ニュース

« 桜島噴火、今後の火山活動に警戒 | ニューストップ | 物価の変動に強い保険?? »

いまさら聞けない・・・確定申告(所得控除)

今年もいよいよ
確定申告のシーズンがやってきましたね!

 ・日頃の仕事が忙しくて、全く手をつけていない…

 ・初めての確定申告で何をどうしたらいいのかわからない…

等々

焦っている方もいるかもしれませんね。


≪確定申告には・・・≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


1月1日~12月31日の1年間の間に所得のあった方は、
所得税(と復興特別所得税)の額を計算し、
確定申告書を提出、申告・納付をする必要があります。


いわゆる確定申告の「申告納税」で、
翌年の2月16日~3月15日に行います。


また、

確定申告には、
所得間の損益通算や所得控除、税額控除等から所得税の再計算をして
納めすぎた税金を還付してもらう「還付申告」があります。


◎初めて確定申告される方 ~国税庁ホームページ~
 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/hajimete.htm


≪確定申告で還付??≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


確定申告で納め過ぎた税金を還付してもらう・・・


言いかえれば、

 “ 同じ所得の方でも、
   それぞれの家庭環境等に違いがあるので、
   各々の事情によって所得税が異なり
   納め過ぎの方は割引します ”

という制度を利用すると言うことです。

例えば、


(1)妻の合計所得金額が38万円以下

     ⇒配偶者控除


(2)両親等のお年寄りと暮らし面倒を見ている

     ⇒扶養控除

(3)入院、出産、病気の治療で医療費が高額

     ⇒医療費控除

(4)ふるさと納税をした

     ⇒寄付金控除

(5)生命保険、個人年金保険、地震保険に加入している

     ⇒生命保険料控除


これらの控除を確定申告することで、
事前に納めた所得税はもらいすぎなんで還付しますと
還付金として戻ってくるのです。


サラリーマンであれば、年末調整で控除されていますが、


 ・医療費控除

 ・生命保険料控除

 ・寄付金控除

 ・住宅ローン控除(1年目)


等のおなじみの控除もありますね。


年末調整時に申告を忘れたものは、
自分で確定申告することができますよね。


≪個人年金も税金が戻る??≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


生命保険料控除という名前ですが、
生命保険だけでなく、個人年金保険料も対象になります。


生命保険、介護・医療保険と個人年金保険は、それぞれ最高で4万円。


あわせて最高12万円が所得控除の対象となります。
(平成28年2月時点の税制において)


◎数少ない所得控除のひとつです!~バックナンバー~
 http://www.hoken-joho.co.jp/houjin/2015/10/post_586.html


税率を掛ける前の所得から生命保険料控除を受けると
最大12万円が低くなるわけですから、


所得の高い方ほど効果は大きくなりますよね。


<例えば・・・>-----------------------------------------------------


所得税で12万円の生命保険料控除を受けた場合・・・


・税率 5%の人の場合は・・・ 6,000円

・税率10%の人の場合は・・・12,000円

・税率20%の人の場合は・・・24,000円


が軽減されることになります。


※住民税の税率は所得に関係なく一律10%ですから、
 例えば7万円の生命保険料控除を受けた場合、7,000円が軽減されます。


≪活用していますか・・・?≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・


みなさんは、
貯蓄性のある一般生命保険、個人年金保険の控除枠を活用していますか。


自動的に口座から引き落とされ中長期的に貯蓄できる、
さらに保障もあるというのはかなりなメリットだと思います。


確かに
昔の商品よりも利率が低くなっており他の運用商品と比べると
魅力が少ないのかもしれませんが、

控除枠ギリギリで加入し所得控除できれば、
控除できた税金分も運用益と考えられますよね。


個人の方が利用できる所得控除など数は多くありせん。


医療費控除、ふるさと納税、生命保険料控除、
活用できる制度はうまく活用していきたいものですね!


                      (CFP 中山 浩明) 


※このメールマガジンは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって
 異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、
 必ず「重要事項説明書」をよくご確認下さい。

>>> お問い合わせはこちら
カテゴリー
中小企業のお客様向けサービス
人・物・賠償補償に関する悩み コンサルティング
会社の保険.jp 保険情報ステーション
個人のお客様向けサービス
保険の相談.jp 保険情報ステーション
自動車保険
今すぐ入れる海外旅行保険
各保険会社の資料請求コーナー 医療・がん保険資料請求サービス