中小企業のお客様へ

« これからの災害に備えて 火災保険と地震保険の確認を! | ニューストップ

分譲マンションの窓ガラスが割れた・・・

 分譲マンションに住むAさん、
 今年、輪番制でマンション管理組合の理事になったとのこと。

そのAさんがこんな話をしてくれました。


「この間の理事会で『議案』と言うのかな。

 私も理事になったばかりだから、
 よくわからなくてね・・・

 それで、こんな『議案』が持ち上がったんだよ。」


「台風の時に何かものが飛んできたらしく、
 何〇何号室だったか、バルコニーの窓ガラスが割れちゃったんだって。

 それで管理会社に連絡がいったのかね。

 理事会には管理会社の人もサポートで出席してくれていてね。
 その管理会社の人が、こう言うわけ。」


『この間の台風で何〇何号室のバルコニー側の窓ガラスが割れた件のご報告です。

 現在、管理組合加入の保険に修理費の保険申請をしているんですが、
 管理組合加入の保険には免責5万円がありますので、
 5万円については組合管理費から支出します。
 理事のみなさんのご承認をお願いします。』


「もう何を言っているのかよくわからなくてさ。

 うちの隣の号室のBさんは去年から理事をやっていて、
 いろいろなことに詳しい人なんでね。

 いちいち聞いてみたんだよ。」


A「管理組合が加入している保険って何ですか?」


B「共用部分に掛けている火災保険です。

  共用部分は区分所有者みんなのものなので、
  管理組合が保険に加入しているんですよ。

  保険の掛け金(保険料)は(区分所有者の)みなさんが毎月払っている
  管理費の中から出ています。

  バルコニーやバルコニーに面した窓ガラスは共用部分ですからね。

  共用部分に出た被害なので、
  管理組合の保険を使いましょう、という話です。」


A「あのー、火災保険って台風の被害でも使えるんですか?」


B「あー、私も保険のことはそんなに詳しくないですが、
  火災保険というのは、対象は火事のときだけというわけじゃないみたいですよ。

  うちの管理組合が加入している火災保険は台風の被害も対象になるそうです。
  ただ、免責が5万円あるらしいですけど。」


A「免責ってなんですか?」


B「自己負担額って説明されましたかね。

  例えば今回、割れた窓ガラスの交換に8万円かかったとするじゃないですか。
  そうすると保険がおりるのは3万円で5万円は自己負担するということですね。

  管理組合の自己負担だから、
  やっぱり管理費の中から修繕費ということで支出することになると思います。

  窓ガラスの修理・交換であれば、
  大規模修繕に該当するような補修ではないから、
  管理組合の総会に議案としてかけるほどではないでが、理事会の承認は必要。

  だから、理事のみなさんに報告があったということですね。」


Bさんとのやりとりを紹介してくれたAさんの話は続きます。


「いやあ、博学というのはBさんみたいな人のことを言うんだろうね。
 こういう人といっしょにマンション管理組合の理事ができると安心だよ。
 正直、私はよくわからないから。」


「あ、そうしたらね、同じく理事でCさんという人がいるんだけど、
 この人もよくものを知っている人なんだろうな。
 管理組合の人にこんな風に言ってたよ。」


C「私も聞きかじりだから詳しく知っているわけではないんですが・・・

  何〇何号室の人が個人で入っている
  火災保険が使える可能性があるんじゃないでしょうかね。

  バルコニーだとかって、
  いわゆる『専有使用権付共用部分』じゃないですか。

  最近の火災保険は分譲マンションということで加入すると、
  『専有使用権付共用部分』も合わせて補償される場合もある(※)らしいですよ

  管理組合の火災保険は免責5万円なんでしょうが、
  何〇何号室の方の火災保険が免責なしなら、
  組合からの5万円の支出もなくなるし、その方がいいですよね。

  その方の火災保険がどうなっているか聞いてから、
  管理組合の火災保険を使うかどうか決めてもいいんじゃないでしょうか。」

(※)保険会社、保険商品によります。
   該当する特約を付けることで対象になる場合もあります。
また、管理規約等の決め事ににより異なりますので必ずご確認ください。


後日、Aさんの話を聞くと・・・


「何〇何号室の方が入っている火災保険で対応できたみたい。
 免責もなかったってさ。

 その方も自分の火災保険が使えるとは思わなかったようだよ。

 と言うか台風被害だったので火災保険が使えると言うこと自体が
 思い浮かばなかったらしいよ。

 私でもそうかもしれないよ。
 でも、Cさんのおかげかな。組合としても5万円を出さずに済んだんだからね。

 5万円とはいえ、元はみなさんの管理費なんだから。
 大事にしなければいけないよね。」

 マンション管理組合の理事なんて務まるかなあ、と言っていたAさん、
 立派に務められていると思ってAさんと別れました。


≪最後に・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、
 リスクに備えるということは、
 リスク診断しそれに合せた保険商品・内容と補償(保障)額で準備します。

 リスクに対する備えを検討するのであれば、
 経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?

 保険は知らないと
 損をすることがたくさん!!

 でも知っておくと得をすることもたくさんあります。

 [ トータルリスクコンサルティング部 小鳥 秀明 ]


 ●お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm

----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。
------------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク