中小企業のお客様へ

« 今からでも間に合う??個人の税金対策とは・・・ | ニューストップ | 管理財物と対物賠償保険 »

自分の保険は使いたくない

普段は笑顔の絶えないAさん。

浮かない顔をしているので、どうしたのかと聞いてみると・・・


「 事故に遭っちゃったんだよ、車の。 」


どんな事故か聞いてみると・・・


「 コンビニなのかなあ、
  そこの駐車場からバックで出てこようとしている車がいたから、
  結構前で止まって待ってたんだよ。

  そうしたら、相手は目測を誤っちゃったのかね。

  スピードはさほど出てなかったけど、
  私の車の前のところにぶつけちゃったんだよ。

  こっちはそれなりに距離をとって待ってたつもりだから、
  びっくりしちゃってさ。

  相手もすぐに謝ってくれたんだけどね・・・ 」


警察も呼んで、
相手が入っている自動車保険の保険会社からの連絡を待っているというAさん。


ところがどうも話が進まないようで・・・


「 相手は『保険に入ってますから』って言ったんだよ。
  だけど全然連絡が来ないんだよね。

  どうなっているんですか、
  と聞くと、何だか要領を得ないんだよ。

  『おかしいな、もう1回連絡するように言っておきます』とか、
  『昨日は忙しくて連絡できなかったから今日もう1回いっておきます』とか
  言うんだけどね。

  本当は保険に入っていないんじゃないかなと思っちゃうよね。

  ただ、電話には出るんだよ。だから余計にわからなくてね・・・ 」


相手の人が本当に保険に入っているのか、
入っていなくてごまかし続けているのか、
本当のところはよく分からないというAさん。

 こちらは止まっていたところをぶつけられたのだから、
 修理代をきちんと弁償して欲しい。

そう望んでいるAさんですが、どうにも話が進まずに困っているとのこと。


Aさんは、車は去年買い替えたばかり。

その時に、自動車保険をお預かりしたのですが、
自分の車が事故で損害を受けた時のための補償である
「車両保険」に加入してもらっています・・・


その話をすると・・・


「 入っているけど、自分の保険は使いたくないな。
  だって私は悪くない事故でしょ。

  『10:0(ジュウゼロ)』って言うんだっけ? 

  それなのに自分の保険を使うなんて納得がいかないよ。
  それに自分の保険を使ったら、来年、掛け金が上がるんでしょ?
  なおのこと、自分の保険は使いたくないよ。 」


確かに自動車保険を使うことによって、
『無事故割引』とも言われる『等級(割引率)』というものが下がってしまい、
結果、次回更新時の保険料が高くなる可能性は高いでしょう。


しかし・・・
同時にある特約を付けていただいています。


「 え? 

  自分の保険を使っても、
  その『等級』というのが下がらないかもしれないの?」


「 今回の件は私に落ち度はないよね? 

  十分な距離を取って、
  相手がバックで出てくるのを止まって待ってたんだから。

  私だけがそう思っているんじゃなくて、客観的に見てそうなるよね?」


Aさんの自動車保険には、
「車両保険無過失事故特約(※)」が付けています。


Aさんに過失が無い「もらい事故」の場合などに、
等級を下げずに車両保険を利用できる特約です。


「 相手の名前も相手の車のナンバーもわかるし、
  逃げられちゃってもいないよ。 」


Aさんが言うように、

 Aさんに過失が無いこと、
 相手の確認ができることなどの条件がありますが、

今回は該当しそうです。


「 今回の件で自分の保険を使うのはいやだと思っていたけど、
  等級が下がるわけじゃないなら、まあいいかな。

  それでさっさと修理できた方がいいもんな。
  しかし、こんな特約があるんだね。知らなかったよ。」


「車両保険無過失事故特約」を使ったAさん。


次にお会いした時はいつもの笑顔の絶えないAさんでした。


「 車はきれいに直ったよ。
  相手? やっぱり自動車保険に入っていなかったみたいだね。

  でも、私が入っている保険会社の人が、
  『求償(本来、相手が弁償すべき金額を請求すること)します』
  と言ってたけど、まあ私は、もう事故のことは気にかけなくていいからね。

  それが何よりだよ。」


(※)保険会社、保険商品によって名称等が異なる場合があります。


≪最後に≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


『保険』と名のつくもの全てに言えることですが、

リスクに備えるということは、
リスク診断しそれに合せた保険商品と補償(保障)額で準備することと言えます。


リスクに対する備えを検討するのであれば、
経験と情報量が豊富な保険代理店に相談してみてはいかがでしょうか?


保険は知らないと
損をすることがたくさん!!


でも知っておくと得をすることもたくさんあります。


(トータルリスクコンサルティング部 小鳥 秀明)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html

----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。 
----------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク