保険Q&A

« Q.社長の必要保障額はどうやって計算するの? | ニューストップ | Q.本社新設に伴い工場併設の本社事務所を移転させることになりました。労災保険料が軽減できる場合があると聞いたのですが? »

Q.会社でかけている生命保険を個人に名義変更する方法と税金は?

A.ケースによってさまざまです。

生命保険契約を移す理由は大きく2つあります。
①保障として残したい(福利目的)…病気やケガで今後の保険加入が難しい身体上の理由
②退職金として…生存退職金の一部(解約返戻金)として役員・従業員へ交付

「契約形態」
  契約者…会社から個人
  被保険者…役員・従業員
  受取人…会社から個人

【会社と個人の税金は】
 会社は資産に計上されていたか否か、有償か無償の譲渡かで経理処理行います。

「資産計上されていない場合」
 <有償で譲渡する場合>
 ・個人...解約返戻金相当額を会社に支払います。個人の課税は発生しません。
 ・会社...受取った金額を雑収入として益金に計上します。
 
 <無償で譲渡する場合> 
 ・個人...退職金の一部として個人が引き継ぐ場合は、解約返戻金相当額が退職所得として所得税・住民税が課税。上記以外場合は賞与となり給与所得。
 ・会社..個人に対して退職金の一部として解約返戻金相当額を支払う。または賞与で支払う。 

「資産計上されている場合」
 <有償で譲渡する場合>
 ・個人...解約返戻金相当額を会社に支払います。個人の課税は発生しません。
 ・会社...今まで資産計上している前払保険料等を取崩し、差額を雑収入として益金に計上します。(解約返戻金相当額の方が少ない場合は、雑損失とします)
 
 <無償で譲渡する場合> 
 ・個人...退職金の一部として個人が引き継ぐ場合は、解約返戻金相当額が退職所得として所得税・住民税が課税。上記以外場合は賞与となり給与所得。
 ・会社...今まで資産計上している前払保険料等を取崩し、個人に対して退職金の一部として解約返戻金相当額を支払う。


【保険種類を変更...コンバージョン】
   コンバージョンとは・・・条件を満たせば、現在の契約内容を医的査定なしで他の保険に切り換える制度

例えばこんなケース
 ・退職金の一部として...。しかし保険期間があと5年で切れてしまう?
  (保険期間を終身に~定期保険から終身保険に切り換える)
 ・今まで業績が思わしくなかったので、1年更新型に加入。業績が上向いてきたので退職金準備を検討。
  しかし体況上、新規の保険加入が難しい?
  (保険期間を100歳ぐらいの長期定期保険に加入。退職金準備が可能に)

<主な条件>
 ・コンバージョンの前後2年間は現状契約の有効期間があること。
 ・現状契約が失効していないこと。
 ・現状契約が失効していないこと。 
  など
  他にも保険会社ごとにコンバージョンの可否や可能な保険種類など条件が違っています。
  保険会社や代理店にご相談してください。

>>> お問い合わせはこちら