中小企業のお客様へ

« 自分も働きお金にも働いてもらう | ニューストップ

お子さんやお孫さんへ医療保険とお小遣いのプレゼント

次の世代へ財産を残す方法として、
「生前贈与」を検討されることがあると思います。

その方法はいくつもありますが、
代表的なものとして、現金や預金が挙げられますが、

現金や預金はすぐ使えてしまうので、
贈られた方の資産状況によっては、
贈与を受けてた資金を手を付けてしまう可能性もあります。

そこで、

生命保険を使った生前贈与を選択されることがあります。


なかでも、貯蓄性のある終身保険や養老保険を使うことで、
将来への資金形成や死亡保障を兼ねることができ、子や孫へ残すことが可能です。


これは保険を活用することで・・・


 ・すぐに使えないため無駄遣いしない

 ・万一の際には払った保険料以上の保険金がある

 ・年間110万円以内であれば非課税


というメリットがあります。
 

しかし、


今回は現金ではなく、
医療保険をプレゼントという少し変わった贈与の提案です。

---------------------------------------------------------------------


 契 約 者:親

 被保険者:10歳の息子


ある保険会社の医療保険(終身保障)の入院日額1万円の医療保険。

手術給付金は日帰り5万円・入院20万円で先進医療特約付。
これに『健康祝い金』という特則をつけます。

この『健康祝い金』は、5年の間に10日以上の入院給付金の支払いがなければ、
10万円の祝い金が受け取れるというものです。

---------------------------------------------------------------------


この商品を10年の短期払いをすると、

   1年間保険料  171,975円 

  10年間の総額 1,719,750円

となります。


この保険、

5年ごとに10万円のお祝い金が90歳まで受け取れますので
そのお祝い金の総額1,600,000円となります。


『お祝い金がもらえなかったら』とお考えの方もいるかもしれません。


ここで注目してほしいのが、
お祝い金の条件「10日以上の入院給付金の支払いの有無」です。


もし、


5年の間に10日以上の入院をしてしまうと
お祝い金は受け取れませんが、10万円の入院給付金は受け取れるので
受取総額には変わりがないですね。


そして、


短期での入院手術は条件ではありませんので、
5年ごとにお祝い金を受け取りながら10日以内の入院手術で給付金を受け取る
ということも可能です。


お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、ご両親から
このような医療保険をプレゼントされていたら
5年ごとにお小遣いをもらってるという気持ちにもなれますね。


ご興味がある方はぜひご相談ください。


(トータルライフコンサルティング部 松本光弘)


◎お問い合わせ、保険のお見積もりはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.html

----------------------------------------------------------------------
※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」
をよくご確認下さい。 
----------------------------------------------------------------------

>>> お問い合わせはこちら
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
手軽に健康状態をチェック e-ヘルスバンク