中小企業のお客様へ

« 胸部内に何かがある・・・ | ニューストップ | お子さんやお孫さんへ医療保険とお小遣いのプレゼント »

自分も働きお金にも働いてもらう

昨年、問題となった
『老後資金2000万円問題』でこれまで以上に公的年金への不安が高まり、
若い世代でも自分の年金づくりを気にされている方も多くなってきましたね。


この2000万円問題は、


 “ 老後30年の月々の生活費が5.5万円程度不足する ”


という計算を根拠にされています。


ですので、


解決策の一つには、
生活費の不足分を65歳以降も働いて補てんする、という方法がありますね。


しかし、


65歳以降に30年近く仕事を続けるというのも難しいですよね。


2000万円までではなくても
ある程度は自助努力で準備もしなければいけないと思います。


 ・老後の資金をいつから準備したらいいのか・・・

 ・住宅購入の頭金の準備・・・

 ・子供の教育資金・・・


等などあり、
なかなか老後までは気が回らないという方も多いのではないでしょうか。


将来の年金不足分のための積立は
少額でもいいので気づいたその時から始めることが必要です。


 例えば・・・

   Aさん  30歳から30年間、毎月1万円を金利3%で貯蓄

   Bさん  50歳から10年間、毎月3万円を金利3%で貯蓄

   Cさん  50歳から10年間、毎月3万円を貯金箱で貯める

三人とも貯蓄した総合計額は360万円ですね。


では受取額はどうなるでしょう??


   Aさん 582万円

   Bさん 419万円

   Cさん 360万円 と大きな差が出てきます。


これが時間をうまく利用してお金にも働いてもらうということです。


できるだけ長く貯蓄をしていくことで
前年までの利息にも利息がつくという複利での運用になります。


「例にあるような金利は無理」
とあきらめている方もいらっしゃるかもしれません。


保険会社の貯蓄性商品の中には、


 ・運用のプロに分散投資を任せることでリスクを軽減している投資型の商品

 ・為替リスクはありますが、
  外貨を積み立てることで確定金利で積立できる商品


があります。


貯金を始めようと思ったみなさん、まずはご相談ください。


(トータルライフコンサルティング部 松本 光弘)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html

----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。 
----------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク