスクに対する備えを検討するのであれば、
 経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?

 保険は知らないと
 損をすることがたくさん!!

 でも知っておくと得をすることもたくさんあります。

 [ トータルリスクコンサルティング部 小鳥 秀明 ]


 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm

----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク